Top > Search of International Patents > ELECTRICITY-GENERATING LAYER OF SOLAR CELL, METHOD FOR PRODUCING SAME, AND SOLAR CELL

ELECTRICITY-GENERATING LAYER OF SOLAR CELL, METHOD FOR PRODUCING SAME, AND SOLAR CELL

Foreign code F140007911
File No. 3882
Posted date Aug 13, 2014
Country WIPO
International application number 2013JP072800
International publication number WO 2014034631
Date of international filing Aug 27, 2013
Date of international publication Mar 6, 2014
Priority data
  • P2012-189339 (Aug 30, 2012) JP
Title ELECTRICITY-GENERATING LAYER OF SOLAR CELL, METHOD FOR PRODUCING SAME, AND SOLAR CELL
Abstract This electricity-generating layer (104) is of a solar cell (101) configured from a carbon nanotube group (111G), uses that which is vertically oriented as the carbon nanotubes (111) configuring the carbon nanotube group (111G), causes fullerenes (112) to be encapsulated in each of the carbon nanotubes (111), causes an n-type dopant (113) to be encapsulated at one end side of the fullerenes (112) and causes a p-type dopant (114) to be encapsulated at the other end side of the fullerenes (112).
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
カーボンナノチューブ群により構成される太陽電池の発電層であって、
上記カーボンナノチューブ群を構成するカーボンナノチューブとして垂直配向性のものを用い、且つこれらカーボンナノチューブの一端側にn型ドーパントを内包させるとともに他端側にp型ドーパントを内包させたことを特徴とする。
[請求項2]
請求項1に記載の太陽電池の発電層において、
n型ドーパントとしてカーボンナノチューブより電気陰性度が小さい元素を用いるとともに、p型ドーパントとしてカーボンナノチューブより電気陰性度が大きい元素を用いたことを特徴とする。
[請求項3]
請求項1に記載の太陽電池の発電層において、
カーボンナノチューブに内包されたn型ドーパントとp型ドーパントとの間に、当該カーボンナノチューブの内径に近い径を有する原子または分子を内包させたことを特徴とする。
[請求項4]
請求項3に記載の太陽電池の発電層において、
カーボンナノチューブの内径に近い径を有する原子または分子がフラーレンであることを特徴とする。
[請求項5]
請求項1乃至4のいずれかに記載の太陽電池の発電層の製造方法であって、
垂直配向性のカーボンナノチューブが複数集められてなるカーボンナノチューブ群を保持部材により層状に保持させるとともに、この層状に保持されたカーボンナノチューブ群を真空容器内に配置し、
次に真空容器に設けられた第1ドーパント供給部からn型ドーパントを供給するとともに真空容器に設けられた第2ドーパント供給部からp型ドーパントを供給することにより、カーボンナノチューブの一端側にn型ドーパントを内包させるとともに他端側にp型ドーパントを内包させることを特徴とする。
[請求項6]
請求項5に記載の太陽電池の発電層の製造方法において、
n型ドーパントおよびp型ドーパントを内包させる前に、カーボンナノチューブに、当該カーボンナノチューブの内径に近い径を有する原子または分子を内包させることを特徴とする。
[請求項7]
請求項1乃至4のいずれかに記載の発電層を有する太陽電池であって、
光の入射側に配置される透光性を有する一方の電極部材と、光の入射側とは反対側に配置される他方の電極部材との間に配置したことを特徴とする。
[請求項8]
請求項1乃至4のいずれかに記載の発電層を有する太陽電池であって、
発電層を、光の入射側に配置される透光性部材と、光の入射側とは反対側に配置される電極部材との間に配置し、
上記電極部材を正の電極部および負の電極部により構成し、
上記発電層を構成するカーボンナノチューブ群の電極部材側の端部を、当該端部と同一極性の正の電極部または負の電極部に接触させ、上記カーボンナノチューブ群の透光性部材側の端部と同一極性の負の電極部または正の電極部の表面に絶縁材を配置するとともに、当該端部と同一極性の負の電極部または正の電極部とを導電部材により接続したことを特徴とする。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • HITACHI ZOSEN CORPORATION
  • KYOTO UNIVERSITY
  • Inventor
  • HIRAOKA KAZUSHI
  • MATSUDA KAZUNARI
  • MIYAUCHI YUHEI
  • MOURI SHINICHIROU
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IS KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close