Top > Search of International Patents > EMOTION IDENTIFICATION DEVICE, EMOTION IDENTIFICATION METHOD, AND EMOTION IDENTIFICATION PROGRAM

EMOTION IDENTIFICATION DEVICE, EMOTION IDENTIFICATION METHOD, AND EMOTION IDENTIFICATION PROGRAM

Foreign code F140007923
File No. E098P01WO
Posted date Aug 18, 2014
Country WIPO
International application number 2013JP057623
International publication number WO 2014024511
Date of international filing Mar 18, 2013
Date of international publication Feb 13, 2014
Priority data
  • P2012-174946 (Aug 7, 2012) JP
Title EMOTION IDENTIFICATION DEVICE, EMOTION IDENTIFICATION METHOD, AND EMOTION IDENTIFICATION PROGRAM
Abstract The emotion identification device is provided with: a first detection unit for detecting a user's central nervous system reaction; a second detection unit for detecting the user's autonomic nervous system reaction; and an identification unit for identifying aggression in the user's anger on the basis of the central nervous system reaction and the autonomic nervous system reaction.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
ユーザの中枢神経系反応を検出する第1検出部と、
前記ユーザの自律神経系反応を検出する第2検出部と、
前記中枢神経系反応及び前記自律神経系反応に基づいて、前記ユーザの怒りの攻撃性を認識する認識部と、
を備える情動認識装置。
[請求項2]
前記第1検出部は、前記中枢神経系反応としての脳波を検出し、
前記第2検出部は、前記自律神経系反応としての心拍を検出する請求項1に記載の情動認識装置。
[請求項3]
前記第1検出部は、前記脳波として、前記ユーザの左脳の脳波及び前記ユーザの右脳の脳波を検出し、
前記認識部は、前記左脳の脳波と前記右脳の脳波との不均衡度と、前記心拍の数とに基づいて、前記攻撃性を認識する請求項2に記載の情動認識装置。
[請求項4]
前記左脳のαパワー値と前記右脳のαパワー値とに基づいて、前記不均衡度を算出する算出部
をさらに備える請求項3に記載の情動認識装置。
[請求項5]
前記算出部は、前記左脳のαパワー値と前記右脳のαパワー値との比を、前記不均衡度として算出する請求項4に記載の情動認識装置。
[請求項6]
情動を認識する情動認識装置における情動認識方法であって、
ユーザの中枢神経系反応を検出し、
前記ユーザの自律神経系反応を検出し、
前記中枢神経系反応及び前記自律神経系反応に基づいて、前記ユーザの怒りの攻撃性を認識する、
ことを有する情動認識方法。
[請求項7]
コンピュータに、
ユーザの中枢神経系反応を取得し、
前記ユーザの自律神経系反応を取得し、
前記中枢神経系反応及び前記自律神経系反応に基づいて、前記ユーザの怒りの攻撃性を認識する、
ことを実行させるための情動認識プログラム。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • JAPAN SCIENCE AND TECHNOLOGY AGENCY
  • Inventor
  • KUBO KENTA
  • KAWAI NOBUYUKI
  • OKANOYA KAZUO
IPC(International Patent Classification)
Reference ( R and D project ) ERATO OKANOYA Emotional Information AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close