Top > Search of International Patents > METHOD FOR CONCENTRATING METAL COMPOUND

METHOD FOR CONCENTRATING METAL COMPOUND meetings

Foreign code F140007982
File No. S2014-0474-N0
Posted date Sep 26, 2014
Country WIPO
International application number 2013JP073500
International publication number WO 2014034925
Date of international filing Sep 2, 2013
Date of international publication Mar 6, 2014
Priority data
  • P2012-191071 (Aug 31, 2012) JP
Title METHOD FOR CONCENTRATING METAL COMPOUND meetings
Abstract It is difficult to concentrate metals such as gallium from used electronic components and ore extracted from mines, while minimizing the quantity of waste liquid generated. A first solid metal compound contained in a mixture of a first solid metal compound containing a metal selected from a group consisting of gallium, indium, germanium, tellurium and cesium at a first metal content is reduced to form a gaseous metal compound, the gaseous metal compound is oxidized to form a second solid metal compound, and the second solid metal compound is collected at a second metal content which is higher than the first metal content.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
ガリウム、インジウム、ゲルマニウム、テルル、及びセシウムからなる群から選択された金属を第1金属含有率で含有する第1固体金属化合物の混合物中の前記第1固体金属化合物を還元して気体金属化合物とする工程と、
前記気体金属化合物を酸化して第2固体金属化合物として該第2固体金属化合物を前記第1金属含有率より高い第2金属含有率で捕集する工程と
を有する金属化合物の濃縮方法。
[請求項2]
前記第1固体金属化合物を還元して前記気体金属化合物とする工程を蒸発部で行い、
前記気体金属化合物を前記蒸発部から捕集部に移送する工程をさらに有し、
前記気体金属化合物を酸化して前記第2固体金属化合物とする工程を捕集部で行う
請求項1に記載の金属化合物の濃縮方法。
[請求項3]
前記第1固体金属化合物を還元して前記気体金属化合物とする工程において、前記第1固体金属化合物と固体還元剤との混合物中、還元性ガス雰囲気中、または還元性ガス雰囲気における前記第1固体金属化合物と固体還元剤との混合物中で前記第1固体金属化合物を還元して前記気体金属化合物とする
請求項1または2に記載の金属化合物の濃縮方法。
[請求項4]
前記第1固体金属化合物を還元して前記気体金属化合物とする工程において前記第1固体金属化合物の混合物を加熱する
請求項1~3のいずれかに記載の金属化合物の濃縮方法。
[請求項5]
前記金属がガリウムであり、
前記第1固体金属化合物を還元して前記気体金属化合物とする工程において前記第1固体金属化合物の混合物を900℃以上となるように加熱する
請求項4に記載の金属化合物の濃縮方法。
[請求項6]
前記第1固体金属化合物を還元して前記気体金属化合物とする工程において前記第1固体金属化合物を還元して気体Ga2Oとし、
前記気体金属化合物を酸化して前記第2固体金属化合物とする工程において前記気体Ga2Oを酸化して固体Ga2O3とする
請求項5に記載の金属化合物の濃縮方法。
[請求項7]
前記金属がインジウムであり、
前記第1固体金属化合物を還元して前記気体金属化合物とする工程において前記第1固体金属化合物の混合物を600℃以上となるように加熱する
請求項4に記載の金属化合物の濃縮方法。
[請求項8]
前記第1固体金属化合物を還元して前記気体金属化合物とする工程において前記第1固体金属化合物を還元して気体In2Oとし、
前記気体金属化合物を酸化して前記第2固体金属化合物とする工程において前記気体In2Oを酸化して固体In2O3とする
請求項7に記載の金属化合物の濃縮方法。
[請求項9]
反応管と、
前記反応管内に設けられており、ガリウム、インジウム、ゲルマニウム、テルル、及びセシウムからなる群から選択された金属を第1金属含有率で含有する第1固体金属化合物の混合物が収容され、加熱により前記第1固体金属化合物を還元して気体金属化合物を生成する蒸発部と、
前記反応管内に設けられており、前記気体金属化合物が移送され、前記気体金属化合物を酸化して第2固体金属化合物として該第2固体金属化合物を捕集基板に捕集する捕集部と、
前記蒸発部において前記第1固体金属化合物を還元して気体金属化合物とし、前記捕集部において前記気体金属化合物を酸化して前記第1金属含有率より高い第2金属含有率で前記第2固体金属化合物を捕集する温度プロファイルとなるように前記反応管の内部を加熱する、反応管の外周部に設けられたヒーターと
を有する金属化合物の濃縮装置。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • HOSEI UNIVERSITY
  • Inventor
  • AKASHI TAKAYA
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close