Top > Search of International Patents > SURFACE-MODIFIED IRON OXIDE PARTICLES FOR CANCER CAUTERIZATION

SURFACE-MODIFIED IRON OXIDE PARTICLES FOR CANCER CAUTERIZATION

Foreign code F140007989
File No. S2012-1188-C0
Posted date Oct 27, 2014
Country WIPO
International application number 2013JP074350
International publication number WO 2014042142
Date of international filing Sep 10, 2013
Date of international publication Mar 20, 2014
Priority data
  • P2012-200836 (Sep 12, 2012) JP
Title SURFACE-MODIFIED IRON OXIDE PARTICLES FOR CANCER CAUTERIZATION
Abstract The problem of the present invention is to provide surface-modified ferromagnetic iron oxide particles that have excellent heat generation properties, excellent dispersion stability in a medium for injection, and that are suitable for electromagnetic induction cancer cauterization. As the solution to this problem, these surface-modified iron oxide particles for cancer cauterization are characterized in that a block copolymer, of polyethylene glycol and polystyrene having phosphorus acid groups in the side chains thereof, is bound to the surface of ferromagnetic iron oxide particles that have a tabular shape wherein the major axis is 20 to 200 nm and the ratio of the major axis to thickness is 1.5 to 30, and that have magnetic properties wherein the coercive force is 30 to 300 Oe, the saturation magnetization is 20 to 80 emu/g, and the squareness ratio of the magnetic hysteresis curve is 0.20 to 0.50.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
長径が20~200nm、厚みに対する長径の比が1.5~30である板状の形状を有し、保磁力が30~300Oe、飽和磁化が20~80emu/g、磁気ヒステリシス曲線の角型比が0.20~0.50である磁気特性を有する強磁性酸化鉄粒子の表面に、ポリエチレングリコールと側鎖に亜リン酸基を有するポリスチレンのブロック共重合体を結合させてなることを特徴とする癌焼灼治療用表面修飾酸化鉄粒子。
[請求項2]
酸化鉄がマグネタイト、ガンマ酸化鉄、マグネタイトとガンマ酸化鉄の中間状態の酸化鉄のいずれかであることを特徴とする請求項1記載の癌焼灼治療用表面修飾酸化鉄粒子。
[請求項3]
強磁性酸化鉄粒子のBET比表面積が30m2/g以上であることを特徴とする請求項1記載の癌焼灼治療用表面修飾酸化鉄粒子。
[請求項4]
ポリエチレングリコールと側鎖に亜リン酸基を有するポリスチレンのブロック共重合体が下記の一般式(I)で表されるポリエチレングリコール-b-ポリ(4-ビニルベンジルホスホネート)であることを特徴とする請求項1記載の癌焼灼治療用表面修飾酸化鉄粒子。
[化1]
(式中、Rは置換基を有していてもよいアルキル基、Lは-(CH2lS-、-CO(CH2lS-、-COO(CH2lS-、-COC(CH32-からなる群より選ばれる連結基、lは1~5の整数、mは5~500の整数、nは2~30の整数である)
[請求項5]
ブロック共重合体の数平均分子量が1000~30000であることを特徴とする請求項1記載の癌焼灼治療用表面修飾酸化鉄粒子。
[請求項6]
長径が20~200nm、厚みに対する長径の比が1.5~30である板状の形状を有し、保磁力が30~300Oe、飽和磁化が20~80emu/g、磁気ヒステリシス曲線の角型比が0.20~0.50である磁気特性を有する強磁性酸化鉄粒子を分散媒としての水および/または親水性溶媒に分散させた分散液に、ポリエチレングリコールと側鎖に亜リン酸基を有するポリスチレンのブロック共重合体を溶解し、強磁性酸化鉄粒子の表面にブロック共重合体を結合させることを特徴とする癌焼灼治療用表面修飾酸化鉄粒子の製造方法。
[請求項7]
強磁性酸化鉄粒子の表面へのブロック共重合体の結合を30~60℃の温度範囲で行うことを特徴とする請求項6記載の製造方法。
[請求項8]
強磁性酸化鉄粒子が、3価の鉄化合物の水溶液にアルカリとアミン化合物を混合することで得られる沈殿物を水熱反応に付することによってゲータイト粒子を得た後、ゲータイトを酸化鉄に変換して製造されたものであることを特徴とする請求項6記載の製造方法。
[請求項9]
アミン化合物がアルコールアミンであることを特徴とする請求項8記載の製造方法。
[請求項10]
長径が20~200nm、厚みに対する長径の比が1.5~30である板状の形状を有し、保磁力が30~300Oe、飽和磁化が20~80emu/g、磁気ヒステリシス曲線の角型比が0.20~0.50である磁気特性を有する強磁性酸化鉄粒子の表面に、ポリエチレングリコールと側鎖に亜リン酸基を有するポリスチレンのブロック共重合体を結合させてなる癌焼灼治療用表面修飾酸化鉄粒子を注射用媒体に分散させてなることを特徴とする癌焼灼治療用表面修飾酸化鉄粒子分散組成物。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • UNIVERSITY OF TSUKUBA
  • Inventor
  • ODA TATSUYA
  • NAGASAKI YUKIO
  • ASAI KEI
  • KITA EIJI
  • YANAGIHARA HIDETO
  • OHKOHCHI NOBUHIRO
  • KISHIMOTO MIKIO
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close