Top > Search of International Patents > METHOD FOR CARRYING METAL ON GRAPHENE OXIDE AND METAL-GRAPHENE OXIDE COMPOSITE CREATED WITH SAID METHOD

METHOD FOR CARRYING METAL ON GRAPHENE OXIDE AND METAL-GRAPHENE OXIDE COMPOSITE CREATED WITH SAID METHOD commons meetings

Foreign code F140007990
File No. S2012-1181-C0
Posted date Oct 27, 2014
Country WIPO
International application number 2013JP074937
International publication number WO 2014042259
Date of international filing Sep 13, 2013
Date of international publication Mar 20, 2014
Priority data
  • P2012-201088 (Sep 13, 2012) JP
Title METHOD FOR CARRYING METAL ON GRAPHENE OXIDE AND METAL-GRAPHENE OXIDE COMPOSITE CREATED WITH SAID METHOD commons meetings
Abstract Provided are: a method for carrying a metal on graphene oxide, in which a desired metal is carried on graphene oxide while suppressing the occurrence of graphene aggregation in a graphene oxide dispersion in which graphene oxide is dispersed; and a metal-graphene oxide composite created with this method. A solution containing a metal salt or metal ions is added to a graphene oxide dispersion solution in which graphene oxide is dispersed. At least one of alcohol (except tertiary alcohols), N,N-dimethylformamide, tetrahydrofuran, and 1,4-dioxane is added as a reducing agent. The reducing action of the reducing agent causes the graphene oxide to carry the metal of the metal salt or metal that has become the metal ions.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
酸化グラフェンを分散させている酸化グラフェン分散溶液に、金属塩または金属イオンを含有している溶液を添加して混合溶液を作製する第1の工程と、
混合溶液にアルコール(三級アルコールを除く)、N,N-ジメチルホルムアミド、テトラヒドロフラン、1,4-ジオキサンの少なくともいずれか1種を添加して撹拌することにより酸化グラフェン分散溶液の酸化グラフェンに金属塩の金属または金属イオンとなっている金属を担持させる第2の工程と
からなる酸化グラフェンに金属を担持させる方法。
[請求項2]
前記第1の工程の前記酸化グラフェン分散溶液は、
六角形の格子状に並んだ炭素原子で構成された炭素シートの積層体である黒鉛にマイクロ波を照射する工程と、
マイクロ波が照射された黒鉛に硫酸と、硝酸ナトリウムと、過マンガン酸カリウムを加えて酸化させることにより、前記黒鉛から1層または複数層の炭素シートで構成される酸化グラフェンを剥離させる工程と
により作成している請求項1に記載の酸化グラフェンに金属を担持させる方法。
[請求項3]
酸化グラフェンを分散させている酸化グラフェン分散溶液に、金属塩または金属イオンを含有している溶液を添加するとともに、アルコール(三級アルコールを除く)、N,N-ジメチルホルムアミド、テトラヒドロフラン、1,4-ジオキサンの少なくともいずれか1種を還元剤として添加して、前記還元剤の還元作用により前記酸化グラフェンに前記金属塩の金属または金属イオンとなっている金属を担持させて成る金属-酸化グラフェン複合体。
[請求項4]
前記酸化グラフェン分散溶液は、
六角形の格子状に並んだ炭素原子で構成された炭素シートの積層体である黒鉛にマイクロ波を照射した後に、マイクロ波が照射された黒鉛に硫酸と、硝酸ナトリウムと、過マンガン酸カリウムを加えて酸化することにより1層または複数層の炭素シートに剥離させて作成した酸化グラフェンの分散溶液である請求項3に記載の金属-酸化グラフェン複合体。
[請求項5]
請求項3または請求項4に記載の金属-酸化グラフェン複合体からなる触媒。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • OKAYAMA UNIVERSITY
  • Inventor
  • NISHINA YUTA
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close