Top > Search of International Patents > SWALLOWING ASSISTANCE DEVICE

SWALLOWING ASSISTANCE DEVICE

Foreign code F140007993
File No. S2012-0640-C0
Posted date Oct 27, 2014
Country WIPO
International application number 2013JP072452
International publication number WO 2014038390
Date of international filing Aug 22, 2013
Date of international publication Mar 13, 2014
Priority data
  • P2012-197483 (Sep 7, 2012) JP
Title SWALLOWING ASSISTANCE DEVICE
Abstract [Problem] To provide a swallowing assistance device capable of effectively limiting aspiration by promoting swallowing with an appropriate timing. [Solution] The swallowing assistance device (1) for assisting swallowing is provided with a pressure sensor that is inside a control unit (2) and is for detecting respiration, an electrode unit (4) to be mounted on a target area to apply a stimulus for promoting swallowing, and a control section that is inside the control unit (2) and is for controlling the electrode unit (4). The control section controls the electrode unit (4) so as to begin applying a stimulus on the target area during an exhalation period detected on the basis of a detection signal from the pressure sensor and to complete application of the stimulus on the target area during said exhalation period. Because the electrode unit (4) is thereby driven only during periods in which aspiration is said not to occur easily, aspiration can be effectively limited.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
嚥下を補助するための嚥下補助装置において、
呼吸を検出する呼吸検出部と、
前記嚥下を促進させる刺激を付与するために対象部位に付設される付与ユニットと、
前記付与ユニットを制御する制御部と、を備え、
前記制御部は、前記呼吸検出部からの検出信号に基づき検出される呼息期間において、前記対象部位に対する前記刺激の付与を開始するとともに、当該呼息期間において、前記対象部位に対する前記刺激の付与を終了するよう、前記付与ユニットを制御する、
ことを特徴とする嚥下補助装置。
[請求項2]
請求項1に記載の嚥下補助装置において、
前記制御部は、前記対象部位に対する前記刺激の付与を開始するタイミングが呼息相の前半部分に含まれるよう、前記付与ユニットを制御する、
ことを特徴とする嚥下補助装置。
[請求項3]
請求項2に記載の嚥下補助装置において、
前記制御部は、前記呼吸検出部からの検出信号に基づき呼息相の開始を検出し、呼息相が開始した直後に前記対象部位に対する前記刺激の付与を開始するよう、前記付与ユニットを制御する、
ことを特徴とする嚥下補助装置。
[請求項4]
請求項2に記載の嚥下補助装置において、
前記制御部は、前記呼吸検出部からの検出信号に基づき呼息がピークとなるタイミングを検出し、呼息がピークとなるタイミングにおいて前記対象部位に対する前記刺激の付与を開始するよう、前記付与ユニットを制御する、
ことを特徴とする嚥下補助装置。
[請求項5]
請求項1ないし4の何れか一項に記載の嚥下補助装置において、
前記制御部は、前記対象部位に対する前記刺激の付与を終了するタイミングが呼息相の前半2/3のタイミングよりも早期となるよう、前記付与ユニットを制御する、
ことを特徴とする嚥下補助装置。
[請求項6]
請求項1ないし5の何れか一項に記載の嚥下補助装置において、
前記刺激の付与を開始するタイミングから前記刺激の付与を終了するタイミングまでの時間は、100ms~1000msに設定される、
ことを特徴とする嚥下補助装置。
[請求項7]
請求項1ないし6の何れか一項に記載の嚥下補助装置において、
前記制御部は、当該嚥下補助装置の作動時に、前記呼息期間において前記対象部位に刺激を付与する動作を行う動作期間と、前記呼息期間において前記対象部位に刺激を付与する動作を行わない非動作期間とを、交互に設定する、
ことを特徴とする嚥下補助装置。
[請求項8]
請求項7に記載の嚥下補助装置において、
前記動作期間と前記非動作期間の設定を受け付けるための受付部をさらに備える、
ことを特徴とする嚥下測定装置。
[請求項9]
請求項1ないし8の何れか一項に記載の嚥下補助装置において、
前記付与ユニットは、プラスの極とマイナスの極を対とする電極を備え、上喉頭神経に電気的な刺激が付与されるよう、皮膚に付着される、
ことを特徴とする嚥下補助装置。
[請求項10]
請求項9に記載の嚥下補助装置において、
前記付与ユニットには、前記電極の対が2つ設けられ、
前記制御部は、これら2対の電極に対して異なる周波数の電気信号を印加する、
ことを特徴とする嚥下補助装置。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • HYOGO COLLEGE OF MEDICINE
  • Inventor
  • OKU YOSHITAKA
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close