Top > Search of International Patents > WATER-SOLUBLE PHOTOCHROMIC MOLECULE

WATER-SOLUBLE PHOTOCHROMIC MOLECULE

Foreign code F140008002
File No. S2012-1174-C0
Posted date Oct 28, 2014
Country WIPO
International application number 2013JP074052
International publication number WO 2014042087
Date of international filing Sep 6, 2013
Date of international publication Mar 20, 2014
Priority data
  • P2012-199292 (Sep 11, 2012) JP
Title WATER-SOLUBLE PHOTOCHROMIC MOLECULE
Abstract Provided is a diarylethene compound having excellent water solubility. The diarylethene compound is represented by formula (I). [In formula (I), Sg is a monovalent saccharide residue formed by removing a hydroxy group from a saccharide compound selected from the group consisting of six-membered-ring succharides, five-membered-ring succharides, cyclitols, and oligosaccharides comprising these; Ar is a group represented by formula (A1) or (A2) (in formulae (A1) and (A2), X is S, SO2, NR3, or O); and Y is a hydrogen atom or a halogen atom.]
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
式(I):
[化1]
[式(I)中、
Sgは、6員環糖、5員環糖、シクリトールおよびこれらを含むオリゴ糖からなる群より選択される糖系化合物(ただし一部の水酸基が保護されていてもよい)から水酸基を除いた1価の糖系残基であり;
Uは、-(CH2)n-、-CH2-U’-、または-C(=O)-であり(ただし、nは1~5の整数であり、U’はArと結合する炭素数1~10のアルキル基である);
Arは、下記式(A1)または(A2)で表される基であり
[化2]
(式(A1)および(A2)中、
XはS、SO2、NR3(R3は炭素数1~3のアルキル基)、またはOであり、
Rは炭素数1~4のアルキル基であり、
R1およびR2は、独立に炭素数1~3のアルキル基であり、
aは0または1、bは0~3の整数であり、
*はUと結合していることを示す);
Yは水素原子またはハロゲン原子であり;
mは5~7の整数である]
で表される、ジアリールエテン化合物。
[請求項2]
前記Sgがピラノースの水酸基を除いた1価の糖系残基である、請求項1に記載の化合物。
[請求項3]
前記Sgがピラノースの1位炭素原子上の水酸基を除いた1価の糖系残基である、請求項1または2に記載の化合物。
[請求項4]
前記Sgがシクリトールの水酸基を除いた1価の糖系残基である、請求項1または2に記載の化合物。
[請求項5]
前記XがSまたはSO2である、請求項1~4のいずれかに記載の化合物。
[請求項6]
請求項1~5のいずれかに記載のジアリールエテン化合物の製造方法であって、
(1)6員環糖、5員環糖、シクリトールおよびこれらを含むオリゴ糖からなる群より選択される糖系化合物から誘導され、1つの水酸基がハロゲン原子に置換され、かつ他の総ての水酸基が保護基によって保護されたハロゲン化糖誘導体を準備する工程、
(2)前記ハロゲン化糖誘導体と式(a)で表される化合物とを反応させて、
[化3]
[式(a)中、U、Ar、Y、およびmは前記のとおり定義される]
式(b)で表される化合物を生成するエーテル化工程、
[化4]
[式(b)中、U、Ar、Y、およびmは前記のとおり定義され、PSgは、前記Sgの総ての水酸基が保護されている基を示す]、ならびに
(3)前記式(b)で表される化合物の保護基を除去する脱保護工程、
を含む、前記製造方法。
[請求項7]
前記工程(1)を、Ag2O存在下で実施する、請求項6に記載の製造方法。
[請求項8]
前記ハロゲン化糖誘導体におけるハロゲン原子が臭素原子である、請求項6または7に記載の製造方法。
[請求項9]
前記ハロゲン化糖誘導体における保護基がアシル基である、請求項6~8のいずれかに記載の製造方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • RIKKYO GAKUIN
  • JOSHO GAKUEN EDUCATIONAL FOUNDATION
  • Inventor
  • TOKIWA HIROAKI
  • IRIE MASAHIRO
  • IKEDA KIYOSHI
  • OTSUBO TADAMUNE
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close