Top > Search of International Patents > SHAFT SEAL DEVICE, SEALING MEMBER AND HYDROELECTRIC POWER GENERATOR

SHAFT SEAL DEVICE, SEALING MEMBER AND HYDROELECTRIC POWER GENERATOR meetings

Foreign code F140008037
File No. S2013-0226-C0
Posted date Dec 4, 2014
Country WIPO
International application number 2013JP081899
International publication number WO 2014084257
Date of international filing Nov 27, 2013
Date of international publication Jun 5, 2014
Priority data
  • P2012-260013 (Nov 28, 2012) JP
  • P2013-154188 (Jul 25, 2013) JP
Title SHAFT SEAL DEVICE, SEALING MEMBER AND HYDROELECTRIC POWER GENERATOR meetings
Abstract Provided is a shaft seal device equipped with a sealing member having excellent liquid-tightness, low frictional resistance, and high abrasion resistance. A shaft seal device provided with a sealing member, which is disposed around a shaft that is supported so as to allow rotation or reciprocation and is for securing liquid-tightness around the shaft, is characterized in that the sealing member is a porous material formed from a hydrophilic polymer resin in which the chains are cross-linked. The shaft seal device is also characterized in that: the shaft is a shaft forming a bridge between a liquid phase region and a gas phase region; and the sealing member limits leakage of liquid from the liquid phase region to the gas phase region and is impregnated with an aqueous lubricating solution prepared by adding a water-soluble thickener.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
回転又は往復可能に支持された軸の周囲に配置され、前記軸周りの液密性を確保するためのシール部材を備えた軸封装置において、
前記シール部材は、鎖間が架橋された親水性ポリマー樹脂により形成した多孔質体であることを特徴とする軸封装置。
[請求項2]
前記軸は、液相領域と気相領域との間に架け渡された軸であり、
前記シール部材は、前記液相領域から前記気相領域への液体の漏出を抑制するものであることを特徴とする請求項1に記載の軸封装置。
[請求項3]
前記軸は、この軸の一端側に存在する第1の液相領域と、この軸の他端側に存在する第2の液相領域との間に架け渡された軸であり、
前記シール部材は、前記第1の液相領域と前記第2の液相領域との間における液の流通を抑制するものであることを特徴とする請求項1に記載の軸封装置。
[請求項4]
前記シール部材には、水溶性の増粘剤を添加して調製した水性潤滑液を含浸させていることを特徴とする請求項1~3いずれか1項に記載の軸封装置。
[請求項5]
前記増粘剤はポリエチレングリコールであることを特徴とする請求項4に記載の軸封装置。
[請求項6]
前記親水性ポリマーは、ポリビニルアルコールの鎖間をホルムアルデヒドで架橋したポリビニルホルマールであることを特徴とする請求項1~5いずれか1項に記載の軸封装置。
[請求項7]
前記シール部材は、前記軸の外周面に摺接する状態で前記軸に対し同軸状に設けたことを特徴とする請求項1~6いずれか1項に記載の軸封装置。
[請求項8]
前記シール部材が複数設けられていることを特徴とする請求項7に記載の軸封装置。
[請求項9]
前記軸の外周に同軸状に設けられ、当該軸の軸周り方向への回転運動に従動する回転環と、
前記回転環と摺接する状態で前記軸の外周に同軸状に設けられ、前記軸の軸周り方向への回転運動が規制された固定環と、を備え、
前記回転環と前記固定環との摺接部に前記シール部材が設けられていることを特徴とする請求項1~6いずれか1項に記載の軸封装置。
[請求項10]
回転又は往復可能に支持された軸の周囲に配置され、前記軸周りの液密性を確保する軸封装置のシール部材において、
鎖間が架橋された親水性ポリマー樹脂で多孔質状に形成したことを特徴とするシール部材。
[請求項11]
鎖間が架橋された親水性ポリマー樹脂により形成した多孔質体の、軸封装置におけるシール部材としての使用。
[請求項12]
請求項1~9いずれか1項に記載の軸封装置を備えた水力発電装置。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • KUMAMOTO UNIVERSITY
  • Inventor
  • NAKANISHI YOSHITAKA
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG
Please contact us by E-mail or telephone if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close