Top > Search of International Patents > SHOCK WAVE FOCUSING DEVICE, SHOCK WAVE GENERATION APPARATUS, AND SHOCK WAVE ABLATION SYSTEM

SHOCK WAVE FOCUSING DEVICE, SHOCK WAVE GENERATION APPARATUS, AND SHOCK WAVE ABLATION SYSTEM meetings

Foreign code F150008060
File No. S2013-0357-C0
Posted date Jan 8, 2015
Country WIPO
International application number 2013JP084615
International publication number WO 2014104075
Date of international filing Dec 25, 2013
Date of international publication Jul 3, 2014
Priority data
  • P2012-282891 (Dec 26, 2012) JP
Title SHOCK WAVE FOCUSING DEVICE, SHOCK WAVE GENERATION APPARATUS, AND SHOCK WAVE ABLATION SYSTEM meetings
Abstract Provided is a shock wave focusing device for a shock wave ablation system for coagulating and necrosing cardiac muscle tissue that becomes a cause of arrhythmia. A shock wave generation apparatus (10) comprises: a shock wave focusing device (11) which has a concave surface (11a); an optical fiber (12) which is inserted into the shock wave focusing device (11); a tubular catheter (13) which guides the optical fiber; an enclosure (14) which constitutes a space to be filled with liquid at the tip of the optical fiber (12); and the liquid (L) which is filled into the enclosure (14). The shock wave focusing device (11) is configured from a ring-shaped coupling part (16) provided with a central hole (11b), and 16 blade parts (17) curved outward from the edge of the coupling part (16) toward the front and provided elastically to the edge of the coupling part (16), and can be folded by rotating the blade parts (17) with respect to the coupling part (16).
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
回転湾曲面を平面で切断した形状を有し、光ファイバーを通す中心孔が回転軸上に形成された凹面を備え、光ファイバーの先端を前記凹面内の回転軸上に配置させ、前記光ファイバーの先端に発生させた衝撃波を前記凹面で反射させて、その凹面外に収束させるための衝撃波発生装置用の衝撃波収束装置であって、
前記中心孔を備えた結合部と、その結合部から放射状に伸び、かつ、前方に向かって外方に湾曲している複数の羽部とからなり、
前記羽部を結合部の中心軸に対して所定の角度として、複数の羽部の内面によって前記凹面を形成した、
衝撃波収束装置。
[請求項2]
前記羽部は結合部に対して回動自在に連結されており、
前記羽部を結合部の中心軸に対して所定の角度とすることにより、複数の羽部の内面によって前記凹面が形成され、
前記羽部を結合部の中心軸に対して所定の角度より小さくすることにより、前記凹面を折り畳むことができる、
請求項1記載の衝撃波収束装置。
[請求項3]
前記羽部がリング状の結合部の縁部に設けられている、
請求項1または2記載の衝撃波収束装置。
[請求項4]
前記結合部が、筒状体であり、中心孔から縁部に貫通し、かつ、先端から基端方向に向かって形成される複数のスリットを備えており、
前記羽部が、凹面を構成する羽本体と、その基端から延びる板状の支持部とを有し、
前記板状の支持部をスリットに挿入することにより、羽部が結合部と連結される、
請求項1または2記載の衝撃波収束装置。
[請求項5]
前記羽部が結合部に弾力的に連結されている、
請求項2~4いずれか記載の衝撃波収束装置。
[請求項6]
前記羽部が結合部の中心軸に対して所定の角度となるように弾力的に連結されている、請求項5記載の衝撃波収束装置。
[請求項7]
前記光ファイバーを挿入し、かつ、結合部の外径より内径が大きい筒状の制御体をさらに備え、
前記結合部を制御体に対して光ファイバーの基部方向に移動させることにより制御体の先端開口部で羽部を折り畳むことができる、請求項2~6いずれか記載の衝撃波収束装置。
[請求項8]
請求項1~7いずれか記載の衝撃波収束装置と、
前記衝撃波収束装置に固定される光ファイバーと、
前記光ファイバーを支持するカテーテルと、
前記光ファイバーの先端に液体が充填される空間を構成する封入体と、
前記封入体内に収容される液体とからなる、
衝撃波発生装置。
[請求項9]
前記封入体内に液体を供給及び排出する給排水装置をさらに備えた、
請求項8記載の衝撃波発生装置。
[請求項10]
請求項8また9記載の衝撃波発生装置と、光ファイバーの基端に設けられるレーザー発振器とからなる、衝撃波アブレーションシステム。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • TOHOKU UNIVERSITY
  • Inventor
  • SHIMOKAWA HIROAKI
  • TAKAYAMA KAZUYOSHI
  • YAMAMOTO HIROAKI
  • HASEBE YUHI
  • HAYASAKA SHOKICHI
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG
Please contact us by facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close