Top > Search of International Patents > RNA INTERFERENCE AGENT, METHOD FOR PRODUCING SAME, AND USE THEREOF

RNA INTERFERENCE AGENT, METHOD FOR PRODUCING SAME, AND USE THEREOF meetings

Foreign code F150008071
File No. S2013-0257-C0
Posted date Jan 8, 2015
Country WIPO
International application number 2013JP082179
International publication number WO 2014084354
Date of international filing Nov 29, 2013
Date of international publication Jun 5, 2014
Priority data
  • P2012-261730 (Nov 29, 2012) JP
Title RNA INTERFERENCE AGENT, METHOD FOR PRODUCING SAME, AND USE THEREOF meetings
Abstract Provided is an RNA interference agent having a simple structure, and with which it possible to obtain an effect of suppressing an off-target effect. In order to achieve this aim, the present invention is an RNA interference agent, comprising one or more PAZ domain low-affinity units on the 3' terminal, and provided with a single-strand oligonucleotide as a passenger strand.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
3’末端にPAZドメイン低親和性ユニットを1又は2以上を備える、一本鎖オリゴヌクレオチド。
[請求項2]
前記PAZドメイン低親和性ユニットは、以下の式(1)で表される、請求項1に記載の一本鎖オリゴヌクレオチド。
[化16]
(ただし、Xは、酸性基又は塩基性基又はこれらを有する連結基であり、Yは、炭素数が2以上の基を表し、nは1又は2以上の整数を表す。)
[請求項3]
Yは炭素数が2の基を表す、請求項2に記載の一本鎖オリゴヌクレオチド。
[請求項4]
前記式(1)は、以下の式で表される、請求項2又は3に記載の一本鎖オリゴヌクレオチド。
[化17]
[請求項5]
前記PAZドメイン低親和性ユニットを2個備える、請求項1~4のいずれかに記載の一本鎖オリゴヌクレオチド。
[請求項6]
標的遺伝子の所定の塩基配列に対するアンチセンス部位を有するガイド鎖オリゴヌクレオチドと、
請求項1~5のいずれかに記載の一本鎖オリゴヌクレオチドであって前記アンチセンス部位に特異的にハイブリダイズするパッセンジャー鎖オリゴヌクレオチドと、
を備える、RNA干渉剤。
[請求項7]
前記ガイド鎖オリゴヌクレオチドの3’末端には、PAZドメイン高親和性ユニットを備える、請求項6に記載のRNA干渉剤。
[請求項8]
前記PAZドメイン高親和性ユニットは、以下の式で表される、請求項7に記載のRNA干渉剤。
[化18]
[式中、Aは独立して以下のいずれかの式を表し、mは1又は2以上の整数を表す。]
[化19]
[請求項9]
RNA干渉剤の製造方法であって、
3’末端にPAZドメイン低親和性ユニットを1又は2以上を備える、一本鎖オリゴヌクレオチドであるパッセンジャー鎖とガイド鎖とを準備し、ハイブリダイゼーションにより二重鎖RNAを形成する工程、
を備える、製造方法。
[請求項10]
以下の式で表される、オリゴヌクレオチド合成試薬。
[化20]
(式中、Yは、炭素数が1以上4以下のアルキレン基を表し、W1は、水素原子又はヒドロキシル保護基を表し、W2は、水素原子、ホスホルアミダイト基又は固相担体に結合される若しくは結合された連結基を表す。)
[請求項11]
遺伝子の機能の評価方法であって、
前記遺伝子を標的遺伝子として、請求項6~8のいずれかに記載のRNA干渉剤を準備する工程と、
前記遺伝子を保持する細胞に前記RNA干渉剤を導入して、前記細胞における変化を評価する工程、
を備える、評価方法。
[請求項12]
RNA干渉剤のスクリーニング方法であって、
標的遺伝子の1又は2以上の異なる所定の塩基配列に対するアンチセンス部位候補をそれぞれ有する1又は2以上の請求項6~8のいずれかに記載のRNA干渉剤を準備する工程と、
前記1又は2以上のRNA干渉剤を前記標的遺伝子を保持する細胞に導入して前記細胞における前記標的遺伝子の発現状態を評価する工程と、
を備える、スクリーニング方法。
[請求項13]
RNA干渉剤のスクリーニング方法であって、
標的遺伝子の所定の塩基配列に対するアンチセンス部位を有するガイド鎖と、3’末端に1又は2以上のPAZドメイン低親和性ユニット候補を有するパッセンジャー鎖と、を有する1又は2以上のRNA干渉剤を準備する工程と、
前記1又は2以上のRNA干渉剤を前記標的遺伝子を保持する細胞に導入して前記細胞における変化を評価する工程と、
を備える、スクリーニング方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • GIFU UNIVERSITY
  • Inventor
  • KITADE YUKIO
  • NAKASHIMA REMI
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close