Top > Search of International Patents > CATALYST PRECURSOR AND METHOD FOR SYNTHESIZING ASYMMETRIC CHAIN COMPOUND

CATALYST PRECURSOR AND METHOD FOR SYNTHESIZING ASYMMETRIC CHAIN COMPOUND meetings

Foreign code F150008100
File No. S2013-0535-C0
Posted date Feb 5, 2015
Country WIPO
International application number 2014JP053096
International publication number WO 2014126068
Date of international filing Feb 10, 2014
Date of international publication Aug 21, 2014
Priority data
  • P2013-028947 (Feb 18, 2013) JP
Title CATALYST PRECURSOR AND METHOD FOR SYNTHESIZING ASYMMETRIC CHAIN COMPOUND meetings
Abstract The present invention provides a catalyst precursor which contains ruthenium that has a first ligand, which is a chiral cyclic diene ligand, and a second ligand.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
キラルな環状ジエン配位子である第1の配位子と第2の配位子とを有するルテニウムを含む触媒前駆体。
[請求項2]
前記ルテニウムは、0価ルテニウムまたは2価ルテニウムである請求項1に記載の触媒前駆体。
[請求項3]
前記キラルな環状ジエン配位子は、6~8員環の単環、または、前記単環に架橋部を有するビシクロ環を含む請求項1または請求項2に記載の触媒前駆体。
[請求項4]
下記一般式(1)で表される化合物、下記一般式(2)で表される化合物、下記一般式(3)で表される化合物、下記一般式(4)で表される化合物、下記一般式(5)で表される化合物、および下記一般式(6)で表される化合物からなる群より選択される少なくとも1種である請求項1~請求項3のいずれか1項に記載の触媒前駆体。
[化1]
〔一般式(1)中、A1は、6電子配位子を表し、R1~R8は、各々独立に、水素原子、アルキル基、アルコキシ基、アリール基、またはアリールオキシ基を表す。n1は0または1を表し、n1が1のとき、X1は、酸素原子、連結基(i)、または単結合を表す。
一般式(2)中、A21はジエン配位子を表し、A22は-NCR配位子を表す(ただし、Rは、アルキル基、アリール基、またはアリールオキシ基を表す)。R21~R28は、各々独立に、水素原子、アルキル基、アルコキシ基、アリール基、またはアリールオキシ基を表す。n2は0または1を表し、n2が1のとき、X2は、酸素原子、連結基(i)、または単結合を表す。
一般式(3)中、A31~A34は、各々独立に、中性配位子またはアニオン性配位子を表し、A31とA32、およびA33とA34は、互いに連結して環を形成してもよい。R31~R38は、各々独立に、水素原子、アルキル基、アルコキシ基、アリール基、またはアリールオキシ基を表す。n3は0または1を表し、n3が1のとき、X3は、酸素原子、連結基(i)、または単結合を表す。
連結基(i)中、R11およびR12は、各々独立に、水素原子、アルキル基、アルコキシ基、アリール基、またはアリールオキシ基を表し、mは1以上の整数を表す。〕
[化2]
〔一般式(4)中、A41は、6電子配位子を表し、R41~R46は、各々独立に、水素原子、アルキル基、アルコキシ基、アリール基、またはアリールオキシ基を表す。n4は0または1を表し、n4が1のとき、X4は、酸素原子、連結基(i)、または単結合を表す。
一般式(5)中、A51はジエン配位子を表し、A52は-NCR配位子を表す(ただし、Rは、アルキル基、アリール基、またはアリールオキシ基を表す)。R51~R56は、各々独立に、水素原子、アルキル基、アルコキシ基、アリール基、またはアリールオキシ基を表す。n5は0または1を表し、n5が1のとき、X5は、酸素原子、連結基(i)、または単結合を表す。
一般式(6)中、A61~A64は、各々独立に、中性配位子またはアニオン性配位子を表し、A61とA62、およびA63とA64は、互いに連結して環を形成してもよい。R61~R66は、各々独立に、水素原子、アルキル基、アルコキシ基、アリール基、またはアリールオキシ基を表す。n6は0または1を表し、n6が1のとき、X6は、酸素原子、連結基(i)、または単結合を表す。〕
[請求項5]
下記一般式(1-11)で表される化合物、下記一般式(1-12)で表される化合物、下記一般式(2-11)で表される化合物、下記一般式(2-12)で表される化合物、下記一般式(2-21)で表される化合物、下記一般式(3-11)で表される化合物、下記一般式(4-11)で表される化合物、下記一般式(4-12)で表される化合物、下記一般式(5-11)で表される化合物、下記一般式(5-12)で表される化合物、下記一般式(6-11)で表される化合物、および下記一般式(6-12)で表される化合物からなる群より選択される少なくとも1種である請求項1~請求項4のいずれか1項に記載の触媒前駆体。
[化3]
〔一般式(1-11)および一般式(1-12)中、Rは、各々独立に、水素原子、アルキル基、またはアリール基を表す。
一般式(2-11)、一般式(2-12)、および一般式(2-21)中、Rは、各々独立に、水素原子、アルキル基、またはアリール基を表し、一般式(2-21)中、Rは、不斉炭素を有するアルキル基を表す。
一般式(3-11)中、Rは、水素原子、アルキル基、またはアリール基を表す。
一般式(4-11)および一般式(4-12)中、Rは、各々独立に、水素原子、アルキル基、またはアリール基を表す。
一般式(5-11)および一般式(5-12)中、Rは、各々独立に、水素原子、アルキル基、またはアリール基を表す。
一般式(6-11)および一般式(6-12)中、Rは、各々独立に、水素原子、アルキル基、またはアリール基を表す。〕
[請求項6]
キラルな環状ジエン配位子を有し6電子反応場を持つ0価ルテニウム種を触媒として、第1の共役アルケンと、非共役アルケンまたは第2の共役アルケンと、の不斉鎖状二量化を行う不斉鎖状化合物の合成方法。
[請求項7]
請求項1~請求項5のいずれか1項に記載の触媒前駆体を用いて、前記キラルな環状ジエン配位子を有し、6電子反応場を持つ0価ルテニウム種を発生させる請求項6に記載の不斉鎖状化合物の合成方法。
[請求項8]
前記第1の共役アルケンおよび前記第2の共役アルケンは、共役カルボニル化合物、共役イミン化合物、または共役ジエン化合物である請求項6または請求項7に記載の不斉鎖状化合物の合成方法。
[請求項9]
前記第1の共役アルケンおよび前記第2の共役アルケンは、下記構造式(I-1)~構造式(I-4)のいずれか1種で表される化合物である請求項6~請求項8のいずれか1項に記載の不斉鎖状化合物の合成方法。
[化4]
〔構造式(I-1)中、R1は、水素原子、アルコキシ基、アルキル基、または-N(R8)(R9)を表す。ただし、R8およびR9は、各々独立に、水素原子またはアルキル基を表す。R2およびR3は、各々独立に、水素原子またはメチル基を表す。
構造式(I-2)中、R4~R7は、各々独立に、水素原子またはアルキル基を表す。
構造式(I-3)中、R11~R16は、各々独立に、水素原子、アルキル基、またはアリール基を表す。
構造式(I-4)中、R17は、水素原子またはアルキル基を表し、Yは、酸素原子、イオウ原子または一置換窒素原子を表し、Zは、酸素原子、イオウ原子、一置換窒素原子、またはアルキレン基を表す。〕
[請求項10]
前記非共役アルケンは、下記構造式(II-1)~構造式(II-7)のいずれか1種で表される化合物である請求項6~請求項9のいずれか1項に記載の不斉鎖状化合物の合成方法。
[化5]
〔構造式(II-1)中、Ra、Rb、Rc、及びRdは、各々独立に、水素原子、アルキル基、またはアリール基を表す。
構造式(II-3)中、Yは、メチレン基、酸素原子、イオウ原子、または一置換窒素原子を表す。
構造式(II-5)~構造式(II-7)中、R21~R27は、各々独立に、水素原子、アルキル基、またはアリール基を表す。〕
[請求項11]
前記第1の共役アルケンおよび前記第2の共役アルケンは、前記構造式(I-1)または前記構造式(I-3)で表される化合物である請求項9に記載の不斉鎖状化合物の合成方法。
[請求項12]
前記非共役アルケンは、前記構造式(II-3)で表される化合物である請求項10に記載の不斉鎖状化合物の合成方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE AND TECHNOLOGY
  • Inventor
  • HIRANO MASAFUMI
  • KOMIYA SANSHIRO
  • KOMINE NOBUYUKI
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close