Top > Search of International Patents > NUCLEIC ACID COMPLEX AND NUCLEIC ACID-POLYSACCHARIDE COMPLEX

NUCLEIC ACID COMPLEX AND NUCLEIC ACID-POLYSACCHARIDE COMPLEX

Foreign code F150008142
File No. AF11-09WO
Posted date Mar 13, 2015
Country WIPO
International application number 2013JP066887
International publication number WO 2013191223
Date of international filing Jun 19, 2013
Date of international publication Dec 27, 2013
Priority data
  • P2012-139250 (Jun 20, 2012) JP
Title NUCLEIC ACID COMPLEX AND NUCLEIC ACID-POLYSACCHARIDE COMPLEX
Abstract As a means for solving the problem of providing a nucleic acid complex that rarely undergoes the decomposition at a DNA-RNA joining site therein even in vivo , a nucleic acid complex is provided, which is produced by linking 3'-position of a 3'-terminal deoxyribonucleotide residue in single-stranded DNA to 5'-position of a 5'-terminal ribonucleotide residue in one ribonucleotide strand in double-stranded RNA, wherein a hydroxyl group located at 2'-position of the 5'-terminal nucleotide in the ribonucleotide strand that is bound to the single-stranded DNA is substituted by an alkoxy group or a halogen group and/or a phosphoric diester group between 3'-position of the first ribonucleotide that is bound to the single-stranded DNA and 5'-position of a ribonucleotide adjacent to the first ribonucleotide is substituted by any one selected from a phosphorothioate group, a dithiophosphoric diester group and a trithiophosphoric diester group.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
一本鎖DNAの3’側末端のデオキシリボヌクレオチド残基の3’位と、二本鎖RNAの一方のリボヌクレオチド鎖の5’側末端のリボヌクレオチド残基の5’位が結合した核酸複合体であって、前記一本鎖DNAと結合した前記リボヌクレオチド鎖の5’側末端ヌクレオチドにおける2’位のヒドロキシル基がアルコキシ基またはハロゲン原子で置換されている核酸複合体。
[請求項2]
一本鎖DNAの3’側末端のデオキシリボヌクレオチド残基の3’位と、二本鎖RNAの一方のリボヌクレオチド鎖の5’側末端のリボヌクレオチド残基の5’位が結合した核酸複合体であって、前記一本鎖DNAと結合した最初のリボヌクレオチドの3’位と、それに隣接するリボヌクレオチドの5’位との間のリン酸ジエステル基がホスホロチオエート基、ジチオリン酸ジエステル基ジチオリン酸ジエステル基およびトリチオリン酸ジエステル基のいずれかで置換されている核酸複合体。
[請求項3]
前記一本鎖DNAのヌクレオチド数が10以上である請求項1または2に記載の核酸複合体。
[請求項4]
前記一本鎖DNAがポリデオキシアデニンである請求項1から3のいずれか1項に記載の核酸複合体。
[請求項5]
前記一本鎖DNAのリン酸ジエステル基のうち少なくとも一部がホスホロチオエート基、ジチオリン酸ジエステル基およびトリチオリン酸ジエステル基のいずれかで置換されている、請求項1から4のいずれか1項に記載の核酸複合体。
[請求項6]
前記一本鎖DNAのリン酸ジエステル基のうち少なくとも50%以上がホスホロチオエート基、ジチオリン酸ジエステル基およびトリチオリン酸ジエステル基のいずれかで置換されている請求項5に記載の核酸複合体。
[請求項7]
前記二本鎖RNAがsiRNAである請求項1から6のいずれか1項に記載の核酸複合体。
[請求項8]
前記siRNAが21mer型または27mer型である、請求項7に記載の核酸複合体。
[請求項9]
前記siRNAの標的遺伝子が、Dectin-1発現細胞において発現している遺伝子である請求項7または8に記載の核酸複合体。
[請求項10]
請求項1から9のいずれか1項に記載の核酸複合体1分子の一本鎖DNA部位と、β-1,3-グルカン骨格を有する多糖2分子とが、3重らせん構造を形成している核酸多糖複合体。
[請求項11]
前記β-1,3-グルカン骨格を有する多糖が、シゾフィランである請求項10に記載の核酸多糖複合体。
[請求項12]
請求項10または11に記載の核酸多糖複合体を含む医薬組成物。
[請求項13]
一本鎖DNAの3’側末端のデオキシリボヌクレオチド残基の3’位と、二本鎖RNAの一方のリボヌクレオチド鎖の5’側末端のリボヌクレオチド残基の5’位が結合した核酸複合体のRNA分解酵素に対する安定性を増大させる方法であって、前記一本鎖DNAと結合した前記リボヌクレオチド鎖の5’側末端ヌクレオチドにおける2’位のヒドロキシル基をアルコキシ基またはハロゲン原子で置換する核酸複合体の安定化方法。
[請求項14]
一本鎖DNAの3’側末端のデオキシリボヌクレオチド残基の3’位と、二本鎖RNAの一方のリボヌクレオチド鎖の5’側末端のリボヌクレオチド残基の5’位が結合した核酸複合体のRNA分解酵素に対する安定性を増大させる方法であって、前記一本鎖DNAと結合した最初のリボヌクレオチドの3’位と、それに隣接するリボヌクレオチドの5’位との間のリン酸ジエステル基をホスホロチオエート基、ジチオリン酸ジエステル基およびトリチオリン酸ジエステル基のいずれかで置換する核酸複合体の安定化方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • JAPAN SCIENCE AND TECHNOLOGY AGENCY
  • Inventor
  • SAKURAI KAZUO
  • MOCHIZUKI SHIN-ICHI
  • TANAKA MOTOKO
  • HIGUCHI SADAHARU
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG
Reference ( R and D project ) CREST Development of the Foundation for Nano-Interface Technology AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close