Top > Search of International Patents > CARBON NANOMATERIAL, COMPOSITION, CONDUCTIVE MATERIAL, AND MANUFACTURING METHOD THEREFOR

CARBON NANOMATERIAL, COMPOSITION, CONDUCTIVE MATERIAL, AND MANUFACTURING METHOD THEREFOR

Foreign code F150008148
File No. E114P01WO
Posted date Mar 17, 2015
Country WIPO
International application number 2013JP071689
International publication number WO 2014030556
Date of international filing Aug 9, 2013
Date of international publication Feb 27, 2014
Priority data
  • P2012-184492 (Aug 23, 2012) JP
Title CARBON NANOMATERIAL, COMPOSITION, CONDUCTIVE MATERIAL, AND MANUFACTURING METHOD THEREFOR
Abstract The present invention provides a composition, conductive material and manufacturing method for a composition which has good biocompatibility, which is able to be used for a long period of time inside a body, which has excellent conformability to, for example, the shape of wrinkles in organs, and which forms a good interface between, for example, organs. In the composition of the present invention, a carbon nanomaterial coated with molecules constituting a hydrophilic ionic liquid are dispersed in a water-soluble polymeric medium, and the carbon nanomaterial is double-coated with the molecules constituting the hydrophilic ionic liquid and a water-soluble polymer.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
親水性のイオン液体を構成する分子と水溶性高分子とで二重に被覆されていることを特徴とするカーボンナノ材料。
[請求項2]
親水性のイオン液体を構成する分子に覆われたカーボンナノ材料が水溶性高分子媒体中に分散されてなり、前記カーボンナノ材料は前記イオン液体を構成する分子と水溶性高分子とで二重に被覆されていることを特徴とする組成物。
[請求項3]
前記カーボンナノ材料は前記イオン液体を構成する分子の単分子膜で被覆されていることを特徴とする請求項2に記載の組成物。
[請求項4]
前記水溶性高分子が架橋されてなることを特徴とする請求項2又は3のいずれかに記載の組成物。
[請求項5]
ゲル状、又は、液状であることを特徴とする請求項2~4のいずれか一項に記載の組成物。
[請求項6]
前記カーボンナノ材料がカーボンナノチューブであることを特徴とする請求項2~5のいずれか一項に記載の組成物。
[請求項7]
請求項2~6のいずれか一項に記載の組成物からなることを特徴とする生体適合性組成物。
[請求項8]
親水性のイオン液体を構成する分子と水溶性高分子とで二重に被覆されたカーボンナノ材料が水溶性高分子媒体中に分散され、前記水溶性高分子が架橋されてなることを特徴とする導電性材料。
[請求項9]
親水性のイオン液体を構成する分子と水溶性高分子とで二重に被覆されたカーボンナノ材料が水溶性高分子媒体中に分散され、前記水溶性高分子が架橋されてなることを特徴とする生体適合性導電性材料。
[請求項10]
親水性のイオン液体とカーボンナノ材料と水とを混合して、前記イオン液体を構成する分子に覆われたカーボンナノ材料が分散する第1の分散系を得る第1の工程と、
前記第1の分散系と水溶性高分子と水とを混合して、イオン液体を構成する分子に覆われたカーボンナノ材料と水溶性高分子とが分散する第2の分散系を得る第2の工程と、を備えることを特徴とする導電性材料の製造方法。
[請求項11]
前記第1の工程において、カーボンナノ材料にせん断力を加えて細分化することを特徴とする請求項10に記載の導電性材料の製造方法。
[請求項12]
前記第2の工程の後に、水溶性高分子を架橋させて、カーボンナノ材料が水溶性高分子媒体中に分散され、前記水溶性高分子が架橋されてなる組成物を作製する工程をさらに備えることを特徴とする請求項10又は11のいずれかに記載の導電性材料の製造方法。
[請求項13]
前記カーボンナノ材料に結合していない前記イオン液体を構成する分子を除去するために濯ぎ工程をさらに備えることを特徴とする請求項10~12のいずれか一項に記載の導電性材料の製造方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • JAPAN SCIENCE AND TECHNOLOGY AGENCY
  • Inventor
  • SEKITANI TSUYOSHI
  • SOMEYA TAKAO
IPC(International Patent Classification)
Reference ( R and D project ) ERATO SOMEYA Bio-Harmonized Electronics AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close