Top > Search of International Patents > AUTOANTIBODY DETECTION METHOD, METHOD FOR TESTING POSSIBILITY OF AUTOIMMUNE DISEASE CONTRACTION, AUTOANTIBODY DETECTION REAGENT, AND AUTOIMMUNE DISEASE TEST REAGENT

AUTOANTIBODY DETECTION METHOD, METHOD FOR TESTING POSSIBILITY OF AUTOIMMUNE DISEASE CONTRACTION, AUTOANTIBODY DETECTION REAGENT, AND AUTOIMMUNE DISEASE TEST REAGENT meetings

Foreign code F150008189
Posted date Mar 23, 2015
Country WIPO
International application number 2014JP050796
International publication number WO 2015008498
Date of international filing Jan 17, 2014
Date of international publication Jan 22, 2015
Priority data
  • P2013-148833 (Jul 17, 2013) JP
Title AUTOANTIBODY DETECTION METHOD, METHOD FOR TESTING POSSIBILITY OF AUTOIMMUNE DISEASE CONTRACTION, AUTOANTIBODY DETECTION REAGENT, AND AUTOIMMUNE DISEASE TEST REAGENT meetings
Abstract An autoantibody detection method for detecting, with exceptional accuracy, an autoantibody causing an autoimmune disease is provided. An autoantibody detection method according to the present invention is characterized by the inclusion of a contact step for causing an antigen reagent including a denatured protein presented by a major histocompatibility complex (MHC) class II molecule and a sample to come into contact with each other and a detection step for detecting a complex of an autoantibody in the sample and the denatured protein in the antigen reagent. Further, using this detection method to detect a complex of the autoantibody and the denatured protein in a biological sample isolated from a subject makes it possible to test for the possibility of the contraction of an autoimmune disease by the subject on the basis of the detection results.
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
Diagnosis of autoimmune diseases, in general, based on the patient's symptoms or the like in addition to the direct determination, an autoimmune disease based on the detection of autoantibodies specific for the indirect determination is used. The self-detection of the antibody, typically, the purified antigen was immobilized on a carrier protein, the solid phase ELISA confirming the binding of the protein and the like are employed. However, by a doctor, a diagnosis of autoimmune disease based on symptoms even in the case where, in patients of all of them, can be detected by the ELISA method are no autoantibodies. Therefore, only by the detection of autoantibodies by ELISA method in which a battery is false negative, the diagnosis of autoimmune disease, in combination with other determination method is required. Thus, excellent in reliability for the diagnosis of autoimmune diseases, autoantibodies can be detected with excellent accuracy the establishment of a method is demanded.
Scope of claims (In Japanese)請求の範囲 [請求項1]
MHCクラスII分子により提示された変性タンパク質を含む抗原試薬と、サンプルとを接触させる接触工程、および、
前記サンプルにおける自己抗体と前記抗原試薬における前記変性タンパク質との複合体を検出する検出工程を含むことを特徴とする、自己抗体の検出方法。

[請求項2]
前記変性タンパク質が、正常フォールドタンパク質のフォールディングが変性したミスフォールドタンパク質である、請求項1記載の検出方法。

[請求項3]
前記変性タンパク質が、MHCクラスII分子の発現系細胞に正常フォールドタンパク質のコード遺伝子を導入することで得られる、MHCクラスII分子により提示された変性タンパク質である、請求項1または2記載の検出方法。

[請求項4]
前記変性タンパク質が、自己免疫疾患に関与する正常フォールドタンパク質が変性したタンパク質である、請求項1から3のいずれか一項に記載の検出方法。

[請求項5]
前記変性タンパク質が、IgG重鎖、サイログロブリン、β2グリコプロテインIおよび甲状腺刺激ホルモン受容体からなる群から選択された少なくとも一つが変性したタンパク質である、請求項1から4のいずれか一項に記載の検出方法。

[請求項6]
前記MHCクラスII分子が、HLA-DR、HLA-DPおよびHLA-DQからなる群から選択された少なくとも一つである、請求項1から5のいずれか一項に記載の検出方法。

[請求項7]
前記MHCクラスII分子が、HLA-DR1、HLA-DR2、HLA-DR3、HLA-DR4、HLA-DR5、HLA-DR6、HLA-DR7、HLA-DR8、HLA-DR13、HLA-DR14、HLA-DR15、HLA-DQ3、HLA-DQ6、HLA-DQ8、HLA-DP4およびHLA-DP5からなる群から選択された少なくとも一つである、請求項1から6のいずれか一項に記載の検出方法。

[請求項8]
前記MHCクラスII分子と前記変性タンパク質との組合せが、下記(1)から(4)からなる群から選択された少なくとも一つである、請求項1から7のいずれか一項に記載の検出方法。
(1)前記MHCクラスII分子が、HLA-DRを含み、前記変性タンパク質が、IgG重鎖の変性タンパク質である
(2)前記MHCクラスII分子が、HLA-DRを含み、前記変性タンパク質が、サイログロブリンの変性タンパク質である
(3)前記MHCクラスII分子が、HLA-DRを含み、前記変性タンパク質が、β2グリコプロテインIの変性タンパク質である
(4)前記MHCクラスII分子が、HLA-DPを含み、前記変性タンパク質が、甲状腺刺激ホルモン受容体の変性タンパク質である

[請求項9]
サンプルが、被検体から単離した生体試料であり、
請求項1から8のいずれか一項に記載の自己抗体の検出方法によって、前記サンプルにおける自己抗体とMHCクラスII分子により提示された変性タンパク質との複合体を検出する検出工程、および、
前記検出工程における前記複合体の検出結果から、自己免疫疾患の罹患の可能性を試験する試験工程を含むことを特徴とする、自己免疫疾患の罹患の可能性を試験する方法。

[請求項10]
前記検出工程が、前記複合体の形成量を測定する測定工程である、請求項9記載の試験方法。

[請求項11]
前記試験工程において、前記測定工程で測定した前記複合体形成量の測定値と基準値とを比較し、前記測定値が前記基準値よりも高い場合に、前記被験者は、前記自己免疫疾患の罹患可能性があるとし、
前記基準値が、健常者から単離した生体試料における前記複合体の形成量である、請求項10記載の試験方法。

[請求項12]
請求項1から8のいずれか一項に記載の自己抗体の検出方法に用いる自己抗体の検出試薬であって、
MHCクラスII分子により提示された変性タンパク質を含むことを特徴とする、自己抗体の検出試薬。

[請求項13]
請求項12記載の検出試薬の製造方法であり、
MHCクラスII分子の発現系細胞に、正常フォールドタンパク質をコードする遺伝子を導入することで、前記正常フォールドタンパク質が変性した前記変性タンパク質が提示されたMHCクラスII分子を調製する調製工程を含むことを特徴とする、検出試薬の製造方法。

[請求項14]
サンプルが、自己免疫疾患の被検体から単離した生体試料であり、
請求項1から8のいずれか一項に記載の自己抗体の検出方法によって、前記サンプルにおける自己抗体とMHCクラスII分子により提示された変性タンパク質との複合体を検出する検出工程、および、
前記自己抗体との前記複合体を形成した前記変性タンパク質を、前記自己免疫疾患に関連する自己抗体に対する抗原タンパク質と判断する判断工程を含むことを特徴とする、自己免疫疾患に関連する自己抗体に対する抗原タンパク質のスクリーニング方法。

  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • OSAKA UNIVERSITY
  • Inventor
  • ARASE Hisashi
  • TANIMURA Kenji
  • JIN Hui
  • ARASE Noriko
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close