Top > Search of International Patents > RADIATION/CHEMOTHERAPY SENSITIZER TO BE USED FOR INTRATUMORAL LOCAL INJECTION AND FOR CONTROLLED RELEASE OF HYDROGEN PEROXIDE WITH HYDROGEL AS CARRIER

RADIATION/CHEMOTHERAPY SENSITIZER TO BE USED FOR INTRATUMORAL LOCAL INJECTION AND FOR CONTROLLED RELEASE OF HYDROGEN PEROXIDE WITH HYDROGEL AS CARRIER

Foreign code F150008203
Posted date Mar 25, 2015
Country WIPO
International application number 2014JP053542
International publication number WO 2014126222
Date of international filing Feb 14, 2014
Date of international publication Aug 21, 2014
Priority data
  • P2013-028413 (Feb 15, 2013) JP
Title RADIATION/CHEMOTHERAPY SENSITIZER TO BE USED FOR INTRATUMORAL LOCAL INJECTION AND FOR CONTROLLED RELEASE OF HYDROGEN PEROXIDE WITH HYDROGEL AS CARRIER
Abstract Provided is a radiation sensitizer or anti-cancer chemotherapy sensitizer which prevents the decomposition of hydrogen peroxide for a longer period of time, and maintains the effect thereof. This radiation sensitizer or anti-cancer chemotherapy sensitizer is characterized by using hydrogen peroxide together with a hydrogel containing a crosslinked gelatin gel.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
放射線または抗がん剤による腫瘍の治療効果を高めるための、
(a)過酸化水素、及び
(b)架橋ゼラチンゲルを含むハイドロゲル
を組み合わせてなる増感剤であって、前記増感剤が腫瘍患部に局所投与されるものである、増感剤。
[請求項2]
腫瘍が、放射線または抗がん剤による治療に対して抵抗性を示すものである、請求項1に記載の増感剤。
[請求項3]
前記増感剤の第一回目の投与が、第一回目の放射線照射または抗がん剤投与開始日の3日前から放射線照射または抗がん剤投与開始までに行われることを特徴とする、請求項1または2に記載の増感剤。
[請求項4]
前記増感剤の第二回目の投与が、第一回目の前記増感剤の投与の5~14日後に行われることを特徴とする、請求項3に記載の増感剤。
[請求項5]
架橋ゼラチンゲルが、4.5~5.5の等電点を有するゼラチンから調製されるものであることを特徴とする、請求項1~4のいずれか一項に記載の増感剤。
[請求項6]
架橋ゼラチンゲルの含水率が、92~99.7%であることを特徴とする、請求項1~5のいずれか一項に記載の増感剤。
[請求項7]
最終製剤が、架橋ゼラチンゲルの乾燥重量に換算して、腫瘍体積200mm3当たり0.1~10mgの割合で投与されるものである、請求項1~6のいずれか一項に記載の増感剤。
[請求項8]
最終製剤中の過酸化水素の含有量が0.01~3.5重量%である、請求項1~7のいずれか一項に記載の増感剤。
[請求項9]
以下の工程を含む、腫瘍の治療方法:
(1)(a)過酸化水素、及び(b)架橋ゼラチンゲルを含むハイドロゲルを組み合わせてなる増感剤を、腫瘍患部に局所投与する工程、及び
(2)腫瘍患部に放射線を照射するか、または抗がん剤を腫瘍を患う患者に投与する工程。
[請求項10]
放射線または抗がん剤を使用した腫瘍の治療のための組成物であって、前記組成物が、
(a)過酸化水素、及び
(b)架橋ゼラチンゲルを含むハイドロゲル
を組み合わせてなり、前記組成物が腫瘍患部に局所投与されるものである、組成物。
[請求項11]
放射線または抗がん剤による腫瘍の治療効果を高める増感剤の製造のための、下記(a)及び(b)を組み合わせてなる、腫瘍患部に局所投与する組成物の使用:
(a)過酸化水素
(b)架橋ゼラチンゲルを含むハイドロゲル。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • KOCHI UNIVERSITY
  • Inventor
  • OGAWA YASUHIRO
  • TOKUHIRO SHIHO
  • ODA HIDEKI
  • YOKOTA NORIKAZU
  • AKIMA RYO
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close