Top > Search of International Patents > TAU AGGREGATION INHIBITOR

TAU AGGREGATION INHIBITOR

Foreign code F150008214
Posted date Mar 25, 2015
Country WIPO
International application number 2014JP001919
International publication number WO 2014162737
Date of international filing Apr 2, 2014
Date of international publication Oct 9, 2014
Priority data
  • P2013-076614 (Apr 2, 2013) JP
Title TAU AGGREGATION INHIBITOR
Abstract Provided is a tau aggregation inhibitor which can satisfactorily inhibit the aggregation of tau in a cell. The tau aggregation inhibitor contains either a 4-substituted catechol structure compound in which an electron-donating group (R) exclusive of hydrocarbon groups is attached to the 4-position of the catechol ring, or a salt thereof. The 4-substituted catechol structure compound is preferably 4-aminocatechol or 1,2,4-benzenetriol. The tauopathy against which the inhibitor is efficacious is AD, Down's syndrome, frontotemporal dementia, corticobasal degeneration (CBD), progressive supranuclear palsy (PSP), or the like.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
カテコール、
炭化水素基を除く、電子供与性の置換基Rを、カテコール環の4位に有する4位置換カテコール構造化合物、若しくは
電子供与性の置換基Rを、カテコール環の3位に有する3位置換カテコール構造化合物、
又はこれらの塩を含む、
タウオパチーの予防及び/又は治療に用いられるタウ凝集阻害剤。
[請求項2]
前記4位置換カテコール構造化合物は、アミノ基、水酸基、アルコキシ基又はチオール基の何れかからなる置換基Rを、カテコール環の4位に有するものである請求項1記載のタウ凝集阻害剤。
[請求項3]
前記4位置換カテコール構造化合物は、4-アミノカテコールである請求項2記載のタウ凝集阻害剤。
[請求項4]
前記4位置換カテコール構造化合物は、1,2,4-ベンゼントリオールである請求項2記載のタウ凝集阻害剤。
[請求項5]
前記4位置換カテコール構造化合物は、
4-(イソペンチルアミノ)カテコール、又は、
4-メトキシカテコールであることを特徴とする請求項2記載のタウ凝集阻害剤。
[請求項6]
前記4位置換カテコール構造化合物は、
4-(4-アミノブタノイルアミノ)カテコール、
4-(モルホリノカルボニルアミノ)カテコール、又は、
4-(ジイソペンチルアミノ)カテコール
であることを特徴とする請求項1記載のタウ凝集阻害剤。
[請求項7]
前記3位置換カテコール構造化合物は、アミノ基、水酸基、アルコキシ基又はチオール基の何れかからなる置換基Rを、カテコール環の3位に有するものである請求項1記載のタウ凝集阻害剤。
[請求項8]
前記3位置換カテコール構造含有化合物は、3-メトキシカテコールである請求項7記載のタウ凝集阻害剤。
[請求項9]
前記3位置換カテコール構造含有化合物は、ピロガロールである請求項7記載のタウ凝集阻害剤。
[請求項10]
前記3位置換カテコール構造含有化合物は、3-アミノカテコールである請求項7記載のタウ凝集阻害剤。
[請求項11]
2,3-ジヒドロキシベンズアルデヒド、4-tert-ブチルカテコール、3,4-ジヒドロベンジルアミン、4-クロロアセチルカテコール、1-(3,4-ジヒドロキシフェニル)-2-モルホリノエタノール、及び、4-クロロカテコールからなる群から選ばれたカテコール構造含有化合物又はその塩を含む、タウオパチーの予防及び/又は治療に用いられるタウ凝集阻害剤。
[請求項12]
前記タウオパチーは、AD、ダウン症、前頭側頭型認知症、皮質基底核変性症(CBD)、又は進行性核上性麻痺(PSP)である請求項1乃至11の何れか1項に記載のタウ凝集阻害剤。
[請求項13]
更に製薬上許容される等張化剤、緩衝剤、溶解補助剤、防腐剤、及びpH調整剤から選択される1又はそれ以上の添加剤を含有する請求項1乃至12の何れか1項に記載のタウ凝集阻害剤。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • THE DOSHISHA
  • NATIONAL CENTER FOR GERIATRICS AND GERONTOLOGY
  • Inventor
  • MIYASAKA TOMOHIRO
  • SUGIMOTO HACHIRO
  • TOKIZANE RIE
  • SHINZAKI YUKI
  • OE YOHEI
  • OTA TETSUO
  • TAKASHIMA AKIHIKO
  • SOEDA YOSHIYUKI
  • IHARA YASUO
  • INOUE YOSHIKAZU
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close