Top > Search of International Patents > LIGHT UP-CONVERSION LUMINESCENT SUBSTANCE

LIGHT UP-CONVERSION LUMINESCENT SUBSTANCE

Foreign code F150008241
Posted date Mar 27, 2015
Country WIPO
International application number 2014JP054546
International publication number WO 2014136619
Date of international filing Feb 25, 2014
Date of international publication Sep 12, 2014
Priority data
  • P2013-043145 (Mar 5, 2013) JP
Title LIGHT UP-CONVERSION LUMINESCENT SUBSTANCE
Abstract [Problem] To provide a novel light up-conversion organic luminescent substance having a high light up-conversion efficiency. [Solution] A light up-conversion luminescent substance which comprises a compound represented by general formula (1).
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
下記一般式(1)で表される化合物からなる、光アップコンバージョン発光体。
[化1]
[一般式(1)中、基Aは、置換基を有することがある縮合環数が3~5の多環芳香族化合物の2価の残基を示す。
基B1及び基B2は、それぞれ独立して、下記一般式(2a)または(2b)で表される3価の基を示す。
[化2]
[一般式(2a)及び(2b)中、基Zが基Aと結合しており、残りの2つの結合手がそれぞれ基X1及び基X2と結合しており、基Zは、単結合、または飽和もしくは不飽和であり、直鎖もしくは分岐鎖のアルキレン基を示す。Rn2は、0~3個の置換基であって、ベンゼン環上の水素原子と置換しており、それぞれ独立に、アルキル基、アルコキシ基、フェニル基、水酸基、またはアミノ基を示す。]
基X1及び基X2は、それぞれ独立して、エーテル結合、エステル結合、アミド結合及びスルフィド結合からなる群から選択された少なくとも一種の結合を有することがある炭素数2以上の直鎖または分岐鎖のアルキレン基を示す。]
[請求項2]
一般式(1)において、基Aが、下記一般式(A1)~(A23)で表される多環芳香族化合物残基のいずれかである、請求項1に記載の光アップコンバージョン発光体。
[化3]
[一般式(A1)~(A23)中、2価の結合手は、それぞれ芳香環上の水素原子と置換可能な任意の位置に存在する。Rn1は、0個以上の置換基であって、それぞれ芳香環に結合した水素原子と置換しており、それぞれ独立に、アルキル基、アルコキシ基、フェニル基、水酸基、またはアミノ基を示す。]
[請求項3]
一般式(1)において、基Aが、下記一般式(A1-1)、(A1-2)、(A2-1)、(A3-1)、(A4-1)、(A5-1)、(A5-2)、(A6-1)、(A9-1)、(A9-2)、(A9-3)、(A9-4)、(A14-1)、(A14-2)、(A14-3)、及び(A14-4)で表される多環芳香族化合物残基のいずれかである、請求項1または2に記載の光アップコンバージョン発光体。
[化4]
[一般式(A1-1)、(A1-2)、(A2-1)、(A3-1)、(A4-1)、(A5-1)、(A5-2)、(A6-1)、(A9-1)、(A9-2)、(A9-3)、(A9-4)、(A14-1)、(A14-2)、(A14-3)、及び(A14-4)中、Rn1は、上記の一般式(A1)~(A23)と同様である。]
[請求項4]
基B1及び基B2は、それぞれ独立して、下記一般式(3a-1)~(3a-4)で表される3価の基のいずれかである、請求項1~3のいずれかに記載の光アップコンバージョン発光体。
[化5]
[一般式(3a-1)~(3a-4)中、Rn2は、一般式(2a)と同様である。]
[請求項5]
一般式(1)において、基X1及び基X2は、それぞれ独立して、エーテル結合、エステル結合、アミド結合及びスルフィド結合からなる群から選択された少なくとも一種の結合を有することがある炭素数が5~10の直鎖のアルキレン基である、請求項1~4のいずれかに記載の光アップコンバージョン発光体。
[請求項6]
請求項1~5のいずれかに記載の光アップコンバージョン発光体と、光増感剤とを含む、光アップコンバージョン材料。
[請求項7]
溶媒、樹脂、またはガラスをさらに含む、請求項6に記載の光アップコンバージョン材料。
[請求項8]
請求項6または7に記載の光アップコンバージョン材料に光を照射することにより、前記照射した光よりも短波長の光を発光させる、光波長の変換方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • NATIONAL INSTITUTE OF ADVANCED INDUSTRIAL SCIENCE AND TECHNOLOGY
  • SHIZUOKA UNIVERSITY
  • Inventor
  • KAMADA KENJI
  • KOBAYASHI KENJI
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close