Top > Search of International Patents > HYDROGEN CARRIER AND HYDROGEN GENERATION METHOD

HYDROGEN CARRIER AND HYDROGEN GENERATION METHOD

Foreign code F150008278
Posted date Apr 3, 2015
Country WIPO
International application number 2014JP068045
International publication number WO 2015005280
Date of international filing Jul 7, 2014
Date of international publication Jan 15, 2015
Priority data
  • P2013-143986 (Jul 9, 2013) JP
Title HYDROGEN CARRIER AND HYDROGEN GENERATION METHOD
Abstract Provided is a hydrogen carrier with which stable storage and transport under a normal-pressure environment are possible, and which is easy to handle and has excellent reusability. Also provided is a method for generating hydrogen using the hydrogen carrier. The hydrogen carrier has a hydrogen storage part in the main chain or side chain of an organic polymer, this hydrogen storage part generates hydrogen molecules in the presence of a catalyst and becomes an oxidation-reduction active part, and the oxidation-reduction active part stores hydrogen as a result of reduction and contact with a proton source to become a hydrogen storage part. The method for generating hydrogen comprises a first step for preparing the hydrogen carrier, and a second step for generating hydrogen by causing the hydrogen carrier to contact the catalyst.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
水素貯蔵部を有機ポリマーの主鎖および/又は側鎖に含み、
該水素貯蔵部は、触媒存在下で水素分子を発生するとともに酸化還元活性部になり、
該酸化還元活性部は、還元と、プロトン源への接触とにより、水素を貯蔵して前記水素貯蔵部になる、水素担体。
[請求項2]
前記水素貯蔵部は、水素および炭素と単結合したヘテロ原子を少なくとも1個含み、前記酸化還元活性部は、前記水素貯蔵部の官能基の水素が脱離するとともに、前記ヘテロ原子と前記炭素原子との結合が単結合から二重結合になる、請求項1に記載の水素担体。
[請求項3]
前記ヘテロ原子は酸素である、請求項2に記載の水素担体。
[請求項4]
前記水素貯蔵部はヒドロキノイド構造を含む、請求項3に記載の水素担体。
[請求項5]
前記ヒドロキノイド構造は、ベンゾキノール、ナフトキノールおよびアントラキノールからなる群より選ばれる少なくとも1種の化合物から誘導される、請求項4に記載の水素担体。
[請求項6]
前記水素貯蔵部はフルオレノールから誘導される官能基を含む、請求項3に記載の水素担体。
[請求項7]
前記有機ポリマーは、ポリビニルアルコール又は変性ポリビニルアルコールの誘導体である、請求項3に記載の水素担体。
[請求項8]
前記有機ポリマーは、エチレン、スチレン、ノルボルネン、アリルアミン、メタクリル酸およびアクリル酸のうち少なくとも1種の化合物に由来する官能基と、フェニレンメチレン、フェニレンエーテルおよびフェニレンエステルのうち少なくとも1種の官能基とからなる群から選択される、少なくとも1種の官能基を繰り返し単位に含む、請求項1~6いずれか1項に記載の水素担体。
[請求項9]
前記触媒は、鉄、銅、バナジウム、コバルト、オスミウム、ロジウム、マンガン、ニッケル、イリジウム、白金およびパラジウムからなる群から選択される少なくとも1種類の元素を中心金属とする金属錯体である、請求項1~8いずれか1項に記載の水素担体。
[請求項10]
前記金属錯体の配位子は、ジアミン、o-フェニレンジアミン、m-フェニレンジアミン、p-フェニレンジアミン、ヒドロキシピリジン、ビスヒドロキシピリジン、アセチルアセトン、ポルフィリン、シッフ塩基、トリフェニルホスフィン、シクロペンタジエンおよびペンタメチルシクロペンタジエンからなる群から選択される少なくとも1種類の化合物を含む、請求項9に記載の水素担体。
[請求項11]
前記プロトン源は水を含む、請求項1~10いずれか1項に記載の水素担体。
[請求項12]
前記有機ポリマーは成形可能である、請求項1~11いずれか1項に記載の水素担体。
[請求項13]
導電助剤を含む、請求項12に記載の水素担体。
[請求項14]
多孔質体である、請求項12又は13いずれか1項に記載の水素担体。
[請求項15]
請求項1~14いずれか1項に記載の水素担体を用意する第1の工程と、
該水素担体に前記触媒を接触させることにより水素を発生させる第2の工程とを含む、水素発生方法。
[請求項16]
第2の工程の後に、前記水素担体に水素を付加する第3の工程を含み、第2の工程と、第3の工程とを少なくとも1回繰り返し実施する、請求項15に記載の水素発生方法。
[請求項17]
前記第3の工程は、還元した後にプロトン源への接触をする工程か、前記還元とプロトン源への接触とを同時に実施する工程かである、請求項16に記載の水素発生方法。
[請求項18]
前記還元は前記水素担体を電気分解することにより実施される、請求項17に記載の水素発生方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • WASEDA UNIVERSITY
  • Inventor
  • NISHIDE HIROYUKI
  • OYAIZU KENICHI
  • SUGA TAKEO
  • YOSHIMASA KEISUKE
  • KATO RYO
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close