Top > Search of International Patents > COMPUTER SIMULATION SYSTEM

COMPUTER SIMULATION SYSTEM

Foreign code F150008280
Posted date Apr 3, 2015
Country WIPO
International application number 2014JP064452
International publication number WO 2014192927
Date of international filing May 30, 2014
Date of international publication Dec 4, 2014
Priority data
  • P2013-114692 (May 30, 2013) JP
Title COMPUTER SIMULATION SYSTEM
Abstract A computer simulation system provided with a biological model in which a function of an organism is expressed by a mathematical model, the computer simulation system for performing a computation using the biological model, wherein the biological model used as the biological model is provided with: an activation strength computation unit (3-3) for computing information indicating the activation strength of an activated GPR120 on the basis of information indicating the activity of the activated GPR120, which is activated in response to the type of a lipid ingested by the organism by bonding of the lipid thereto; and a consumed energy computation unit (1-7) for computing, on the basis of the activation strength information, an amount of consumed energy which leaves an adipose tissue of the organism and is consumed from among energy stored in the adipose tissue.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
コンピュータシミュレーションシステムであって、
生体の機能を表現する数理モデルである生体モデルに基づいて、生体の機能をシミュレーションする処理部を備え、
前記処理部は、
前記生体に摂取される脂質の量を示す情報及び前記脂質の種類を示す情報に基づいて、活性化GPR120の活性化強度を示す情報を演算する活性化強度演算と、
前記活性化強度を示す前記情報に基づき、前記生体の脂肪組織から出て行く消費エネルギー量を演算する消費エネルギー演算と、
を実行するように構成されているコンピュータシミュレーションシステム。
[請求項2]
前記脂質の種類を示す情報は、前記脂質に対するGPR120の親和性を示す情報を含む、
請求項1記載のコンピュータシミュレーションシステム。
[請求項3]
前記処理部は、
前記生体の年令情報に基づき、除脂肪質量情報を演算する除脂肪質量演算を更に実行するように構成され
前記消費エネルギーは、前記活性化強度を示す前記情報及び前記除脂肪質量情報に基づき、演算される、
請求項1又は2記載のコンピュータシミュレーションシステム。
[請求項4]
前記処理部は、
前記除脂肪質量情報、脂肪組織に蓄積された脂肪質量情報及び異所性脂肪質量情報に基づき、前記生体の体重情報を演算する体重演算を更に実行するように構成され、
前記消費エネルギーは、前記活性化強度を示す前記情報、前記除脂肪質量情報及び前記体重情報に基づき、演算される、
請求項3記載のコンピュータシミュレーションシステム。
[請求項5]
コンピュータを、生体の機能を表現する数理モデルである生体モデルに基づいて、生体の機能をシミュレーションする処理部として機能させるコンピュータプログラムであって、
前記処理部は、
前記生体に摂取される脂質の量を示す情報及び前記脂質の種類を示す情報に基づいて、活性化GPR120の活性化強度を示す情報を演算する活性化強度演算と、
前記活性化強度を示す前記情報に基づき、前記生体の脂肪組織から出て行く消費エネルギー量を演算する消費エネルギー演算と、を実行するように構成されている、
コンピュータプログラム。
[請求項6]
生体の機能を表現する数理モデルである生体モデルのコンピュータシミュレーション方法であって、
前記生体に摂取される脂質の量を示す情報及び前記脂質の種類を示す情報に基づいて、活性化GPR120の活性化強度を示す情報を演算し、
前記活性化強度を示す前記情報に基づき、前記生体の脂肪組織から出て行く消費エネルギー量を演算する、
ことを含むコンピュータシミュレーション方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • KYOTO UNIVERSITY
  • SAITAMA MEDICAL UNIVERSITY
  • Inventor
  • HIRASAWA AKIRA
  • AWAJI TAKEO
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close