Top > Search of International Patents > NITROGENATED AROMATIC RING N-OXIDE-BORANE COMPLEX

NITROGENATED AROMATIC RING N-OXIDE-BORANE COMPLEX

Foreign code F150008302
File No. S2013-0584-C0
Posted date Apr 10, 2015
Country WIPO
International application number 2014JP051137
International publication number WO 2014132704
Date of international filing Jan 21, 2014
Date of international publication Sep 4, 2014
Priority data
  • P2013-035557 (Feb 26, 2013) JP
Title NITROGENATED AROMATIC RING N-OXIDE-BORANE COMPLEX
Abstract A compound represented by formula (I) [wherein R1 represents an alkyl group having a fluorine atom, or an aryl group having a fluorine atom on the ring thereof; and the ring A represents a monocyclic aromatic ring containing 1 to 3 ring-constituting nitrogen atoms or a polycyclic aromatic ring containing the aforementioned aromatic ring as a partial structure thereof], which has high luminous efficiency in a solution state as well as a solid state and is chemically stable.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
以下の一般式(I):
[化1]
〔式中、R1は少なくとも1個のフッ素原子を有するアルキル基、又は少なくとも1個のフッ素原子を環上に有するアリール基を示し、環Aは1ないし3個の環構成窒素原子を含む単環式芳香環(該単環式芳香環は1又は2個以上の置換基を有していてもよく、2個以上の隣接する置換基は互いに結合して環を形成していてもよい)を示すか、又は環Aは1ないし3個の環構成窒素原子を含む単環式芳香環(該環構成窒素原子のうちの1つがN-オキシドを形成する)を部分構造として含む多環式芳香環(該多環式芳香環は該単環式芳香環以外の環に1個以上の環構成ヘテロ原子を含んでいてもよく、環上には1個又は2個以上の置換基を有していてもよく、2個以上の隣接する置換基は互いに結合して環を形成していてもよい)を示す〕で表される化合物。
[請求項2]
R1がパーフルオロアルキル基又はパーフルオロアリール基(ただし環上のフッ素原子のうちの少なくとも1個はパーフルオロアルキル基で置換されていてもよい)である請求項1に記載の化合物。
[請求項3]
R1がトリフルオロメチル基、ペンタフルオロフェニル基、又はテトラフルオロ(トリフルオロメチル)フェニル基である請求項1に記載の化合物。
[請求項4]
環Aが1個又は2個の環構成窒素原子を含む5又は6員の芳香環(該芳香環は1個又は2個以上の置換基を有していてもよく、2個以上の隣接する置換基は互いに結合して環を形成していてもよい)である請求項1ないし3のいずれか1項に記載の化合物。
[請求項5]
環Aがピリジン環、ピリミジン環、ピリダジン環、ピラジン環、ピロール環、又はイミダゾール環(該ピリジン環、ピリミジン環、ピリダジン環、ピロール環、又はイミダゾール環は1個又は2個以上の置換基を有していてもよく、2個以上の隣接する置換基は互いに結合して環を形成していてもよい)である請求項4に記載の化合物。
[請求項6]
環AがN-オキシドを形成する1個又は2個の環構成窒素原子を含む5又は6員の芳香環を部分構造として含む2環式、3環式、又は4環式芳香環(該縮合環は1個又は2個以上の置換基を有していてもよく、2個以上の隣接する置換基は互いに結合して環を形成していてもよく、上記部分構造の芳香環以外の環に1個以上の環構成ヘテロ原子を含んでいてもよい)である請求項1ないし3のいずれか1項に記載の化合物。
[請求項7]
環Aがキノリン環、イソキノリン環、ナフチリジン環、フタラジン環、キノキサリン環、キナゾリン環、シンノリン環、プテリジン環、カルボリン環、フェナントリジン環、アクリジン環、又はフェナントロリン環(該環は1個又は2個以上の置換基を有していてもよく、2個以上の隣接する置換基は互いに結合して環を形成していてもよい)である請求項6に記載の化合物。
[請求項8]
請求項1ないし7のいずれか1項に記載の化合物を含む蛍光剤。
[請求項9]
請求項1ないし7のいずれか1項に記載の化合物を含む蛍光剤としての使用。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • UNIVERSITY OF TOKYO
  • Inventor
  • KUNINOBU YOICHIRO
  • KANAI MOTOMU
  • NISHIDA TOMOAKI
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close