Top > Search of International Patents > BIOLOGICAL IMPLANT AND METHOD FOR PRODUCING SAME

BIOLOGICAL IMPLANT AND METHOD FOR PRODUCING SAME

Foreign code F150008321
File No. S2014-1475-N0
Posted date Apr 16, 2015
Country WIPO
International application number 2014JP053778
International publication number WO 2014136567
Date of international filing Feb 18, 2014
Date of international publication Sep 12, 2014
Priority data
  • P2013-045704 (Mar 7, 2013) JP
Title BIOLOGICAL IMPLANT AND METHOD FOR PRODUCING SAME
Abstract A base of this biological implant, said base being formed of titanium metal or a titanium alloy, is subjected to an alkali treatment and an ammonia treatment, so that the surface of the base is provided with a modified layer that has a network structure. The modified layer is characterized in that at least the surface thereof contains an anatase titanium oxide phase but does not substantially contain an amorphous phase of an alkali titanate.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
チタン金属又はチタン合金からなる基体を有する、生体インプラントであって、
アルカリ処理およびアンモニア処理によって、前記基体の表面は、網目構造が形成された改質層を備え、
前記改質層は、少なくともその表面に、アナターゼ型酸化チタン相を含有し、アルカリチタン酸塩の非晶質相を実質的に含有しないこと、
を特徴とする、生体インプラント。
[請求項2]
前記アルカリ処理が、前記基体を、アルカリ金属イオンおよび/またはアルカリ土類金属イオンを含有するアルカリ水溶液に接触させる処理である、請求項1に記載の生体インプラント。
[請求項3]
前記アンモニア処理が、前記アルカリ処理後、前記基体を、アンモニウムイオンを含有するアンモニア水溶液に接触させる処理である、請求項1または2に記載の生体インプラント。
[請求項4]
前記アンモニア処理が、前記アルカリ処理後、前記基体をアンモニア雰囲気中で加熱する処理である、請求項1または2に記載の生体インプラント。
[請求項5]
チタン金属又はチタン合金よりなる基体と、
前記基体に対し、アルカリ金属イオンおよび/またはアルカリ土類金属イオンを含有するアルカリ水溶液に接触させるアルカリ処理、及び、アンモニウムイオンを含有するアンモニア水溶液に接触させるアンモニア処理によって、前記基体の表面に形成された、抗菌性かつ骨親和性の特性を有する改質層と、を備え、
前記改質層は、網目構造を有し、アナターゼ型酸化チタン相を含有すること、
を特徴とする、生体インプラント。
[請求項6]
前記改質層は、少なくともその表面に、アルカリチタン酸塩の非晶質相を実質的に含有しない、請求項5に記載の生体インプラント。
[請求項7]
前記改質層は、前記アンモニア処理後、加熱処理される、請求項1~6のいずれか1項に記載の生体インプラント。
[請求項8]
前記改質層は、ヒドロキシアパタイトが形成された、ヒドロキシアパタイト層またはヒドロキシアパタイト複合体層をさらに備える、請求項1~7のいずれか1項に記載の生体インプラント。
[請求項9]
チタン金属又はチタン合金よりなる基体を、アルカリ金属イオンおよび/またはアルカリ土類金属イオンを含有するアルカリ水溶液に接触させるアルカリ処理を行うステップと、
前記アルカリ処理後、前記基体にアンモニア処理を行うステップと、
を含むことを特徴とする、生体インプラントの製造方法。
[請求項10]
前記アンモニア処理が、前記アルカリ処理後、前記基体を、アンモニウムイオンを含有するアンモニア水溶液に接触させる処理である、請求項9に記載の生体インプラントの製造方法。
[請求項11]
前記アンモニア処理後に、さらに前記基体を加熱処理するステップを含む、請求項10に記載の生体インプラントの製造方法。
[請求項12]
前記アンモニア処理が、前記アルカリ処理後、前記基体をアンモニア雰囲気中で加熱する処理である、請求項9に記載の生体インプラントの製造方法。
[請求項13]
前記アルカリ処理を行うステップは、前記アルカリ水溶液との接触後に前記基体を温水に接触させる温水処理を含む、請求項12に記載の生体インプラントの製造方法。
[請求項14]
さらに、擬似体液中でヒドロキシアパタイト層またはヒドロキシアパタイト複合体層を形成させるステップを含む、請求項9~13のいずれか1項に記載の生体インプラントの製造方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • TOHOKU UNIVERSITY
  • Inventor
  • KAWASHITA MASAKAZU
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG
Please contact us by facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close