Top > Search of International Patents > ELECTRIC ARTIFICIAL LARYNX DEVICE

ELECTRIC ARTIFICIAL LARYNX DEVICE

Foreign code F150008331
Posted date Apr 22, 2015
Country WIPO
International application number 2014JP069274
International publication number WO 2015019835
Date of international filing Jul 22, 2014
Date of international publication Feb 12, 2015
Priority data
  • P2013-165087 (Aug 8, 2013) JP
Title ELECTRIC ARTIFICIAL LARYNX DEVICE
Abstract Provided is an electric artificial larynx device that can smoothly output a sound source sound matching speech sounds uttered by a user. An electric artificial larynx device (1) is provided with: a sound collection unit (10) that collects speech sounds articulation processed and uttered by means of sound source sound that is input in the vocal tract of a user (P) and generates a speech signal; a signal processing unit (20) that generates a sound source signal corresponding to the speech signal generated by the sound collection unit (10); and a sound source signal reproduction unit (30) that reproduces the sound source signal generated by the signal processing unit (20) and outputs the sound source sound.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
使用者の声道に入力された音源音が調音処理されて発せられる発声音を集音して、発声信号を生成する集音部と、
前記集音部が生成する前記発声信号に対応した音源信号を生成する信号処理部と、
前記信号処理部が生成する前記音源信号を再生して前記声道に入力するための音源音を出力する音源信号再生部と、
を備えることを特徴とする電気式人工喉頭装置。
[請求項2]
前記信号処理部が、
前記集音部が生成する前記発声信号から、前記使用者の声道における調音処理の特徴を示す音声特徴量を抽出する音声特徴量抽出部と、
前記音声特徴量抽出部が抽出する前記音声特徴量に基づいて、前記使用者の声道における調音処理に対応した音源音の特徴を示す音源特徴量を推定する音源特徴量推定部と、
前記音源特徴量推定部が推定する前記音源特徴量を有する前記音源信号を生成する音源信号生成部と、
を備えることを特徴とする請求項1に記載の電気式人工喉頭装置。
[請求項3]
前記信号処理部が、前記音声特徴量と前記音源特徴量との対応関係を示す統計モデルを記録しているデータベースを、さらに備え、
前記音源特徴量推定部が、前記データベースが記録している前記統計モデルに基づいて、前記音源特徴量を推定することを特徴とする請求項2に記載の電気式人工喉頭装置。
[請求項4]
前記統計モデルは、ある言葉について喉頭異常者が発する第1発声音を集音して生成される第1発声信号から抽出される第1音声特徴量と、当該ある言葉について喉頭正常者が発する第2発声音を集音して生成される第2発声信号から抽出された第2音源特徴量と、を対応付けることで構築されたものであり、
前記第1発声音は、前記喉頭異常者の声道に入力された第1音源音が調音処理されて発せられるものであり、
前記第1音声特徴量は、前記喉頭異常者の声道における調音処理の特徴を示すものであり、
前記第2発声音は、前記喉頭正常者の声帯が出力する第2音源音が声道で調音処理されて発せられるものであり、
前記第2音源特徴量は、前記第2音源音の特徴を示すものであることを特徴とする請求項3に記載の電気式人工喉頭装置。
[請求項5]
前記統計モデルは、前記第1発声信号から抽出される前記第1音源音の特徴を示す第1音源特徴量が、前記第2音源特徴量の分布範囲内となることを特徴とする請求項4に記載の電気式人工喉頭装置。
[請求項6]
前記音源特徴量が、前記音源音の基本周波数を示すものであり、前記第2音源特徴量が、前記第2音源音の基本周波数を示すものであることを特徴とする請求項4または5に記載の電気式人工喉頭装置。
[請求項7]
前記統計モデルは、前記第1音声特徴量と、前記第2発声信号から抽出される第2音声特徴量と、の対応関係に基づいて、前記第1発声信号及び前記第2発声信号の時間方向におけるずれを補正した上で、前記第1音声特徴量と前記第2音源特徴量とを対応付けることで構築されたものであり、
前記第2音声特徴量は、前記喉頭正常者の声道における調音処理の特徴を示したものであることを特徴とする請求項4~6のいずれか1項に記載の電気式人工喉頭装置。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION NARA INSTITUTE OF SCIENCE AND TECHNOLOGY
  • Inventor
  • TODA TOMOKI
  • TANAKA KOU
  • NAKAMURA SATOSHI
  • SAKTI SAKRIANI
  • NEUBIG GRAHAM
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close