Top > Search of International Patents > FUSED GENE, VECTOR, TRANSGENIC PLANT, METHOD FOR MANUFACTURING VEGETABLE FAT OR OIL, METHOD FOR CONSTRUCTING TRANSGENIC PLANT, AND KIT FOR CONSTRUCTING TRANSGENIC PLANT

FUSED GENE, VECTOR, TRANSGENIC PLANT, METHOD FOR MANUFACTURING VEGETABLE FAT OR OIL, METHOD FOR CONSTRUCTING TRANSGENIC PLANT, AND KIT FOR CONSTRUCTING TRANSGENIC PLANT

Foreign code F150008332
Posted date Apr 22, 2015
Country WIPO
International application number 2014JP072296
International publication number WO 2015029997
Date of international filing Aug 26, 2014
Date of international publication Mar 5, 2015
Priority data
  • P2013-177774 (Aug 29, 2013) JP
Title FUSED GENE, VECTOR, TRANSGENIC PLANT, METHOD FOR MANUFACTURING VEGETABLE FAT OR OIL, METHOD FOR CONSTRUCTING TRANSGENIC PLANT, AND KIT FOR CONSTRUCTING TRANSGENIC PLANT
Abstract 1) A fused gene characterized by comprising a nucleic acid sequence that affects the biosynthesis or accumulation of a neutral lipid, and a phosphorus deficiency-responsive expression control sequence that is operably linked to the nucleic acid sequence and controls the expression of the nucleic acid sequence. 2) A transgenic plant characterized by containing the fused gene. 3) A method for manufacturing a vegetable fat or oil, characterized by comprising a cultivation step for cultivating the transgenic plant. 4) A method for manufacturing a vegetable fat or oil, characterized in that, in the cultivation step, the transgenic plant is cultivated under phosphorus-deficient conditions.
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
Is vegetable fats, margarine, shortening, dressing, edible hardened oils such as edible, fuel, lubricating oil or a surfactant such as a raw material for industrial applications in the world each year and 1 billion tons or more is used, such as Worldwide population growth and the demand thereof is further enhanced by being. On the other hand, in production amount around the palm oil and soybean also, about 2001 years to 2008 years from 1.5 times to extend in a increasingly, these are for example a production of the major arteries such as Malaysia and Indonesia and breeding or by use of the increase in the planting and, in particular in Europe due to an increase in bio-diesel applications including Grant policy effect seems to be larger. However, for example palm oil or coconut oil can be cultivated in a region where a part of the south-east Asia such as the limited, from the problem of deforestation and plant life diversity also ensured by the expansion of the planting ground cannot be expected, production of a plant per unit amount of the fat has been desired.
Receiving such a situation, the inventors of the present invention so far, plant cultivated in phosphorus starvation or phosphorus deficiency state using a plant has been developed a method for manufacturing a vegetable fats (Patent Document 1). In addition, suppressed the biosynthesis of starch mutant plant to grow and plants, a method for producing a vegetable fats also has been developed (patent document 2).
Scope of claims (In Japanese)請求の範囲 [請求項1]
 中性脂質の生合成又は蓄積に影響する核酸配列と、該核酸配列と作動可能に連結され該核酸配列の発現を制御するリン欠乏応答性発現制御配列と、を含むことを特徴とする融合遺伝子。

[請求項2]
 前記核酸配列が、中性脂質の生合成又は蓄積に影響するタンパク質をコードする核酸配列である請求項1に記載の融合遺伝子。

[請求項3]
 前記中性脂質の生合成又は蓄積に影響するタンパク質が、DGAT又はPDATである請求項2に記載の融合遺伝子。

[請求項4]
 前記制御配列がモノガラクトシルジアシルグリセロールシンターゼ遺伝子、ホスホリパーゼC遺伝子、ホスホリパーゼD遺伝子、ホスファチジン酸ホスホヒドロラーゼ遺伝子、スルホキノボシルジアシルグリセロールシンターゼ遺伝子、UDP-スルホキノボースシンターゼ遺伝子、SQDGシンターゼ遺伝子、及びUDP-グルコースピロホスホリラーゼ遺伝子からなる群より選ばれる遺伝子のプロモーターの配列である請求項1に記載の融合遺伝子。

[請求項5]
 前記中性脂質の生合成又は蓄積に影響するタンパク質が、以下の(a)~(d)のいずれかのアミノ酸配列からなるタンパク質である請求項2に記載の融合遺伝子。
(a)配列番号1~5のいずれか一つで表されるアミノ酸配列からなるタンパク質、
(b)配列番号1~5のいずれか一つで表されるアミノ酸配列において、1~数個のアミノ酸が欠失、置換、又は付加されているアミノ酸配列からなるタンパク質、
(c)配列番号1~5のいずれか一つで表されるアミノ酸配列に対して、90%以上の同一性を有し、且つアシルトランスフェラーゼ活性を有するアミノ酸配列からなるタンパク質、
(d)配列番号1~5のいずれか一つで表されるアミノ酸配列に対して、25%以上の同一性を有するアミノ酸配列からなり、且つMBOAT (膜結合型O‐アシルトランスフェラーゼ)ファミリーに属し、且つアシルトランスフェラーゼ活性を有するタンパク質

[請求項6]
 請求項1に記載の融合遺伝子を含むことを特徴とするベクター。

[請求項7]
 請求項1に記載の融合遺伝子を含有することを特徴とするトランスジェニック植物。

[請求項8]
 請求項6に記載のベクターが宿主に導入されてなることを特徴とするトランスジェニック植物。

[請求項9]
 糖代謝、デンプン生合成及び膜脂質代謝からなる群から選ばれる少なくとも一つの機能が低下または抑制された植物体である請求項7に記載のトランスジェニック植物。

[請求項10]
 請求項7に記載のトランスジェニック植物と、糖代謝、デンプン生合成及び膜脂質代謝からなる群から選ばれる少なくとも一つの機能が低下または抑制された植物体との交配により得られるトランスジェニック植物。

[請求項11]
 請求項7に記載のトランスジェニック植物を栽培する栽培工程を含むことを特徴とする植物油脂の製造方法。

[請求項12]
 前記栽培工程は、
 前記トランスジェニック植物を、リンが欠乏した状態で栽培する工程である請求項11に記載の植物油脂の製造方法。

[請求項13]
 前記リンが欠乏した状態での栽培が、組織が十分に生育した植物体を、リンが欠乏した媒体に移植する又は媒体をリンが欠乏した媒体に置換して栽培する、或いは栽培過程の媒体において生じるリンの欠乏状態を維持しながら栽培するものである請求項12に記載の植物油脂の製造方法。

[請求項14]
 前記栽培工程は、
 前記トランスジェニック植物を、リンが欠乏状態となった植物体として栽培する工程である請求項11に記載の植物油脂の製造方法。

[請求項15]
 前記リンが欠乏状態となった植物体が、リン酸輸送機能が低下または抑制された植物体である請求項14に記載の植物油脂の製造方法。

[請求項16]
 請求項6に記載のベクターを植物に導入する工程を含むことを特徴とするトランスジェニック植物の作出方法。

[請求項17]
 請求項6に記載のベクターを備えたことを特徴とする、トランスジェニック植物の作出用キット。

  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • TOKYO INSTITUTE OF TECHNOLOGY
  • Inventor
  • OHTA Hiroyuki
  • SHIMOJIMA Mie
  • MADOKA Yuka
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN ST TD TG
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close