Top > Search of International Patents > POLYMER NANOPARTICLE COMPOSITE AND COMPOSITION FOR MRI IMAGING INCLUDING SAME

POLYMER NANOPARTICLE COMPOSITE AND COMPOSITION FOR MRI IMAGING INCLUDING SAME

Foreign code F150008336
Posted date Apr 23, 2015
Country WIPO
International application number 2014JP072664
International publication number WO 2015025983
Date of international filing Aug 22, 2014
Date of international publication Feb 26, 2015
Priority data
  • P2013-173866 (Aug 23, 2013) JP
Title POLYMER NANOPARTICLE COMPOSITE AND COMPOSITION FOR MRI IMAGING INCLUDING SAME
Abstract The present invention provides a safe polymer nanoparticle composite with few side effects, and a MRI imaging agent incorporating said polymer nanoparticle composite. The polymer nanoparticle composite is capable of specifically accumulating on a tumor tissue to selectively extract the tissue, exhibiting high contrast even when used in small amounts, and enabling imaging over prolonged periods of time. This polymer nanoparticle composite is characterized by containing a block copolymer that includes a non-charged hydrophilic polymer chain segment and an anionic polymer chain segment, and MnCaP.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
非荷電性親水性のポリマー鎖セグメントとアニオン性のポリマー鎖セグメントとを含むブロックコポリマーと、MnCaPとを含んでなる、高分子ナノ粒子複合体。
[請求項2]
前記アニオン性のポリマー鎖セグメントが、側鎖にアニオン性基を有するポリペプチドである、請求項1記載の複合体。
[請求項3]
前記非荷電性親水性のポリマー鎖セグメントが、ポリエチレングリコール、ポリ(2-メチル-2-オキサゾリン)、ポリ(2-エチル-2-オキサゾリン)、ポリ(2-イソプロピル-2-オキサゾリン)、ポリアクリルアミド、ポリメタクリルアミド、ポリビニルアルコール、ポリアクリル酸ヒドロキシエチル及びポリ(メタクリル酸ヒドロキシエチル)からなる群より選ばれる親水性ポリマーに由来するものである、請求項1又は2記載の複合体。
[請求項4]
前記アニオン性のポリマー鎖セグメントが、ポリ(グルタミン酸)、ポリ(アスパラギン酸)、ポリ(アクリル酸)、ポリ(メタクリル酸)及びポリ(リンゴ酸)からなる群より選ばれるアニオン性ポリマーに由来するものである、請求項1~3のいずれか1項に記載の複合体。
[請求項5]
前記ブロックコポリマーの非荷電性親水性のポリマー鎖セグメントをシェル部分とし、アニオン性のポリマー鎖セグメントをコア部分として形成されたナノ粒子状粒子に、前記MnCaPが内包された形態のものである、請求項1~4のいずれか1項に記載の複合体。
[請求項6]
前記ブロックコポリマーが、下記一般式(1-a)又は(2-a)で示されるものである、請求項1~5のいずれか1項に記載の複合体。
〔式(1-a)及び(2-a)中、R1は水素原子又は未置換若しくは置換された直鎖若しくは分枝のC1-12アルキル基を表し、L1及びL2は連結基を表し、R2はそれぞれ独立してメチレン基又はエチレン基を表し、R3はそれぞれ独立して水素原子、アミノ基の保護基、疎水性基又は重合性基を表し、R4はヒドロキシル基又は開始剤残基を表し、R5はそれぞれ独立して水素原子又はアルカリ金属イオンを表し、mは5~20,000の整数であり、nは2~5,000の整数である。〕
[請求項7]
水性媒体中における動的光散乱法により測定した平均分散粒子径が30nm~150nmである、請求項1~6のいずれか1項に記載の複合体。
[請求項8]
低pH条件下において、高分子ナノ粒子複合体からMn2+イオンが放出されるものである、請求項1~7のいずれか1項に記載の複合体。
[請求項9]
請求項1~8のいずれか1項に記載の複合体を含むことを特徴とする、MRI造影用組成物。
[請求項10]
腫瘍の検出用のものである、請求項9記載の組成物。
[請求項11]
腫瘍が原発性腫瘍又は転移性腫瘍である、請求項10記載の組成物。
[請求項12]
腫瘍の悪性度の評価用のものである、請求項9~11のいずれか1項に記載の組成物。
[請求項13]
被験動物の体内に請求項1~8のいずれか1項に記載の複合体を投与することを特徴とする、MRI造影方法。
[請求項14]
腫瘍の検出に用いられる、請求項13記載の方法。
[請求項15]
腫瘍が原発性腫瘍又は転移性腫瘍である、請求項14記載の方法。
[請求項16]
腫瘍の悪性度の評価に用いられる、請求項13~15のいずれか1項に記載の方法。
[請求項17]
請求項1~8のいずれか1項に記載の複合体を含むことを特徴とする、MRI造影用キット。
[請求項18]
腫瘍の検出用のものである、請求項17記載のキット。
[請求項19]
腫瘍が原発性腫瘍又は転移性腫瘍である、請求項18記載のキット。
[請求項20]
腫瘍の悪性度の評価用のものである、請求項17~19のいずれか1項に記載のキット。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • UNIVERSITY OF TOKYO
  • NATIONAL INSTITUTE OF RADIOLOGICAL SCIENCES
  • Inventor
  • KATAOKA KAZUNORI
  • NISHIYAMA NOBUHIRO
  • CABRAL HORACIO
  • MI PENG
  • KISHIMURA AKIHIRO
  • MIURA YUTAKA
  • AOKI ICHIO
  • KOKURYO DAISUKE
  • SAGA TSUNEO
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close