Top > Search of International Patents > METHOD FOR PRODUCING LACTIDE-LACTONE COPOLYMER

METHOD FOR PRODUCING LACTIDE-LACTONE COPOLYMER

Foreign code F150008345
File No. 外0116
Posted date May 19, 2015
Country WIPO
International application number 2014JP057531
International publication number WO 2014167966
Date of international filing Mar 19, 2014
Date of international publication Oct 16, 2014
Priority data
  • P2013-084129 (Apr 12, 2013) JP
Title METHOD FOR PRODUCING LACTIDE-LACTONE COPOLYMER
Abstract A novel method for producing a lactide-lactone copolymer is provided. The method is characterized in copolymerizing lactide and lactone using a molybdenum compound as a catalyst.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
ラクチドとラクトンとを、モリブデン化合物を触媒として使用して、共重合させることを特徴とする、ラクチド-ラクトン共重合体の製造方法。
[請求項2]
前記ラクトンはε-カプロラクトンである請求項1に記載のラクチド-ラクトン共重合体の製造方法。
[請求項3]
前記モリブデン化合物は、モリブデンのキレート化合物、ポリオキソモリブデン塩、モリブデンのアルコキシド、モリブデンイオンと有機酸の塩類、又はモリブデンのカルボニル化合物から選択される請求項1又は2に記載のラクチド-ラクトン共重合体の製造方法。
[請求項4]
前記モリブデン化合物は六価モリブデンの錯体である請求項1又は2に記載のラクチド-ラクトン共重合体の製造方法。
[請求項5]
前記六価モリブデンの錯体は、ジオキソモリブデン(VI)錯体又はポリオキソモリブデン塩である請求項4に記載のラクチド-ラクトン共重合体の製造方法。
[請求項6]
前記ジオキソモリブデン(VI)錯体は、ジオキソモリブデン(VI)アセチルアセトナト錯体、ジオキソモリブデン(VI)サレン錯体、又はジオキソモリブデン(VI)サリチルアルデヒド錯体から選択される請求項5に記載のラクチド-ラクトン共重合体の製造方法。
[請求項7]
前記ジオキソモリブデン(VI)サレン錯体は、下記の一般式(1)で表されるオキソモリブデン(VI)サレン錯体であり、
[化1]
式中、
R1は、炭素数2~7の二価の脂肪族炭化水素基であり、
R2、R3、R4、R5、R6、R7、R8及びR9は、独立して、水素、炭素数が1~4のアルキル基、炭素数1~4のアルコキシ基、シリル基、アリール基、メトキシメチル基、-Cl、-Br、又は-Iである、請求項6に記載のラクチド-ラクトン共重合体の製造方法。
[請求項8]
前記R1は-(CH22-、-(CH23-、-CH2CH(CH3)-、-CH2-C(CH32-CH2-、-(CH24-、1,2-シクロヘキシル基、1,3-シクロヘキシル基、1,4-シクロヘキシル基、1,2-シクロペンチル基、又は1,2-シクロヘプチル基であり、R2、R4、R7、R9は水素又は-CH3であり、R5及びR6は水素、-CH3、-CH2CH3、-C(CH33、-OCH3、-Cl、-Br、又は-Iであり、R3及びR8は水素、-CH3、-CH2CH3、-C(CH33、-OCH3、-Cl、-Br、又は-Iである、項7に記載のラクチド-ラクトン共重合体の製造方法。
[請求項9]
前記ジオキソモリブデン(VI)サリチルアルデヒド錯体は、下記構造式(6)で表されるジオキソモリブデン(VI)サリチルアルデヒド錯体であり、
[化2]
式中、R1、R2、R3及びR4は独立して水素、-Cl、-Br、-I、-NO2、-OH、-COOH、炭素数が1~6の直鎖又は分岐鎖のアルキル基、O、NもしくはSから独立して選択されるヘテロ原子2個までを環構成員として有していてもよいアリール基、アリールオキシ基、アルコキシ基、アルカンスルホンアミド基、又はアミノ基から選択される請求項6に記載のラクチド-ラクトン共重合体の製造方法。
[請求項10]
前記R1、R2、R3及びR4はそれぞれ独立して水素、-Cl、-Br、-I、-OCH3、-OCH2CH3、-NO2、-OH、-COOH、-CH3、又は-CH2CH3である請求項9に記載のラクチド-ラクトン共重合体の製造方法。
[請求項11]
前記ポリオキソモリブデン塩は、[Mo3 O102- 、[Mo6 O204- 、[Mo7 O246- 、[Mo8 O264- 、及び[Mo10O348- からなる群より選ばれた陰イオンと、アンモニウムイオン、アルキルアンモニウムイオン及びアルカリ金属イオンからなる群より選ばれた陽イオンとの塩である請求項5に記載のラクチド-ラクトン共重合体の製造方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION KYOTO INSTITUTE OF TECHNOLOGY
  • Inventor
  • ABIKO ATSUSHI
  • MARUTA YASUMI
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close