Top > Search of International Patents > LIQUID-LIQUID EXTRACTING DEVICE AND LIQUID-LIQUID EXTRACTING METHOD

LIQUID-LIQUID EXTRACTING DEVICE AND LIQUID-LIQUID EXTRACTING METHOD

Foreign code F150008352
File No. S2013-0849-C0
Posted date Jun 12, 2015
Country WIPO
International application number 2014JP060425
International publication number WO 2014168213
Date of international filing Apr 10, 2014
Date of international publication Oct 16, 2014
Priority data
  • P2013-082573 (Apr 11, 2013) JP
Title LIQUID-LIQUID EXTRACTING DEVICE AND LIQUID-LIQUID EXTRACTING METHOD
Abstract [Problem] To provide a liquid-liquid extracting method and a liquid-liquid extracting device that has a simple structure that does not require a driving unit and can process a large volume of a solution for extraction. [Solution] A liquid-liquid extracting device that brings two liquids that are separated by an interface formed therebetween into contact and extracts a substance from one liquid into the other liquid, said liquid-liquid extracting device comprising an extracting unit (10) that has a plurality of extraction channels (10h) for passing two liquids (S, E), a liquid supplying unit (13) for supplying a liquid to the extracting unit (10), and a liquid discharging unit (14) for discharging the liquids (S, E) from the extracting unit (10). The extracting unit (10) is formed so that the cross-sectional area of the extraction channels (10h) changes in the direction of flow. Since the cross-sectional area of the extraction channels (10h) changes, the area of the interface between the two liquids flowing in the extraction channels (10h) can be changed, and a convective flow (CV) can be generated in each liquid. Thus, the extraction efficiency between the two liquid can be improved just by flowing the two liquids (S, E).
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
界面を形成して分離する2液体を接触させて、一の液体から他の液体に物質を抽出する液液抽出装置であって、
前記2液体を送通するための複数の抽出流路を有する抽出部と、該抽出部に液体を供給するための液体供給部と、該抽出部から液体を排出するための液体排出部と、を備えており、
前記抽出部は、
前記抽出流路の断面積が、流路方向に沿って変化するように形成されている
ことを特徴とする液液抽出装置。
[請求項2]
前記2液体は、
主流体と、該主流体の流量よりも流量が少ない従流体と、からなる
ことを特徴とする請求項1記載の液液抽出装置。
[請求項3]
前記抽出部は、
筒状の本体部と該本体部に収容した流路形成部材と、を備えており、
該流路形成部材は、
複数の粒状体から構成されており、
該複数の粒状体が、
表面に疎水性の機能を有する粒状の疎水部材および/または表面に親水性の機能を有する粒状の親水部材と、から構成されている
ことを特徴とする請求項1または2記載の液液抽出装置。
[請求項4]
前記2液体は、
前記主流体が疎水性液体、前記従流体が親水性液体であり、
前記複数の粒状体が、
表面に疎水性の機能を有する粒状の疎水部材から構成されている
ことを特徴とする請求項3記載の液液抽出装置。
[請求項5]
前記2液体は、
前記主流体が親水性液体、前記従流体が疎水性液体であり、
前記複数の粒状体が、
表面に親水性の機能を有する粒状の親水部材から構成されている
ことを特徴とする請求項3記載の液液抽出装置。
[請求項6]
前記抽出部は、
空隙率が、30%~70%となるように形成されている
ことを特徴とする請求項1、2、3、4または5記載の液液抽出装置。
[請求項7]
前記複数の粒状体は、
前記疎水部材を体積比において25%以上含有している
ことを特徴とする請求項3記載の液液抽出装置。
[請求項8]
界面を形成して分離する2液体を抽出流路内において接触させて、一の液体からなる連続液体相と他の液体からなる連続液体相を形成し、物質を一の液体から他の液体へ向流抽出または並流抽出させる液液抽出方法であって、
流路方向に沿って断面積が変化する前記抽出流路内に前記2液体を通液させる
ことを特徴とする液液抽出方法。
[請求項9]
前記抽出流路が、網目状に形成されている
ことを特徴とする請求項8記載の液液抽出方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • EHIME UNIVERSITY
  • FIRST INC.
  • Inventor
  • YAMASHITA HIROSHI
  • SONO YOICHI
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG
Shikoku TLO is introducing the seeds of 4 inside 20 university and a technical college. Please ask to the following about the detailed contents of seeds. I am waiting for an inquiry.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close