Top > Search of International Patents > COMPOSITION COMPRISING LIGHT-EMITTING COMPOUND EXHIBITING AFTERGLOW

COMPOSITION COMPRISING LIGHT-EMITTING COMPOUND EXHIBITING AFTERGLOW

Foreign code F150008362
Posted date Jun 29, 2015
Country WIPO
International application number 2013JP072567
International publication number WO 2014034563
Date of international filing Aug 23, 2013
Date of international publication Mar 6, 2014
Priority data
  • P2012-187632 (Aug 28, 2012) JP
Title COMPOSITION COMPRISING LIGHT-EMITTING COMPOUND EXHIBITING AFTERGLOW
Abstract Provided is a light-emitting composition comprising a light-emitting compound that exhibits afterglow and that is represented by formula (I). (In the formula, Xn represents 1-4 carboxyl groups, dihydroxyboryl groups, or the like, and Y1m represents 0-2 halogen atoms, methoxy groups, or phenyl groups.)
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
残光を示す発光性化合物であって、下記の一般式(I)
[化1]
〔式中、Xnは1~4個のカルボキシル基、カルボキシメチル基、ジヒドロキシボリル基、-COOR1で表される基(ここで、R1は炭化水素基を表す。)、又は-B(OR2)(OR3)で表される基(ここで、R2及びR3は同一又は異なって炭化水素基を表し、また、R2及びR3は酸素原子及びホウ素原子とともに環状基を形成してもよい。)を表し、Y1mは0~2個のハロゲン原子、メトキシ基、又はフェニル基を表す。〕
で表される化合物を含む発光性組成物。
[請求項2]
一般式(I)におけるXnが1~4個のカルボキシル基、カルボキシメチル基、メトキシカルボニル基、ジヒドロキシボリル基、1,3,2-ジオキサボロラン-2-イル基、又は1,3,2-ベンゾジオキサボロール-2-イル基を表すことを特徴とする請求項1に記載の発光性組成物。
[請求項3]
一般式(I)で表される化合物が、イソフタル酸、ベンゼン-1,2,4,5-テトラカルボン酸、2-(4-1,3,2-ジオキサボロラン-2-イル-フェニル)-1,3,2-ジオキサボロラン、又は2-(4-クロロフェニル)-1,3,2-ジオキサボロランであることを特徴とする請求項1に記載の発光性組成物。
[請求項4]
発光性化合物の平均発光寿命が、0.07~2.5秒であることを特徴とする請求項1乃至3のいずれか一項に記載の発光性組成物。
[請求項5]
請求項1乃至4のいずれか一項に記載の発光性組成物で生体物質を標識することを特徴とする生体物質の標識方法。
[請求項6]
請求項1乃至4のいずれか一項に記載の発光性組成物を含有するインクを用いて、基材に画像を印刷することを特徴とする発光印刷物の作製方法。
[請求項7]
画像がバーコードであることを特徴とする請求項6に記載の発光印刷物の作製方法。
[請求項8]
陽極、陰極、及びこれらの間に設けられた有機化合物層を有する有機エレクトロルミネッセンス素子であって、前記有機化合物層が請求項1乃至4のいずれか一項に記載の発光性組成物を含有することを特徴とする有機エレクトロルミネッセンス素子。
[請求項9]
請求項8に記載の有機エレクトロルミネッセンス素子を用いたディスプレイ。
[請求項10]
支持体、酸素透過層、及びこれらの間に設けられた発光層を有する酸素センサーであって、前記発光層が請求項1乃至4のいずれか一項に記載の発光性組成物を含有することを特徴とする酸素センサー。
[請求項11]
請求項10に記載の酸素センサーを試料と接触させる工程、前記酸素センサーに光を照射する工程、光の照射によって発光層から生じる燐光の発光寿命を測定する工程、及び発光寿命から試料中の酸素濃度を求める工程を含む酸素濃度の測定方法。
[請求項12]
導電性支持体上に形成され、増感色素を吸着させた金属酸化物半導体電極、その対極、及び酸化還元電解液を有する太陽電池であって、前記増感色素が請求項1乃至4のいずれか一項に記載の発光性組成物であることを特徴とする太陽電池。
[請求項13]
請求項1乃至4のいずれか一項に記載の発光性組成物に光を照射し、この発光組成物を発光させる方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • SAMSUNG DISPLAY CO., LTD.
  • TOKYO INSTITUTE OF TECHNOLOGY
  • Inventor
  • YUASA HIDEYA
  • OHTANI HIROYUKI
  • SHIMOYAMA ATSUSHI
  • KUNO SHINICHI
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close