Top > Search of International Patents > DRIVE DEVICE

DRIVE DEVICE

Foreign code F150008385
Posted date Jul 13, 2015
Country WIPO
International application number 2014JP074356
International publication number WO 2015041200
Date of international filing Sep 16, 2014
Date of international publication Mar 26, 2015
Priority data
  • P2013-195528 (Sep 20, 2013) JP
Title DRIVE DEVICE
Abstract A drive device comprises a rotor having a helical projection part, a stator having a helical groove part, and an output part for driving by movement of the rotor, and has a configuration in which the helical rotor and stator are combined together. The rotor is composed of one or more rotor units having a length in the axial direction of the rotor that is less than the length of a circulation track, the rotor unit allows movement of the rotor on the circulation track by the advancement action of the rotor unit in the axial direction during helical movement with respect to the rotor, the helical portions of the rotor and the stator are caused to face each other, and the torque density of the drive torque is increased by using the magnetic force therebetween.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
回転子軸と、当該回転子軸の外周に径方向に設けたらせん状の突出部とを備え、当該回転子軸の回転に伴って循環軌道上を移動する回転子と、
前記回転子が備えるらせん状の突出部のピッチと同ピッチのらせん状の溝部を前記循環軌道に沿って配置した固定子と、
当該回転子と当接し、当該回転子の回転子軸方向の移動に伴って前記循環軌道に沿って駆動する出力部とを備え、
前記回転子は、回転子軸方向の長さが前記循環軌道の長さよりも短い一つ又は複数の回転子ユニットから成り、当該回転子ユニットは、前記固定子のらせん状溝部内において前記回転子軸の周りでらせん状に回転自在であり、
前記回転子ユニットおよび前記固定子は、前記回転子ユニットのらせん状突出部の軸方向の側面と、前記固定子のらせん状溝部の軸方向の側面とを対向させ、
らせん状突出部の側面又はらせん状溝部の側面の何れか一方に所定の等角度間隔でN極とS極とを交互に着磁部を設け、
らせん状突出部の側面又はらせん状溝部の側面の他方に前記等角度間隔と異なる所定の等角度間隔で励磁部を配置し、
前記励磁部は、当該励磁部の励磁を制御することによって前記各回転子ユニットを前記固定子に対してらせん状に回転させながら回転子軸方向に進行させ、前記各回転子ユニットの前記回転子軸方向への移動に伴って前記出力部を前記循環軌道に沿って移動させることを特徴とする、駆動装置。
[請求項2]
前記複数の回転子ユニットが前記回転子軸の周りで回転する各回転速度を同期させる同期部を備えることを特徴とする、請求項1に記載の駆動装置。
[請求項3]
前記同期部は、隣接する回転子ユニット間において、前記各回転子ユニットの回転子軸と直交する面内方向において回動自在に連結する自在継ぎ手又はユニバーサルジョイントであり、隣接する二つの回転子ユニット間において、両回転子ユニットが各回転子軸の周りで回転する回転速度を一致させることを特徴とする、請求項2に記載の駆動装置。
[請求項4]
前記同期部は、前記各回転子ユニットが各回転子軸の周りで回転する回転速度を検出するセンサと、
前記センサの検出信号に基づいて得られる回転子ユニットの回転速度に基づいて当該回転子ユニットを駆動する励磁部の励磁位相を制御する位相制御部とを備え、
隣接する回転子ユニット間において、前記位相制御によって両回転子ユニットが回転子軸の周りで回転する回転速度を一致させることを特徴とする、請求項2に記載の駆動装置。
[請求項5]
前記固定子は、前記回転子が移動する循環軌道に対して内側又は外側に配置されることを特徴とする、請求項請求項1から4の何れか一つに記載の駆動装置。
[請求項6]
前記固定子は、前記回転子が移動する循環軌道に対して側面に配置されることを特徴とする、請求項1から4の何れか一つに記載の駆動装置。
[請求項7]
前記固定子は、前記回転子が移動する循環軌道に対して両側面に配置され、前記回転子を両側から挟むことを特徴とする、請求項6に記載の駆動装置。
[請求項8]
前記循環軌道は、円形状、略楕円形状、トラック形状、略トラック形状のうち何れか一つの形状であることを特徴とする、請求項請求項1から7の何れか一つに記載の駆動装置。
[請求項9]
前記着磁間隔は90°間隔、および前記励磁部の配置間隔は60°間隔、又は、前記着磁間隔は45°間隔および前記励磁部の配置間隔は30°間隔であることを特徴とする、請求項1から8の何れか一つに記載の駆動装置。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • YOKOHAMA NATIONAL UNIVERSITY
  • Inventor
  • FUJIMOTO YASUTAKA
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG
(In Japanese)掲載特許について詳しくお知りになりたい方はHPの「お問い合わせ」ページにてお問い合わせください。

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close