Top > Search of International Patents > DNA DETECTION METHOD

DNA DETECTION METHOD

Foreign code F150008399
Posted date Jul 14, 2015
Country WIPO
International application number 2014JP078298
International publication number WO 2015060417
Date of international filing Oct 24, 2014
Date of international publication Apr 30, 2015
Priority data
  • P2013-221803 (Oct 25, 2013) JP
Title DNA DETECTION METHOD
Abstract A DNA can be easily and surely detected without using any marker such as a phosphor by bridging paired electrodes in a detection device by an extended DNA and then determining the properties of the DNA bridging the bump electrodes. For this purpose, provided is a method for detecting a DNA using a detection device equipped with at least a pair of electrodes, said method comprising: fixing primers to the electrodes; immersing the electrodes in a solution containing a circular template of a single-stranded DNA; annealing the circular template; and forming a single-stranded DNA product by the rolling circle amplification (RCA) method to thereby bridge the electrodes, to which a preset voltage is applied, by the extended DNA; and then determining the properties of the DNA bridging the electrodes and containing a plurality of single-stranded DNA molecules.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
少なくとも一対の電極を備える検出装置を使用するDNAの検出方法であって、
(a)前記電極にプライマーを固定し、
(b)単鎖DNAの環状テンプレートを含有する溶液内に前記電極を浸し、前記環状テンプレートをアニールし、RCA法によって単鎖DNA生成物を生成することにより、所定の電圧を印加した前記電極間を伸張したDNAによって橋渡しさせ、
(c)複数の単鎖DNA分子を含む前記電極間を橋渡しするDNAの性質決定を行うこと、
を含むことを特徴とするDNAの検出方法。
[請求項2]
前記電極の少なくとも一部は金で被覆されている請求項1に記載のDNAの検出方法。
[請求項3]
前記伸張したDNAによる前記電極間の橋渡しは、定温で行われる請求項1又は2に記載のDNAの検出方法。
[請求項4]
前記電極間を橋渡しするDNAの性質決定は、前記電極間を橋渡しするDNAの共振周波数に基づいて行われる請求項1~3のいずれか1項に記載のDNAの検出方法。
[請求項5]
前記電極間の間隔を所定の周波数で変化させる請求項4に記載のDNAの検出方法。
[請求項6]
前記電極間を橋渡しするDNAは束になっている請求項1~5のいずれか1項に記載のDNAの検出方法。
[請求項7]
前記電極間を橋渡しするDNAは、二本鎖DNA分子を含む束になっている請求項6に記載のDNAの検出方法。
[請求項8]
前記電極間を橋渡しするDNAの性質決定は、前記電極間を橋渡しするDNAの導電性に基づいて行われる請求項1~7のいずれか1項に記載のDNAの検出方法。
[請求項9]
前記電極間を橋渡しするDNAの性質決定は、前記電極間を橋渡しするDNAのリアルタイム計測によって行われる請求項1~8のいずれか1項に記載のDNAの検出方法。
[請求項10]
単鎖の相補的DNAが生成されるように、対向する電極には異なるプライマーを固定する請求項1~9のいずれか1項に記載のDNAの検出方法。
[請求項11]
複数の電極対に複数のプライマーを固定することによって、複数のDNAの性質決定を行う請求項1~10のいずれか1項に記載のDNAの検出方法。
[請求項12]
少なくとも一対の電極を備える検出装置を使用するDNAの検出方法であって、
(a)前記電極にプライマーを固定し、
(b)単鎖DNAの環状テンプレートを含有する溶液内に前記電極を浸し、前記環状テンプレートをアニールし、RCA法によって単鎖DNA生成物を生成することにより、所定の電圧を印加した前記電極間を伸張したDNAによって橋渡しさせ、
(c)前記電極間を橋渡しするDNAに導電性の微粒子を被覆し、
(d)前記電極間を橋渡しするDNAの存在を確認すること、
を含むことを特徴とするDNAの検出方法。
[請求項13]
複数の電極対に複数のプライマーを固定することによって、複数のDNAの存在を確認する請求項12に記載のDNAの検出方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • THE FOUNDATION FOR THE PROMOTION OF INDUSTRIAL SCIENCE
  • NEUROINDX, INC.,
  • CENTRE NATIONAL DE LA RECHERCHE SCIENTIFIQUE
  • Inventor
  • FUJITA HIROYUKI
  • KARSTEN STANISLAV L
  • COLLARD DOMINIQUE
  • KUMEMURA MOMOKO
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close