Top > Search of International Patents > CELL DISCRIMINATION METHOD

CELL DISCRIMINATION METHOD

Foreign code F150008401
Posted date Jul 14, 2015
Country WIPO
International application number 2014JP080683
International publication number WO 2015076311
Date of international filing Nov 19, 2014
Date of international publication May 28, 2015
Priority data
  • P2013-242197 (Nov 22, 2013) JP
Title CELL DISCRIMINATION METHOD
Abstract The present invention: assesses whether a test cell is a normal cell or a cancerous cell by irradiating laser light on the test cell and using the difference in the shape formed by the various points, which plot the laser light phase differences on a straight line measured for all pixels of the cells in a microscope viewing field on an X-Y coordinate plane, as an index; or assesses whether the test cell is a normal cell or a cancerous cells by setting respective assessment criteria on an X-Y coordinate plane for normal cells and cancerous cells in advance and using the difference between the phase difference value measured with the test cell on the X-Y coordinate plane and the assessment criteria values as an index.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
細胞内を透過するレーザー光の位相差を定量する顕微鏡を用いて、接着培養細胞が正常細胞であるかガン化細胞であるかを識別する方法であって、
(1)被験細胞に対してレーザー光を照射して、顕微鏡視野内の細胞の全ピクセルについてレーザー光の位相差を測定する工程、
(2)細胞の一端から他端を一直線で結ぶ線をX軸に、X線上の各位相差をY軸にプロットする工程、
を含み、
X-Y座標平面上にプロットした各点によって形成される形状が、中央付近が略水平な台形状の場合は被験細胞が正常細胞であり、中央付近を頂点とする三角形状の場合は被験細胞がガン化細胞であると判定することを特徴とする細胞識別方法。
[請求項2]
細胞内を透過するレーザー光の位相差を定量する顕微鏡を用いて、接着培養細胞が正常細胞であるかガン化細胞であるかを識別する方法であって、
(1)標準正常細胞と標準ガン化細胞のそれぞれに対してレーザー光を照射して、顕微鏡視野内の細胞の全ピクセルについてレーザー光の位相差を測定する工程、
(2)標準正常細胞と標準ガン化細胞のそれぞれについて、各細胞の一端から他端を一直線に結ぶX軸の長さが全て同一となるように補正し、X軸上の各位相差のそれぞれの平均値を正常細胞の平均的位相差とガン化細胞の平均的位相差としてそれぞれ算出する工程、(3)被験細胞に対してレーザー光を照射して、顕微鏡視野内の細胞の全ピクセルについてレーザー光の位相差を測定し、細胞の一端から他端を一直線で結ぶX軸の長さを前記工程(2)と同一に補正して、このX軸上の各位相差を算出する工程、および
(4)標準正常細胞の平均的位相差と被験細胞の位相差との差異の絶対値αと、標準ガン化細胞の平均的位相差と被験細胞の位相差との差異の絶対値βをそれぞれ算出する工程、を含み、
差異の絶対値αが差異の絶対値βよりも小さい場合には被験細胞が正常細胞であり、差異の絶対値βが差異の絶対値αよりも小さい場合には被験細胞がガン化細胞であると判定することを特徴とする細胞識別方法。
[請求項3]
同一長に補正したX軸の中央付近の任意の領域の位相差測定値から標準正常細胞および標準ガン化細胞の平均的位相差と被験細胞の位相差を算出する請求項2の方法。
[請求項4]
標準正常細胞の平均的位相差が請求項1記載の方法で正常細胞と識別された細胞の各位相差から算出された値であり、標準ガン化細胞の平均的位相差が請求項1記載の方法でガン化細胞と識別された細胞の各位相差から算出された値である請求項2または3の方法。
[請求項5]
被験細胞が、培養条件下で増殖または分化・増殖する過程でガン化する可能性のある細胞である請求項1から4のいずれかの方法。
[請求項6]
被験細胞が、培養条件下でガン化する細胞である請求項1または4の方法。
[請求項7]
被験細胞が、混合培養された正常細胞とガン化細胞である請求項1から4のいずれかの方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • HOKKAIDO UNIVERSITY
  • Inventor
  • TAKAGI MUTSUMI
  • TOKUNAGA NAOCHIKA
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close