Top > Search of International Patents > METHOD FOR PRODUCING Α-GLUCOSIDE

METHOD FOR PRODUCING Α-GLUCOSIDE meetings

Foreign code F150008426
File No. S2013-1175-C0
Posted date Oct 9, 2015
Country WIPO
International application number 2014JP070210
International publication number WO 2015019939
Date of international filing Jul 31, 2014
Date of international publication Feb 12, 2015
Priority data
  • P2013-163801 (Aug 7, 2013) JP
Title METHOD FOR PRODUCING Α-GLUCOSIDE meetings
Abstract Provided is a versatile method for inexpensively and selectively producing α-glucoside. Two mixtures (i and ii) interact in the presence of phosphoric acid, α-phosphoglucomutase (EC 5. 4. 2. 2), β-phosphoglucomutase (EC 5. 4. 2. 6), and the cofactors thereof; mixture (i) being a mixture of a saccharide raw material and an enzyme, which creates α-glucose-1-phosphoric acid by reversibly subjecting the saccharide raw material to phosphorolysis; and mixture (ii) being a mixture of an enzyme, which creates β-glucose-1-phosphoric acid by reversibly subjecting α-glucoside to phosphorolysis, and a substance which acts as a sugar acceptor in the reverse reaction of said enzyme.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
リン酸、α-ホスホグルコムターゼ(EC 5.4.2.2)、β-ホスホグルコムターゼ(EC 5.4.2.6)及びそれらの補因子の存在下で、
(i)糖質原料、及び該糖質原料を可逆的に加リン酸分解しα-グルコース-1-リン酸を生じる酵素の組合せ;並びに
(ii)α-グルコシドを可逆的に加リン酸分解してβ-グルコース-1-リン酸を生じる酵素及びその逆反応において糖アクセプターとして作用する物質の組合せを作用させることを特徴とする、α-グルコシドの製造方法。
[請求項2]
(i)の糖質原料、及び該糖質原料を可逆的に加リン酸分解しα-グルコース-1-リン酸を生じる酵素の組合せが、スクロースとスクロースホスホリラーゼ(EC 2.4.1.7)との組合せ、デンプン若しくはデキストリンとホスホリラーゼ(EC 2.4.1.1)との組合せ、セロビオースとセロビオースホスホリラーゼ(EC 2.4.1.20)との組合せ、セロデキストリンとセロデキストリンホスホリラーゼ(EC 2.4.1.49)及びセロビオースホスホリラーゼ(EC 2.4.1.20)との組合せ、ラミナリオリゴ糖とラミナリビオースホスホリラーゼ(EC 2.4.1.31)及び/若しくはβ-1,3オリゴグルカンホスホリラーゼ(EC 2.4.1.30)との組合せ、ソホロオリゴ糖とソホロースホスホリラーゼ及び/若しくはβ-1,2オリゴグルカンホスホリラーゼとの組合せ、並びにトレハロースとトレハロースホスホリラーゼ(EC 2.4.1.231)との組合せ、よりなる群から選択される1つ以上の組合せである、請求項1に記載の方法。
[請求項3]
(ii)のα-グルコシドを可逆的に加リン酸分解してβ-グルコース-1-リン酸を生じる酵素及びその逆反応において糖アクセプターとして作用する物質の組合せが、ニゲロースホスホリラーゼとグルコース及び/若しくはガラクトース及び/若しくはキシロースとの組合せ、コージビオースホスホリラーゼとグルコースとの組合せ、トレハロースホスホリラーゼとグルコース及び/若しくはガラクトース及び/若しくはキシロース及び/若しくはアラビノース及び/若しくはフコースとの組合せ、グルコシル-α-1,2-グリセロールホスホリラーゼとグリセロールとの組合せ、マルトースホスホリラーゼとグルコース及び/若しくはマンノース及び/若しくはキシロース及び/若しくはフコース及び/若しくはグルコサミン及び/若しくはN-アセチルグルコサミンとの組合せ、よりなる群から選択される1つ以上の組合せである、請求項1に記載の方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • NIIGATA UNIVERSITY
  • Inventor
  • NAKAI HIROYUKI
  • NIHIRA TAKANORI
  • SAITO YUKA
  • MIYAJIMA FUTABA
IPC(International Patent Classification)
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close