Top > Search of International Patents > DEVICE PROVIDED WITH MOISTURE-ABSORBING/RELEASING MEMBRANE, WATER VAPOR SEPARATOR PROVIDED WITH DEVICE HAVING MOISTURE-ABSORBING/RELEASING MEMBRANE, AND HEAT EXCHANGER

DEVICE PROVIDED WITH MOISTURE-ABSORBING/RELEASING MEMBRANE, WATER VAPOR SEPARATOR PROVIDED WITH DEVICE HAVING MOISTURE-ABSORBING/RELEASING MEMBRANE, AND HEAT EXCHANGER

Foreign code F150008427
File No. S2013-1183-C0
Posted date Oct 9, 2015
Country WIPO
International application number 2014JP069739
International publication number WO 2015012398
Date of international filing Jul 25, 2014
Date of international publication Jan 29, 2015
Priority data
  • P2013-154984 (Jul 25, 2013) JP
Title DEVICE PROVIDED WITH MOISTURE-ABSORBING/RELEASING MEMBRANE, WATER VAPOR SEPARATOR PROVIDED WITH DEVICE HAVING MOISTURE-ABSORBING/RELEASING MEMBRANE, AND HEAT EXCHANGER
Abstract [Problem] To provide a technique for high-efficiency exchange of water vapor and heat (ventilation) without any incidence of air admixing in a highly sealed/heat-insulated residence, office, factory, etc., liable to cause adverse effects on health, as in sick house syndrome, etc. [Solution] Heat is exchanged using a device (10) provided with a moisture-absorbing/releasing membrane in which is formed a membrane portion (13) that includes a water-vapor permselective moisture absorbing/releasing agent (14) in the openings (12) of a plate member (11) used as a carrier. Using this structure, heat exchange is performed allowing the movement of moisture between air from inside and air from outside even while toxic substances such as carbon dioxide or ammonia are blocked.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
吸放湿性膜を備えたデバイスであって、
開口部を有する担持体と、
前記開口部に形成されて吸放湿を行う膜部を有し、
前記膜部は、吸放湿剤を含み、吸湿により前記吸放湿剤に取り込まれた水分の前記吸放湿剤内での移動が許容される、吸放湿性膜を備えたデバイス。
[請求項2]
前記吸放湿材により前記吸放湿剤に吸湿された水分が液相となって前記吸放湿剤を含む膜内での移動が許容される、請求項1に記載の吸放湿性膜を備えたデバイス。
[請求項3]
前記開口部は、前記膜部におけるひび割れの発生を防ぐ大きさで複数形成されている、請求項1又は2に記載の吸放湿性膜を備えたデバイス。
[請求項4]
前記担持体は、前記開口部内に形成された膜部を固定及び支持するように、前記膜部よりも剛性が高い材質で形成されている、請求項1~3のいずれかに記載の放湿性膜を備えたデバイス。
[請求項5]
前記開口部は、前記担持体における開口率が50%以上で、かつ、等価水力直径が5mm以下である、請求項1~4のいずれかに記載の吸放湿性膜を備えたデバイス。
[請求項6]
前記開口部の等価水力直径が2mm以下である、請求項1~5のいずれかに記載の吸放湿性膜を備えたデバイス。
[請求項7]
前記担持体は、厚さ1mm以下の平板状あるいはチューブ状の形状である、請求項1~6のいずれかに記載の吸放湿性膜を備えたデバイス。
[請求項8]
前記膜部は、前記吸放湿剤と接着性バインダーとの混合物を前記開口部内に配した後に、前記混合物を乾燥させることにより前記担持体の開口部に形成される、請求項1~7のいずれかに記載の吸放湿性膜を備えたデバイス。
[請求項9]
前記混合物には、更に植物性繊維とガラス繊維との少なくとも一方が含まれる、請求項8に記載の吸放湿性膜を備えたデバイス。
[請求項10]
前記担持体は、厚さ1mm以下でかつ縦横の細線ピッチが2mm以下の網状体である、請求項1~9のいずれかに記載の吸放湿性膜を備えたデバイス。
[請求項11]
前記担持体は、導電性の金属材あるいは非導電性のプラスチック材により形成される、請求項1~10のいずれかに記載の吸放湿性膜を備えたデバイス。
[請求項12]
前記複数の開口部のそれぞれは、互いに異なる寸法及び形状を有する、請求項3に記載の吸放湿性膜を備えたデバイス。
[請求項13]
吸放湿性膜を備えたデバイスの製造方法であって、
シート状の担持部材に吸放湿剤を担持させ、前記吸放湿剤は、吸湿により前記吸放湿剤に取り込まれた水分の前記吸放湿剤内での移動が許容されるものであり、
開口部を有する第1担持体と前記吸放湿剤が担持された担持部材とを、前記開口部において前記担持部材が露出するように重ねて固定し、これにより、前記開口部で露出した前記担持部材が吸放湿性膜となる、方法。
[請求項14]
開口部を有する第2担持体と前記第1担持体との間に、前記吸放湿剤が担持された担持部材を挟んで固定し、
前記第2担持体の開口部は、前記固定された状態において、前記第1担持体の開口部と前記第2担持体の開口部とが少なくとも一部が重なるように形成されている、請求項13に記載の方法。
[請求項15]
前記担持部材、前記第1担持体及び前記第2担持体は、これらを貫通する貫通部、前記貫通部に結合するとともに前記第1担持体から突出する第1ヘッド部、及び前記貫通部に結合するとともに前記第2担持体から突出する第2ヘッド部とを備えた固定部材により固定される、方法。
[請求項16]
開口部が形成された担持体と、前記開口部に形成されて水分を吸放湿する吸放湿剤を含む膜部と、を有する吸放湿性膜を備えたデバイスと、
互いに前記吸放湿性膜を備えたデバイスを介して接すると共に、それぞれ気体が流通される第1流通路及び第2流通路と、
を有する水蒸気分離器であって、
水蒸気分離時には、前記第1流通路を流れる気体と前記第2流通路を流れる気体との間で、一方の流通路を流れる気体の水分が、前記膜部の一方の表面で前記吸放湿剤により吸湿され、その後に前記膜部内を移動して前記膜部の他方の表面に移動して気化することで前記他方の流通路を流れる気体に移動する、水蒸気分離器。
[請求項17]
前記吸放湿性膜を備えたデバイスはチューブ状とされ、前記チューブ内に形成される流通路が前記第1流通路、前記チューブ外が前記第2流通路とされてシェルアンドチューブ型水蒸気交換器を構成する、請求項16に記載の水蒸気分離器。
[請求項18]
前記デバイスは、前記担持体と、前記吸放湿剤が担持された担持部材と、を前記デバイス表面から突出する突出部を備えた固定具で固定することで形成されたものであり、
前記第1流通路及び前記第2流通路は、前記デバイスを重ねた際に前記突出部により前記デバイス間に形成された間隙によって形成される、請求項16に記載の水蒸気分離器。
[請求項19]
開口部が形成された担持体と、前記開口部に形成されて水分を吸放湿する吸放湿剤を含む膜部と、を有する吸放湿性膜を備えたデバイスと、
互いに前記吸放湿性膜を備えたデバイスを介して接すると共に、それぞれ気体が流通される第1流通路及び第2流通路と、
を有する水蒸気分離器の製造方法であって、
複数の前記デバイスをそれぞれ離間して支持する支持部と、開放部と、を備えた筐体を形成し、
前記支持部によって前記デバイスがそれぞれ離間した状態で支持されるように、前記デバイスを前記開放部から前記筐体内に挿入し、これにより形成される前記デバイス同士の間の間隙によって、前記第1流通路及び第2流通路が形成され、
前記開放部をカバー部材によって塞ぐことを含み、
水蒸気分離時には、前記流通路のうちの1つを流れる気体と前記第2の流通路を流れる気体との間で、一方の流通路を流れる気体の水分が、前記膜部の一方の表面で前記吸放湿剤により吸湿され、その後に前記膜部内を移動して前記膜部の他方の表面に移動して気化することで前記他方の流通路を流れる気体に移動する、水蒸気分離器の製造方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • OKAYAMA UNIVERSITY
  • Inventor
  • WATANABE YUTAKA
  • HORIBE AKIHIKO
IPC(International Patent Classification)

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close