Top > Search of International Patents > RADIATION THERAPY PLANNING DEVICE AND RADIATION THERAPY PLANNING METHOD

RADIATION THERAPY PLANNING DEVICE AND RADIATION THERAPY PLANNING METHOD

Foreign code F150008442
File No. 1820
Posted date Oct 21, 2015
Country WIPO
International application number 2008JP072178
International publication number WO 2009072618
Date of international filing Dec 5, 2008
Date of international publication Jun 11, 2009
Priority data
  • P2007-317653 (Dec 7, 2007) JP
Title RADIATION THERAPY PLANNING DEVICE AND RADIATION THERAPY PLANNING METHOD
Abstract A radiation therapy planning device is provided with a three-dimensional data collection unit that collects three-dimensional data indicative of a plurality of positions where a plurality of portions are arranged, a marker position measurement unit that measures the movement of a marker, and a dose calculation unit that, when therapy radiations changing in accordance with the movement of an examinee are irradiated to the examinee, calculates dose of the therapy radiations, which are irradiated to each of the portions, based on the movement and the three-dimensional data. This radiation therapy planning device can calculate more precisely a dose of therapy radiations irradiated to each portion of the examinee at the radiation therapy and, when the movement of a plurality of portions of the examinee is calculated, a dose of the radiations irradiated to the examinee can be reduced.
Scope of claims (In Japanese)[1]
静止状態又は一時点の状態における被検体の複数部位が配置される複数位置を示す3次元データを収集する3次元データ収集部と、
前記被検体の周期的な運動に連動して変化する前記複数部位のうちの特定部位の特定位置を時系列的に測定するマーカ位置測定部と、
前記3次元データ収集部で収集された前記3次元データと前記マーカ位置測定部で測定された時系列的な特定位置とに基づいて時系列的な前記複数部位の位置を算出する位置算出部と、
治療用放射線の出射方向である予定基準照射角度と前記予定基準照射角度毎に出射する治療用放射線の予定線量と前記位置算出部で算出される時系列的な複数部位の位置とに基づいて、前記複数部位の各々に照射される放射線の線量を算出する線量算出部
とを具備する放射線治療計画装置。
[2]
請求の範囲1において、
前記被検体の周期的な運動に基づいて変化するように制御される治療用放射線を照射する照射方法が入力される照射方法入力装置を備え、前記照射方法入力装置に入力された照射方法を収集する照射方法収集部を更に具備し、
前記線量算出部は、前記照射方法入力装置に入力されて前記照射方法収集部により収集された前記照射方法により制御された場合の治療用放射線の線量を算出する
放射線治療計画装置。
[3]
請求の範囲1または請求の範囲2のいずれかにおいて、
被検体の周期的な運動の複数位相に対応する複数時刻を検出する位相検出部を更に具備し、
前記マーカ位置測定部で測定される前記特定部位の位置は、前記位相検出部で検出した複数時刻での位置を示す
放射線治療計画装置。
[4]
請求の範囲1~請求の範囲3のいずれかにおいて、
前記複数部位の中からいずれかを選択する情報が入力される選択部位入力装置を備え、
前記線量算出部は、前記選択部位入力装置に入力された情報に基づいて選択された前記複数部位のうちの選択部位に照射される放射線の線量を更に算出する
放射線治療計画装置。
[5]
請求の範囲1~請求の範囲4のいずれかにおいて、
前記3次元データは、前記被検体における、放射線照射を予定する患部部位、放射線照射の回避を予定する危険部位、及び、前記マーカ位置測定部で測定可能な部位に関する位置を示す
放射線治療計画装置。
[6]
請求の範囲1~請求の範囲5のいずれかにおいて、
前記マーカ位置測定部で測定される前記特定部位は、前記マーカ位置測定部で測定可能な、前記被検体自身の構成要素、前記被検体の体表面に設けられたマーカ、又は前記被検体の体内に設けられたマーカである
放射線治療計画装置。
[7]
請求の範囲1~請求の範囲6のいずれかにおいて、
前記位置算出部での算出方法は、被検体に配置される固定部位から前記特定部位までの距離が拡大縮小する変化に合わせて前記固定部位から複数部位までの距離が拡大縮小するように推測する線形拡大縮小による
放射線治療計画装置。
[8]
請求の範囲1~請求の範囲6のいずれかにおいて、
前記位置算出部での算出方法は、被検体に配置される固定部位と前記特定部位の位置とを予め設定されている人体モデルのシミュレーションを適用して複数部位の位置を推測するシミュレーション法による
放射線治療計画装置。
[9]
静止状態又は一時点の状態における被検体の複数部位が配置される複数位置を示す3次元データを収集するステップと、
前記被検体の周期的な運動に連動して変化する前記複数部位のうちの特定部位の特定位置を時系列的に測定するステップと、
前記3次元データと前記マーカ位置測定部で測定された時系列的な特定位置とに基づいて時系列的な前記複数部位の位置を算出するステップと、
治療用放射線の出射方向である予定基準照射角度と前記予定記基準照射角度毎に出射する治療用放射線の予定線量と時系列的な複数部位の位置とに基づいて、前記複数部位の各々に照射される放射線の線量を算出するステップ
とを具備する放射線治療計画方法。
[10]
請求の範囲9において、
照射方法入力装置から、前記被検体の周期的な運動に基づいて変化するように制御される治療用放射線を照射する照射方法を収集するステップと、
前記照射方法により制御された場合の治療用放射線の線量を算出するステップ
とをさらに具備する放射線治療計画方法。
[11]
請求の範囲9または請求の範囲10のいずれかにおいて、
被検体の周期的な運動の複数位相に対応する複数時刻を検出するステップを更に具備し、
前記特定部位の位置は、前記複数時刻での位置を示す
放射線治療計画方法。
[12]
請求の範囲9~請求の範囲11のいずれかにおいて、
選択部位入力装置に入力された情報に基づいて前記複数部位から選択された選択部位に照射される放射線の線量を更に算出するステップ
とをさらに具備する放射線治療計画方法。
[13]
請求の範囲9~請求の範囲12のいずれかにおいて、
前記3次元データは、前記被検体における、放射線照射を予定する患部部位、放射線照射の回避を予定する危険部位、及び、前記マーカ位置測定部で測定可能な部位に関する位置を示す
放射線治療計画方法。
[14]
請求の範囲9~請求の範囲13のいずれかにおいて、
前記特定部位は、前記被検体自身の構成要素、前記被検体の体表面に設けられたマーカ、又は前記被検体の体内に設けられたマーカである
放射線治療計画方法。
[15]
請求の範囲9~請求の範囲14のいずれかにおいて、
前記複数部位の位置は、被検体に配置される固定部位から前記特定部位までの距離が拡大縮小する変化に合わせて前記固定部位から複数部位までの距離が拡大縮小するように推測する線形拡大縮小により算出される
放射線治療計画方法。
[16]
請求の範囲9~請求の範囲14のいずれかにおいて、
前記複数部位の位置は、被検体に配置される固定部位と前記特定部位の位置とを予め設定されている人体モデルのシミュレーションを適用して複数部位の位置を推測するシミュレーション法により算出される
放射線治療計画方法。
[17]
被検体の複数部位が配置される複数位置を示す3次元データを収集する3次元データ収集部と、
前記複数部位のうちの特定部位の特定位置を測定するマーカ位置測定部と、
前記3次元データと前記特定位置とに基づいて前記複数部位のうちの照射部位の照射位置を算出する位置算出部と、
前記照射位置に治療用放射線が照射されるように、駆動装置を用いて治療用放射線照射装置を移動させる照射制御部
とを具備する放射線治療装置制御装置。
[18]
請求の範囲17において、
前記位置算出部は、前記複数部位のうちの実質的に固定される固定部位から前記特定部位までの距離が拡大縮小する変化に合わせて前記固定部位から前記複数部位の各々までの距離が拡大縮小するように推測する線形拡大縮小により、前記照射位置を算出する
放射線治療装置制御装置。
[19]
請求の範囲17または請求の範囲18のいずれかにおいて、
前記特定部位の運動を測定して前記運動を示す運動情報を生成するマーカ運動測定部と、
前記3次元データと前記運動情報とに基づいて、特定位置運動集合を位置集合に対応付ける患部位置テーブルを作成する患部位置テーブル作成部とを更に具備し、
前記位置算出部は、前記患部位置テーブルを参照して、前記位置集合のうちから前記特定位置に対応する前記照射位置を算出する
放射線治療装置制御装置。
[20]
請求の範囲17~請求の範囲19のいずれかにおいて、
前記被検体の周期的な運動の複数位相に対応する複数時刻を検出する位相検出部を更に具備し、
前記位置集合は、前記複数時刻での前記特定部位の位置を示す
放射線治療装置制御装置。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES, LTD.
  • KYOTO UNIVERSITY
  • Inventor
  • TAKAHASHI KUNIO
  • TAKAYAMA KENJI
  • MIYABE YUKI
  • NARITA YUICHIRO
  • MIZOWAKI TAKASHI
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BR BW BY BZ CA CH CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IS JP KE KG KM KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PG PH PL PT RO RS RU SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LS MW MZ NA SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ MD RU TJ TM
EPO: AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MT NL NO PL PT RO SE SI SK TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW ML MR NE SN TD TG
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close