Top > Search of International Patents > PHOTONIC CRYSTAL AND OPTICAL FUNCTION DEVICE USING SAME

PHOTONIC CRYSTAL AND OPTICAL FUNCTION DEVICE USING SAME

Foreign code F150008463
Posted date Oct 22, 2015
Country WIPO
International application number 2014JP060731
International publication number WO 2014171457
Date of international filing Apr 15, 2014
Date of international publication Oct 23, 2014
Priority data
  • P2013-086902 (Apr 17, 2013) JP
Title PHOTONIC CRYSTAL AND OPTICAL FUNCTION DEVICE USING SAME
Abstract The present invention addresses the problem of providing a photonic crystal capable of causing light to resonate at more resonance frequencies within a specified frequency range. Photonic crystal structure formation bodies (11A, 11B) in which a cyclical refractive-index distribution is formed are multiply provided in a plate-shaped member and mutually separated in the thickness direction of the plate-shaped member, at least one of the plurality of photonic crystal structure formation bodies resonates to light of at least two frequencies within the frequency range, and the refractive-index distribution of the plurality of photonic crystal structure formation bodies is set such that the two frequencies differ from the resonance frequency of at least one of the other photonic crystal structure formation bodies.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
所定の周波数範囲内にある複数の周波数の光に共振するフォトニック結晶であって、
板状部材内に周期的な屈折率分布が形成されているフォトニック結晶構造形成体が複数、該板状部材の厚み方向に互いに離間して設けられており、
前記複数のフォトニック結晶構造形成体のうちの少なくとも1つが、前記周波数範囲内にある少なくとも2つの周波数の光に共振し、該2つの周波数が他のフォトニック結晶構造形成体のうちの少なくとも1つにおける共振周波数と異なるように、前記複数のフォトニック結晶構造形成体の屈折率分布が設定されている
ことを特徴とするフォトニック結晶。
[請求項2]
前記フォトニック結晶構造形成体の数が2であることを特徴とする請求項1に記載のフォトニック結晶。
[請求項3]
前記フォトニック結晶構造形成体の周期的な屈折率分布が、前記板状部材とは屈折率が異なる異屈折率領域が該板状部材に平行な2次元格子の各格子点に配置されることにより形成されていることを特徴とする請求項1又は2に記載のフォトニック結晶。
[請求項4]
各異屈折率領域の平面形状が最小値と最大値の間でランダムな大きさを有するように、前記フォトニック結晶構造形成体の周期的な屈折率分布が形成されていることを特徴とする請求項3に記載のフォトニック結晶。
[請求項5]
前記板状部材とは屈折率が異なる異屈折率領域が該板状部材に平行な2次元格子の各格子点から該板状部材に平行に、最大ずれ量Δpmax(≠0)以下のずれ量Δpだけランダムにずれて配置されることにより、前記フォトニック結晶構造形成体の周期的な屈折率分布が形成されていることを特徴とする請求項1又は2に記載のフォトニック結晶。
[請求項6]
請求項1~5のいずれかに記載のフォトニック結晶を有することを特徴とする、所定の周波数範囲内の複数の周波数における光の共振を利用した光機能デバイス。
[請求項7]
所定の周波数範囲の光を電力に変換する、半導体から成る光電変換層が1対の電極の間に設けられた光電変換装置であって、前記光電変換層内に請求項1~5のいずれかに記載のフォトニック結晶が形成されていることを特徴とする光電変換装置。
[請求項8]
各フォトニック結晶構造形成体がp型半導体とn型半導体を接合したものに形成されており、隣接する2つのフォトニック結晶構造形成体が、導電体から成るスペーサ層により離間されていることを特徴とする請求項7に記載の光電変換装置。
[請求項9]
前記フォトニック結晶構造形成体の数が2であって、一方のフォトニック結晶構造形成体がp型半導体に形成され、他方のフォトニック結晶構造形成体がn型半導体に形成されていることを特徴とする請求項7に記載の光電変換装置。
[請求項10]
各フォトニック結晶構造形成体がp型半導体とn型半導体を接合したものに形成されており、隣接する2つのフォトニック結晶構造形成体が、第1導電体層、絶縁体層、第2導電体層をこの順に積層したスペーサ層により離間されていることを特徴とする請求項7に記載の光電変換装置。
[請求項11]
所定の周波数範囲の光を散乱させる回折素子であって、請求項1~5のいずれかに記載のフォトニック結晶を有することを特徴とする回折素子。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • JAPAN SCIENCE AND TECHNOLOGY AGENCY
  • Inventor
  • NODA SUSUMU
  • OSKOOI ARDAVAN
  • TANAKA YOSHINORI
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG
Reference ( R and D project ) CREST Creative research for clean energy generation using solar energy AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close