Top > Search of International Patents > VECTOR UTILIZING BORNA DISEASE VIRUS AND USE THEREOF

VECTOR UTILIZING BORNA DISEASE VIRUS AND USE THEREOF

Foreign code F150008481
File No. 4898
Posted date Oct 26, 2015
Country WIPO
International application number 2010JP054600
International publication number WO 2010113647
Date of international filing Mar 17, 2010
Date of international publication Oct 7, 2010
Priority data
  • P2009-087608 (Mar 31, 2009) JP
Title VECTOR UTILIZING BORNA DISEASE VIRUS AND USE THEREOF
Abstract A viral vector characterized by comprising: (a) cDNA for recombinant viral RNA having such a sequence that at least N gene, X gene, P gene and L gene contained in the genome of a Borna disease virus are arranged in the same order as that in the Borna disease virus and a foreign gene is inserted in a non-translation region linked downstream of a translation region of P gene; (b) DNA encoding a ribozyme; and (c) a promoter sequence, wherein the DNA (b) is located upstream of the cDNA (a) and downstream of the DNA (b), and wherein the cDNA (a) and the DNA (b) are located downstream of the promoter sequence (c).
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
(a)ボルナ病ウイルスゲノムにおける少なくともN遺伝子、X遺伝子、P遺伝子及びL遺伝子を、ボルナ病ウイルスゲノムにおける順序と同じ順序で有し、前記P遺伝子の翻訳領域の下流に連結する非翻訳領域内に外来性遺伝子が挿入された配列を有する組換えウイルスRNAのcDNA、(b)リボザイムをコードするDNA及び(c)プロモーター配列を含み、該(a)の上流及び下流に(b)が配置され、かつ(a)及び(b)が(c)の下流に配置されていることを特徴とするウイルスベクター。
[請求項2]
(a)組換えウイルスRNAのcDNAが、ボルナ病ウイルスゲノムにおいてG遺伝子が破壊された配列を有し、かつP遺伝子の翻訳領域の下流に連結する非翻訳領域内に外来性遺伝子が挿入された配列を有する組換えウイルスRNAのcDNAである請求項1に記載のウイルスベクター。
[請求項3]
(a)組換えウイルスRNAのcDNAが、ボルナ病ウイルスゲノムにおいてG遺伝子及びM遺伝子が破壊された配列を有し、かつP遺伝子の翻訳領域の下流に連結する非翻訳領域内に外来性遺伝子が挿入された配列を有する組換えウイルスRNAのcDNAである請求項1又は2に記載のウイルスベクター。
[請求項4]
(a)組換えウイルスRNAのcDNAが、ボルナ病ウイルスゲノムをコードするcDNAのP遺伝子の翻訳領域とM遺伝子の翻訳領域との間の非翻訳領域に外来性遺伝子を挿入した組換えウイルスのcDNAである請求項1に記載のウイルスベクター
[請求項5]
(c)プロモーター配列が、RNAポリメラーゼII系のプロモーター配列であることを特徴とする請求項1~4のいずれかに記載のウイルスベクター。
[請求項6]
(a)組換えウイルスRNAのcDNAの上流に(b1)ハンマーヘッドリボザイムをコードするcDNAが配置され、かつ、該(a)の下流に(b2)δ型肝炎ウイルスリボザイムをコードするcDNA配列が配置されていることを特徴とする請求項1~5のいずれかに記載のウイルスベクター。
[請求項7]
請求項1~6のいずれかに記載のウイルスベクターにコードされるRNAを含むことを特徴とする組換えウイルス。
[請求項8]
請求項1~6のいずれかに記載のウイルスベクターと共に、ヘルパープラスミドとしてボルナ病ウイルスのN遺伝子、P遺伝子及びL遺伝子を発現するプラスミド又はプラスミド群をin vitroの細胞に導入する工程、及び該ウイルスベクター及びヘルパープラスミドを導入した細胞を培養して組換えウイルスを産生させる工程を含むことを特徴とする組換えウイルスの作製方法。
[請求項9]
ヘルパープラスミドとして、さらに、ウイルスの外殻遺伝子を発現するプラスミドをin vitroの細胞に導入する請求項8に記載の組換えウイルスの作製方法。
[請求項10]
ヘルパープラスミドとして、さらに、ボルナ病ウイルスのM遺伝子を発現するプラスミドをin vitroの細胞に導入する請求項8又は9に記載の組換えウイルスの作製方法。
[請求項11]
請求項7に記載の組換えウイルス、又は請求項8~10のいずれかに記載の方法により作製された組換えウイルスをin vitroの細胞又は動物に感染させる工程を含むことを特徴とする外来性遺伝子の導入方法。
[請求項12]
請求項7に記載の組換えウイルス、又は請求項8~10のいずれかに記載の方法により作製された組換えウイルスを含有することを特徴とする外来性遺伝子導入剤。
[請求項13]
請求項7に記載の組換えウイルス、又は請求項8~10のいずれかに記載の方法により作製された組換えウイルスを含有することを特徴とする脳神経系細胞への外来性遺伝子導入剤。
[請求項14]
請求項1~6のいずれかに記載のウイルスベクターを含有することを特徴とする外来性遺伝子導入用キット。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • KYOTO UNIVERSITY
  • Inventor
  • TOMONAGA KEIZO
  • DAITO TAKUJI
  • HONDA TOMOYUKI
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IS JP KE KG KM KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PE PG PH PL PT RO RS RU SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LS MW MZ NA SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ MD RU TJ TM
EPO: AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW ML MR NE SN TD TG
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close