Top > Search of International Patents > NOISE IMPARTING DEVICE AND NOISE IMPARTING METHOD

NOISE IMPARTING DEVICE AND NOISE IMPARTING METHOD

Foreign code F150008551
File No. (S2014-0372-N0)
Posted date Nov 26, 2015
Country WIPO
International application number 2015JP050846
International publication number WO 2015108087
Date of international filing Jan 14, 2015
Date of international publication Jul 23, 2015
Priority data
  • P2014-005188 (Jan 15, 2014) JP
Title NOISE IMPARTING DEVICE AND NOISE IMPARTING METHOD
Abstract An electronic shutter (12) is disposed on the light-emission side of a lens unit (16A) in a movie projector (16), and a control device (14) controls so as to drive the electronic shutter (12) at a prescribed frequency at which the visual perception of an audience watching a movie in a movie theater will not be affected, but a captured video captured using a camera such as a video camera will be degraded. The prescribed frequency is a frequency that is not visually perceived by the human eye when viewing a movie, but which is visually perceived by the human eye when viewing a captured video captured by a hidden camera. Thus, it is possible to degrade the picture quality of a captured video without affecting the visual perception of persons watching the matter that is surreptitiously being recorded with a hidden camera.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
盗撮の対象物を目視した際に人間の眼には知覚されず、かつ前記対象物をカメラで撮影した撮影映像を目視した際に人間の眼に知覚される、所定の周波数で変化するノイズを、可視光に重畳させるための信号を生成する信号生成部と、
前記信号生成部で生成された信号に基づいて、前記可視光の光路上に設けられたシャッタを前記所定の周波数で開閉させて、前記可視光に前記所定の周波数のノイズを重畳する重畳部と、
を含むノイズ付加装置。
[請求項2]
前記盗撮の対象物は映像であり、前記可視光は映像光である
請求項1に記載のノイズ付加装置。
[請求項3]
前記所定の周波数は、予め定められた複数の周波数であり、
前記信号生成部は、前記映像の平均輝度を算出し、前記算出した映像の平均輝度に応じて、前記複数の周波数の何れかを選択し、選択された周波数で変化するノイズを、映像光に重畳させるための信号を生成する請求項2に記載のノイズ付加装置。
[請求項4]
前記所定の周波数をN、人間の眼に知覚されないノイズの周波数をZ1、人間の眼に知覚されるノイズの周波数をZ2、前記映像のフレーム周波数をP、前記カメラの撮影時のフレーム周波数をVとしたとき、
前記所定の周波数Nは、以下の(1)式及び(2)式を満たす値である(ただし、m、n、kは、正または負の整数である。)請求項2又は3に記載のノイズ付加装置。
Z1=mP+nN    ・・・(1)
Z2=mP+nN+kV ・・・(2)
[請求項5]
前記Z1は、6Hzから14Hzまでを除く値であり、前記Z2は6Hzから14Hzまでの値である請求項4に記載のノイズ付加装置。
[請求項6]
前記Z1及びZ2の値の範囲を入力する入力部を更に含む請求項4に記載のノイズ付加装置。
[請求項7]
前記重畳部は、映像光に同期して前記所定の周波数のノイズを重畳する請求項2~6の何れか1項に記載のノイズ付加装置。
[請求項8]
盗撮の対象物を目視した際に人間の眼には知覚されず、かつ前記対象物をカメラで撮影した撮影映像を目視した際に人間の眼に知覚される、所定の周波数で変化する画像を、可視光に重畳させるための信号を生成する信号生成部と、
前記可視光の光路上に設けられたメッセージ表示部と、
前記信号生成部で生成された信号に基づいて、前記メッセージ表示部による表示及び非表示を前記所定の周波数で切り換えて、前記可視光に前記所定の周波数の画像を重畳する重畳部と、
を含むノイズ付加装置。
[請求項9]
盗撮の対象物を目視した際に人間の眼には知覚されず、かつ前記対象物をカメラで撮影した撮影映像を目視した際に人間の眼に知覚される、予め定めた所定の周波数で変化する、画像信号に重畳させるためのノイズ信号を記憶するノイズ信号記憶部と、
前記ノイズ信号記憶部から読み出したノイズ信号を、前記画像信号に重畳する重畳部と、
を含むノイズ付加装置。
[請求項10]
盗撮の対象物を目視した際に人間の眼には知覚されず、かつ前記対象物をカメラで撮影した撮影映像を目視した際に人間の眼に知覚される、所定の周波数で変化する画像を、可視光に重畳させるための信号を生成し、
前記生成した信号に基づいて、前記可視光の光路上に設けられたシャッタを前記所定の周波数で開閉させて、前記可視光に前記所定の周波数のノイズを重畳する
ノイズ付加方法。
[請求項11]
盗撮の対象物を目視した際に人間の眼には知覚されず、かつ前記対象物をカメラで撮影した撮影映像を目視した際に人間の眼に知覚される、所定の周波数で変化する画像を、可視光に重畳させるための信号を生成し、
前記生成された信号に基づいて、前記可視光の光路上に設けられたメッセージ表示部による表示及び非表示を前記所定の周波数で切り換えて、前記可視光に前記所定の周波数の画像を重畳する
ノイズ付加方法。
[請求項12]
盗撮の対象物を目視した際に人間の眼には知覚されず、かつ前記対象物をカメラで撮影した撮影映像を目視した際に人間の眼に知覚される、予め定めた所定の周波数で変化する、画像信号に重畳させるためのノイズ信号を記憶するノイズ信号記憶部から、ノイズ信号を読み出し、読み出したノイズ信号を前記画像信号に重畳する
ノイズ付加方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • KOGAKUIN UNIVERSITY
  • INTER-UNIVERSITY RESEARCH INSTITUTE CORPORATION RESEARCH ORGANIZATION OF INFORMATION AND SYSTEMS
  • Inventor
  • GOHSHI SEIICHI
  • ECHIZEN ISAO
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close