Top > Search of International Patents > MODE MULTIPLEXER

MODE MULTIPLEXER

Foreign code F150008552
File No. (S2014-0476-N0)
Posted date Nov 26, 2015
Country WIPO
International application number 2015JP055356
International publication number WO 2015133344
Date of international filing Feb 25, 2015
Date of international publication Sep 11, 2015
Priority data
  • P2014-040198 (Mar 3, 2014) JP
Title MODE MULTIPLEXER
Abstract A mode multiplexer wherein a rectangular waveguide that performs separation by removing the degeneration of a TE01 mode and a TE10 mode and the degeneration of a TM01 mode and a TM10 mode. An asymmetrical taper-coupling mode-transitioning waveguide that is formed from a multimode waveguide and a single-mode waveguide is used to perform mode conversion between a higher-order mode of the multimode waveguide and a fundamental mode of the single-mode waveguide by means of an adiabatic mode interaction. The magnitude correlation between the propagation constant of the higher-order mode of the multi-mode waveguide and the propagation constant of the fundamental mode of the single-mode waveguide is interchanged along the direction of propagation, and, as a result of the optical power switch that occurs because of the interchange of the propagation constants, degeneration of the higher-order mode is removed or a degenerate higher-order mode is generated. When degeneration of the higher-order mode is removed, degenerate primary TE and TM modes are separated by a square waveguide into a substrate-parallel-direction higher-order mode and a substrate-perpendicular-direction higher-order mode.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
基板上にコアの断面形状が矩形の2つの単一モード導波路と多モード導波路とで形成される非対称テーパー結合モード遷移型導波路を備えたモード合分波器であり、
前記多モード導波路は、基板に対して平行方向のコア幅と垂直方向のコア厚との比率が伝搬方向に沿って漸次変化するテーパー形状であり、
前記単一モード導波路は、基板上において湾曲した曲線形状であって、基板に対してコア幅が伝搬方向に沿って漸次大きくなるテーパー形状であり、
前記多モード導波路と前記2つの単一モード導波路との配置において、
前記2つの単一モード導波路の内、第1の単一モード導波路は多モード導波路のコア幅方向の面に対して伝搬方向に沿って並置され、第2の単一モード導波路は多モード導波路のコア厚方向の面に対して伝搬方向に沿って積層されて並置され、
前記並置において、前記第1および第2の単一モード導波路は前記曲線形状によって前記多モード導波路に対して近接した後に離隔され、単一モード導波路と多モード導波路とが断熱的なモード相互作用を呈する距離に近接して結合分岐部が形成され、
前記結合分岐部において、前記多モード導波路のテーパー形状による高次モードの縮退及び/又は縮退の解徐と、多モード導波路の高次モードの伝搬定数と単一モード導波路の基本モードの伝搬定数の大小関係の変化に伴う導波路間のモードの断熱遷移とによって、TE及びTMの縦と横の一次モードである、TE10モードとTE01モード及びTM10モードとTM01モードの合波及び/又は分波を行うことを特徴とするモード合分波器。
[請求項2]
前記2つの単一モード導波路において、
前記多モード導波路のコア幅方向の面に並置される第1の単一モード導波路は前記多モード導波路との間で基板平行方向のモード分布をモード遷移し、
前記多モード導波路のコア厚方向の面に並置される第2の単一モード導波路は前記多モード導波路との間で基板垂直方向のモード分布をモード遷移することを特徴とする請求項1に記載のモード合分波器。
[請求項3]
前記結合分岐部において、前記多モード導波路の高次モードの伝搬定数と前記単一モード導波路の基本モードの伝搬定数の大小が入れ替わることを特徴とする請求項1又は2に記載のモード合分波器。
[請求項4]
前記多モード導波路は、縮退したモードを入射又は出射する端部側から縮退が解かれたモードを出射又は入射する端部側に向かって細くなるテーパー形状であり、
前記単一モード導波路は、縮退が解かれたモードを出射又は入射する端部側に向かって太くなるテーパー形状であることを特徴とする、請求項1から3の何れか一つに記載のモード合分波器。
[請求項5]
前記多モード導波路は、縮退したモードを入射又は出射する端部側から縮退が解かれたモードを出射又は入射する端部側に向かって太くなるテーパー形状であり、
前記単一モード導波路は、縮退が解かれたモードを出射又は入射する端部側に向かって太くなるテーパー形状であることを特徴とする、請求項1から3の何れか一つに記載のモード合分波器。
[請求項6]
前記多モード導波路の一端に断面形状が円形の光ファイバを突き合わせて結合させ、
前記多モード導波路と前記光ファイバとの間、又は前記単一モード導波路の一端に偏光分離部材を結合させることを特徴とする、請求項1から5の何れか一つに記載のモード合分波器。
[請求項7]
前記円形の光ファイバと結合する多モード導波路の端部の断面形状は、正方形状又は、縦長あるいは横長の長方形の形状であり、基板に対して平行方向のコア幅と垂直方向のコア厚との比率は前記端部面から伝搬方向に沿って漸次変化することを特徴とする、請求項6に記載のモード合分波器。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION YOKOHAMA NATIONAL UNIVERSITY
  • Inventor
  • KOKUBUN YASUO
  • WATANABE TATSUHIKO
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG
(In Japanese)掲載特許について詳しくお知りになりたい方はHPの「お問い合わせ」ページにてお問い合わせください。

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close