Top > Search of International Patents > DEUTERATION METHOD AND DEUTERATION CATALYST

DEUTERATION METHOD AND DEUTERATION CATALYST

Foreign code F150008554
File No. (S2014-0394-N0)
Posted date Nov 26, 2015
Country WIPO
International application number 2015JP055652
International publication number WO 2015129813
Date of international filing Feb 26, 2015
Date of international publication Sep 3, 2015
Priority data
  • P2014-035554 (Feb 26, 2014) JP
Title DEUTERATION METHOD AND DEUTERATION CATALYST
Abstract The present invention provides: a deuteration method that is both cost effective and has an excellent deuteration rate; a method for selectively replacing a leaving group of an aromatic compound with deuterium; and a deuteration catalyst used in said methods. The present invention relates to a deuteration catalyst that includes a carbene ligand derived from a compound represented by formula (I) and a transition metal, and to a deuteration method using said catalyst.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
式(I):
[化1]
[式中、
環A及び環Bは、それぞれ独立して、さらに置換されていてもよい芳香環を示し;
環Cは、さらに置換されていてもよいカチオン性二窒素含有環を示し;
Xは、アニオンを示し;
Y1及びY2は、それぞれ独立して、結合手又はメチレンを示す。]
で表される化合物から誘導されるカルベン配位子と遷移金属とを含む重水素化触媒。
[請求項2]
式(I):
[化2]
[式中、
環A及び環Bは、それぞれ独立して、さらに置換されていてもよい芳香環を示し;
環Cは、さらに置換されていてもよいカチオン性二窒素含有環を示し;
Xは、アニオンを示し;
Y1及びY2は、それぞれ独立して、結合手又はメチレンを示す。]
で表される化合物と遷移金属化合物とから調製される重水素化触媒。
[請求項3]
遷移金属がパラジウムである、請求項1または2に記載の重水素化触媒。
[請求項4]
Xが、塩化物イオンである、請求項1~3の何れか1項に記載の重水素化触媒。
[請求項5]
芳香族炭素原子に結合した脱離基の重水素原子への置換反応を触媒するための、請求項1~4の何れか1項に記載の重水素化触媒。
[請求項6]
脱離基がハロゲン原子である、請求項5に記載の重水素化触媒。
[請求項7]
式(I):
[化3]
[式中、
環A及び環Bは、それぞれ独立して、さらに置換されていてもよい芳香環を示し;
環Cは、さらに置換されていてもよいカチオン性二窒素含有環を示し;
Xは、アニオンを示し;
Y1及びY2は、それぞれ独立して、結合手又はメチレンを示す。]
で表される、重水素化触媒のための配位子前駆体。
[請求項8]
式(II):
[化4]
[式中、
R1a及びR1bは、それぞれ独立して、水素原子、置換されていてもよい炭化水素基又は置換されていてもよいアミノ基を示し;
R1cは、それぞれ独立して、置換基を示し;
R2a及びR2bは、それぞれ独立して、水素原子又は置換されていてもよい炭化水素基を示し;
R2cは、それぞれ独立して、置換基を示し;
R3及びR4は、それぞれ独立して、水素原子又は置換されていてもよい炭化水素基を示すか、或いはR3及びR4が結合する炭素原子と一緒になって置換されていてもよい環を形成していてもよく;
Xは、アニオンを示し;
Yは、結合手又はメチレンを示し;
n1及びn2は、それぞれ独立して、0~3の整数を示す。]
で表される化合物(ただし、3-(2-エチルフェニル)-4,5-ジメチル-1-(2,4,6-トリメチルベンジル)イミダゾリウムクロリド、1-(2,4,6-トリメチルベンジル)-3-(4-メトキシフェニル)-4,5-ジメチルイミダゾリウムクロリド及び1-(2,4,6-トリメチルベンジル)-4,5-ジメチル-3-フェニルイミダゾリウムクロリドを除く)。
[請求項9]
R1a及びR1bは、それぞれ独立して、水素原子、置換されていてもよいアルキル基又は置換されていてもよいアミノ基である、請求項8に記載の化合物。
[請求項10]
R1a及びR1bの少なくとも一方が、水素原子ではない、請求項8または9に記載の化合物。
[請求項11]
R2a及びR2bは、それぞれ独立して、水素原子又は置換されていてもよいアルキル基である、請求項8~10の何れか1項に記載の化合物。
[請求項12]
Yが、結合手である、請求項8~11の何れか1項に記載の化合物。
[請求項13]
R3及びR4が、メチルである、請求項8~12の何れか1項に記載の化合物。
[請求項14]
Xが、塩化物イオンである、請求項8~13の何れか1項に記載の化合物。
[請求項15]
請求項8~14の何れか1項に記載の化合物から誘導されるカルベン配位子と遷移金属とを含む錯体。
[請求項16]
請求項8~14の何れか1項に記載の化合物と遷移金属化合物とから調製される錯体。
[請求項17]
脱離基を有する芳香族化合物を、有機溶媒中、請求項1~6の何れか1項に記載の重水素化触媒、重水素化剤及び塩基の存在下反応させることにより、芳香族炭素原子に結合した上記脱離基を重水素原子に置換する方法。
[請求項18]
重水素化剤が、式(III):
[化5]
[式中、R5及びR6は、それぞれ独立して、置換基を示し;Dは、重水素原子を示す。]
で表される化合物である、請求項17に記載の方法。
[請求項19]
重水素化剤の使用量が、上記脱離基に対して、1モル当量~3モル当量である、請求項17または18に記載の方法。
[請求項20]
有機溶媒が重溶媒ではない、請求項17~19の何れか1項に記載の方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • NAGASAKI UNIVERSITY
  • Inventor
  • KURIYAMA MASAMI
  • ONOMURA OSAMU
  • SATO KANAKO
  • YANO GEMBA
  • HAMAGUCHI NORIHISA
  • KUJIRADA SHOTA
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG
We are looking for any manufacturer or licensee. Please contact us if you are interested in this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close