Top > Search of International Patents > RIBONUCLEOSIDE ANALOG HAVING AZIDE GROUPS AND METHOD FOR PRODUCING SAME, AND CHIMERA-TYPE OLIGORIBONUCLEOTIDE ANALOG CONTAINING TRIAZOLE LINKING-TYPE OLIGORIBONUCLEOTIDE FORMED FROM SUCH ANALOG

RIBONUCLEOSIDE ANALOG HAVING AZIDE GROUPS AND METHOD FOR PRODUCING SAME, AND CHIMERA-TYPE OLIGORIBONUCLEOTIDE ANALOG CONTAINING TRIAZOLE LINKING-TYPE OLIGORIBONUCLEOTIDE FORMED FROM SUCH ANALOG

Foreign code F150008602
File No. (S2014-0518-N0)
Posted date Nov 26, 2015
Country WIPO
International application number 2015JP055405
International publication number WO 2015137121
Date of international filing Feb 25, 2015
Date of international publication Sep 17, 2015
Priority data
  • P2014-046396 (Mar 10, 2014) JP
Title RIBONUCLEOSIDE ANALOG HAVING AZIDE GROUPS AND METHOD FOR PRODUCING SAME, AND CHIMERA-TYPE OLIGORIBONUCLEOTIDE ANALOG CONTAINING TRIAZOLE LINKING-TYPE OLIGORIBONUCLEOTIDE FORMED FROM SUCH ANALOG
Abstract Provided is a means for producing a non-natural nucleoside analog in which position 5 is a hydroxyl group and which is for synthesizing a triazole linking-type non-natural nucleotide having a structure bonded via organic groups containing 1,2,3-triazole rings. The present invention is related to a method for producing a compound represented by formula (Ic) (in the formula, each X is independently selected from a purine base and a pyrimidine base, and PG2 and PG5 are each independently hydrogen or a protector group) wherein, the method includes performing 3β-azidation of the 3α-hydroxyl of D-xylose using D-xylose as the starting material, and bonding the purine base or pyrimidine base at position 1.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
式(Ic):
[化1]
[式中、
Xは、それぞれ独立して、プリン塩基及びピリミジン塩基から選択され;
PG2及びPG5は、それぞれ独立して、水素又は保護基である]
で表される化合物の製造方法であって、
D-キシロースを出発原料として、D-キシロースの3α-ヒドロキシルを3β-アジド化し、且つ1-位にプリン塩基又はピリミジン塩基を結合させることを含む、前記方法。
[請求項2]
D-キシロースから、式(II):
[化2]
[式中、
PG1’及びPG2’は、塩基性条件下において安定で、且つ酸処理によって脱保護される保護基であって、
但し、PG1’及びPG2’は、それぞれ同一若しくは異なる独立した基であるか、又は
それらが一緒になって形成される1個の基である]
で表される化合物を形成させる、フラノース環形成工程;
式(II)で表される化合物を3β-アジド化して、式(IV):
[化3]
[式中、
PG1’及びPG2’は前記と同義であり;
PG5’は、酸性条件下において安定である保護基である]
で表される化合物を形成させる、アジド基導入工程;
式(IV)で表される化合物を酸処理することによってPG1’及びPG2’を脱保護し、式(V):
[化4]
[式中、PG5’は前記と同義である]
で表される化合物を形成させる、脱保護工程;並びに
式(V)で表される化合物に、プリン塩基又はピリミジン塩基に対するグリコシル化反応を用いてプリン塩基又はピリミジン塩基を導入して、式(Ic)で表される化合物を形成させる、塩基導入工程;
を含む、請求項1に記載の方法。
[請求項3]
式(Ic):
[化5]
[式中、
Xは、それぞれ独立して、プリン塩基及びピリミジン塩基から選択され;
PG2及びPG5は、それぞれ独立して、水素又は保護基である]
で表される化合物若しくはその塩、又はそれらの溶媒和物。
[請求項4]
式(M):
[化6]
[式中、
mは、1以上の整数であり;
X1及びXmは、それぞれ独立して、プリン塩基及びピリミジン塩基から選択され;
R12及びRm2は、それぞれ独立して、ヒドロキシル又はその保護形態であり;
R13は、ヒドロキシル又はその保護形態若しくは活性化形態であり;
Ymは、1,2,3-トリアゾール環を含む二価の基であり;
R5は、ヒドロキシル又はその保護形態であり、
但し、mが2以上の整数の場合、Xm、Rm2及びYmは、それぞれ互いに同一の基であってもよく、異なる基であってもよい]
で表される化合物若しくはその塩、又はそれらの溶媒和物。
[請求項5]
式(N)、(Q)及び(R)のいずれか:
[化7]
[式中、
k、n、r及びsは、それぞれ独立して、0以上の整数であり、
但し、k及びnは、同時に0になることはなく、
r及びsは、同時に0になることはなく;
pは、1以上の整数であり;
m及びqは、それぞれ独立して、0以上の整数であり;
但し、m及びqは、同時に0になることはなく;
tは、0以上の整数であり;
X1、Xk、Xm、Xn、Xp、Xq、Xr及びXsは、それぞれ独立して、プリン塩基及びピリミジン塩基から選択され;
R12、Rk2、Rm2、Rn2、Rp2、Rq2、Rr2及びRs2は、それぞれ独立して、ヒドロキシル又はその保護形態であり;
R13は、ヒドロキシル又はその保護形態若しくは活性化形態であり;
Ym及びYqは、1,2,3-トリアゾール環を含む二価の基であり;
Pk、Pn、Pp、Pr及びPsは、リン酸ジエステル結合、又はリン酸ジエステル結合の非架橋酸素原子が1個以上の硫黄原子若しくはボラノ基で置換された結合からなる群より選択される二価の基であり;
R5は、ヒドロキシル又はその保護形態であり、
但し、kが2以上の整数の場合、Xk、Rk2及びPkは、それぞれ互いに同一の基であってもよく、異なる基であってもよく;
mが2以上の整数の場合、Xm、Rm2及びYmは、それぞれ互いに同一の基であってもよく、異なる基であってもよく;
nが2以上の整数の場合、Xn、Rn2及びPnは、それぞれ互いに同一の基であってもよく、異なる基であってもよく;
pが2以上の整数の場合、Xp、Rp2及びPpは、それぞれ互いに同一の基であってもよく、異なる基であってもよく;
qが2以上の整数の場合、Xq、Rq2及びYqは、それぞれ互いに同一の基であってもよく、異なる基であってもよく;
rが2以上の整数の場合、Xr、Rr2及びPrは、それぞれ互いに同一の基であってもよく、異なる基であってもよく;
sが2以上の整数の場合、Xs、Rs2及びPsは、それぞれ互いに同一の基であってもよく、異なる基であってもよく;
tが2以上の整数の場合、Xm及びXs、Rm2及びRs2、Ym、並びにPsは、それぞれ互いに同一の基であってもよく、異なる基であってもよい]
で表される化合物若しくはその塩、又はそれらの溶媒和物。
[請求項6]
Ym及びYqが、それぞれ独立して、以下の式(Y-I)及び(Y-II):
[化8]
[式中、
*aは、Xm又はXqを含むヌクレオシド部分との結合位置を示し、
*bは、X1、Xn、Xp、Xr又はXsを含むヌクレオシド部分との結合位置を示す]
からなる群より選択される、請求項4又は5に記載の化合物若しくはその塩、又はそれらの溶媒和物。
[請求項7]
請求項4に記載の式(M)で表される化合物の製造方法であって、以下の工程:
式(IA):
[化9]
[式中、
XIAは、それぞれ独立して、プリン塩基及びピリミジン塩基から選択され;
RIA2は、水素、ヒドロキシル又はその保護形態であり;
RIA5は、水素又は保護基である]
で表される化合物と式(IB):
[化10]
[式中、
XIBは、それぞれ独立して、プリン塩基及びピリミジン塩基から選択され;
RIB2は、水素、ヒドロキシル又はその保護形態であり;
RIB3は、ヒドロキシル又はその保護形態若しくは活性化形態であり;
RIB5は、水素又は保護基である]
で表される化合物とを連結反応させる、工程(1);
前記工程(1)で得られた工程(1)の連結体とm-2個の式(IA)で表される化合物とを順次連結反応させる、工程(2);
前記工程(2)で得られた工程(2)の連結体と式(IC):
[化11]
[式中、
R5は、前記と同義であり;
R2は、Rm2と同義であり;
Xは、Xmと同義である]
で表される化合物とを連結反応させる工程(3);
を含む、前記方法。
[請求項8]
請求項5又は6に記載の式(N)で表される化合物の製造方法であって、以下の工程:
n個のリボヌクレオチドを連結して得られるオリゴリボヌクレオチドと請求項4に記載の式(M)で表される化合物とを連結反応させる工程(1);
前記工程(1)で得られた工程(1)の連結体とk個のリボヌクレオチドとを順次連結反応させる工程(2);
を含む、前記方法。
[請求項9]
請求項5又は6に記載の式(Q)で表される化合物の製造方法であって、以下の工程:
請求項4に記載の式(M)で表される化合物とp-1個のリボヌクレオチドとを順次連結反応させる工程(1);
前記工程(1)で得られた工程(1)の連結体と式(IB):
[化12]
[式中、
XIBは、それぞれ独立して、プリン塩基及びピリミジン塩基から選択され;
RIB2は、水素、ヒドロキシル又はその保護形態であり;
RIB3は、ヒドロキシル又はその保護形態若しくは活性化形態であり;
RIB5は、水素又は保護基である]
で表される化合物とを連結反応させる工程(2);
前記工程(2)で得られた工程(2)の連結体とq-1個の式(IA):
[化13]
[式中、
XIAは、それぞれ独立して、プリン塩基及びピリミジン塩基から選択され;
RIA2は、水素、ヒドロキシル又はその保護形態であり;
RIA5は、水素又は保護基である]
で表される化合物とを順次連結反応させる工程(3);
前記工程(3)で得られた工程(3)の連結体と式(IC):
[化14]
[式中、
R5は、前記と同義であり;
R2は、Rm2と同義であり;
Xは、Xmと同義である]
で表される化合物とを連結反応させる工程(4);
を含む、前記方法。
[請求項10]
請求項5又は6に記載の式(R)で表される化合物の製造方法であって、以下の工程:
r個のリボヌクレオチドを連結して得られるオリゴリボヌクレオチドと請求項4に記載の式(M)で表される化合物とを連結反応させる工程(1);
前記工程(1)で得られた工程(1)の連結体とs-1個のリボヌクレオチドとを順次連結反応させる工程(2);
前記工程(2)で得られた工程(2)の連結体と式(IB):
[化15]
[式中、
XIBは、それぞれ独立して、プリン塩基及びピリミジン塩基から選択され;
RIB2は、水素、ヒドロキシル又はその保護形態であり;
RIB3は、ヒドロキシル又はその保護形態若しくは活性化形態であり;
RIB5は、水素又は保護基である]
で表される化合物とを連結反応させる工程(3);
前記工程(3)で得られた工程(3)の連結体とm-1個の式(IA):
[化16]
[式中、
XIAは、それぞれ独立して、プリン塩基及びピリミジン塩基から選択され;
RIA2は、水素、ヒドロキシル又はその保護形態であり;
RIA5は、水素又は保護基である]
で表される化合物とを順次連結反応させる工程(4-i)と、
前記工程(4-i)で得られた工程(4-i)の連結体と式(IC):
[化17]
[式中、
R5は、前記と同義であり;
R2は、Rm2と同義であり;
Xは、Xmと同義である]
で表される化合物とを連結反応させる工程(4-ii)と、
前記工程(4-ii)で得られた工程(4-ii)の連結体とs-1個のリボヌクレオチドとを順次連結反応させる工程(4-iii)と、
前記工程(4-iii)で得られた工程(4-iii)の連結体と式(IB):
[化18]
[式中、
XIBは、それぞれ独立して、プリン塩基及びピリミジン塩基から選択され;
RIB2は、水素、ヒドロキシル又はその保護形態であり;
RIB3は、ヒドロキシル又はその保護形態若しくは活性化形態であり;
RIB5は、水素又は保護基である]
で表される化合物とを連結反応させる工程(4-iv)と、
をt-1回繰り返す工程(4);
前記工程(4)で得られた工程(4)の連結体とq-1個の式(IA)で表される化合物とを順次連結反応させる工程(5);
前記工程(5)で得られた工程(5)の連結体と式(IC)で表される化合物とを連結反応させる工程(6);
を含む、前記方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • TOHOKU UNIVERSITY
  • Inventor
  • ISOBE HIROYUKI
  • FUJINO TOMOKO
  • KOGASHI KANAKO
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG
Please contact us by facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close