Top > Search of International Patents > SLIDING METHOD, PRODUCTION METHOD FOR SLIDING STRUCTURE, SLIDING STRUCTURE, AND DEVICE

SLIDING METHOD, PRODUCTION METHOD FOR SLIDING STRUCTURE, SLIDING STRUCTURE, AND DEVICE

Foreign code F150008603
File No. (S2014-0865-N0)
Posted date Nov 26, 2015
Country WIPO
International application number 2015JP062325
International publication number WO 2015163389
Date of international filing Apr 23, 2015
Date of international publication Oct 29, 2015
Priority data
  • P2014-090332 (Apr 24, 2014) JP
Title SLIDING METHOD, PRODUCTION METHOD FOR SLIDING STRUCTURE, SLIDING STRUCTURE, AND DEVICE
Abstract In the present invention, a first sliding member and a second sliding member each have a sliding surface comprising a hard carbon film. Protrusions (6) are present on sliding surface of the first sliding member. The friction work per unit area of the sliding surface of the first sliding member is less than the friction work per unit area of the sliding surface of the second sliding member. Conformity processing of the first sliding member and the second sliding member is performed in a fluid-free environment and then the first sliding member and the second sliding member are caused to slide in fluid, until the average height of the protrusions in the first sliding member is less than the amount of elastic deformation that occurs in the first sliding member as a result of the load from the second sliding member when the first sliding member and the second sliding member are caused to slide. As a result, the present invention enables sliding members having a hard carbon film to slide without causing separation, in a fluid environment particularly a water environment.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
第1の摺動部材と第2の摺動部材とを液体中で摺動させる方法であって、
前記第1の摺動部材と前記第2の摺動部材はそれぞれ、硬質炭素膜からなる摺動面を有しており、
前記第1の摺動部材における前記摺動面には凸部が存在し、
前記第1の摺動部材における前記摺動面での単位面積あたりの摩擦仕事量は、前記第2の摺動部材における前記摺動面での単位面積あたりの摩擦仕事量よりも小さく、
前記第1の摺動部材における前記凸部の平均高さが、前記第1の摺動部材と前記第2の摺動部材とを摺動させるときに前記第2の摺動部材からの荷重によって前記第1の摺動部材に生じる弾性変形量よりも小さくなるまで、前記第1の摺動部材と前記第2の摺動部材とのなじみ処理を前記液体が存在しない環境下で行った後、前記第1の摺動部材と前記第2の摺動部材とを前記液体中で摺動させることを
特徴とする摺動方法。
[請求項2]
前記なじみ処理における速度及び荷重は、前記第1の摺動部材と前記第2の摺動部材とを摺動させるときの速度及び荷重と同じであることを特徴とする、請求項1に記載の摺動方法。
[請求項3]
前記液体が存在しない環境は酸化雰囲気であることを特徴とする請求項1又は2に記載の摺動方法。
[請求項4]
前記液体が存在しない環境は大気であることを特徴とする、請求項1又は2に記載の摺動方法。
[請求項5]
前記硬質炭素膜はダイヤモンドライクカーボン膜であることを特徴とする、請求項1乃至4のいずれか1項に記載の摺動方法。
[請求項6]
前記液体は水またはアルコールであることを特徴とする、請求項1乃至5のいずれか1項に記載の摺動方法。
[請求項7]
液体中で摺動する第1の摺動部材と第2の摺動部材とを有する摺動構造の製造方法であって、
硬質炭素膜からなる摺動面を有し、その摺動面に凸部が存在する前記第1の摺動部材と、硬質炭素膜からなる摺動面を有し、その摺動面での単位面積あたりの摩擦仕事量が、前記第1の摺動部材における前記摺動面での単位面積あたりの摩擦仕事量以上である前記第2の摺動部材とのなじみ処理を、前記第1の摺動部材における前記凸部の平均高さが、前記第1の摺動部材と前記第2の摺動部材とを摺動させるときに前記第2の摺動部材からの荷重によって前記第1の摺動部材に生じる弾性変形量よりも小さくなるまで、前記液体が存在しない環境下で行うことを
特徴とする摺動構造の製造方法。
[請求項8]
前記なじみ処理の後、前記第1の摺動部材と前記第2の摺動部材とを前記液体中で摺動させることを特徴とする請求項7に記載の摺動構造の製造方法。
[請求項9]
前記なじみ処理における速度及び荷重は、前記第1の摺動部材と前記第2の摺動部材とを摺動させるときの速度及び荷重と同じであることを特徴とする請求項7または8に記載の摺動構造の製造方法。
[請求項10]
前記液体が存在しない環境は酸化雰囲気であることを特徴とする請求項7乃至9のいずれか1項に記載の摺動構造の製造方法。
[請求項11]
前記液体が存在しない環境は大気であることを特徴とする、請求項7乃至9のいずれか1項に記載の摺動構造の製造方法。
[請求項12]
前記硬質炭素膜はダイヤモンドライクカーボン膜であることを特徴とする、請求項7乃至11のいずれか1項に記載の摺動構造の製造方法。
[請求項13]
前記液体は水またはアルコールであることを特徴とする、請求項7乃至12のいずれか1項に記載の摺動構造の製造方法。
[請求項14]
請求項7乃至13のいずれか1項に記載の摺動構造の製造方法によって製造されることを特徴とする摺動構造。
[請求項15]
請求項14記載の摺動構造を含むことを特徴とする、デバイス。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • TOHOKU UNIVERSITY
  • DENSO CORPORATION
  • Inventor
  • NIIYAMA YASUNORI
  • ADACHI KOSHI
  • OKADA HIROSHI
  • ODA SHUZO
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG
Please contact us by facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close