Top > Search of International Patents > SELF-REPAIRING WIRING AND STRETCHABLE DEVICE

SELF-REPAIRING WIRING AND STRETCHABLE DEVICE

Foreign code F150008616
File No. (S2014-0489-N0)
Posted date Dec 16, 2015
Country WIPO
International application number 2015JP054888
International publication number WO 2015125944
Date of international filing Feb 20, 2015
Date of international publication Aug 27, 2015
Priority data
  • P2014-032182 (Feb 21, 2014) JP
Title SELF-REPAIRING WIRING AND STRETCHABLE DEVICE
Abstract This self-repairing wiring (1) has a structure wherein metal wiring (3) is provided on a stretchable flexible substrate (2), and as a repair part for cracks (7) which occur in the metal wiring (3), the metal wiring (3) is covered with a liquid (5) having metal nanoparticles dispersed (4) therein. Even if a crack (7) occurs in the metal wiring (3) as a result of stretching of the flexible substrate (2), the crack (7) is bridged by metal nanoparticles (4) in the fluid (5), by using a force which selectively acts only on the crack (7) part, thereby selectively repairing the metal wiring (3) only in the part where the crack (7) has occurred. In addition, a stretchable device is provided by combining such a self-repairing wiring (1) with an electrical element which does not stretch. As a result of this configuration, self-repairing wiring and a stretchable device with high conductivity and high stretchability are provided.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
第1基材に電気配線を配設し、前記電気配線に生じるクラックの修復部として、導電性粒子を分散させた流動体で前記電気配線を覆う構造を備えたことを特徴とする自己修復型配線。
[請求項2]
前記電気配線への電圧印加を可能にし、前記クラックの部分にのみ電界を生じさせる端子部を、前記電気配線に設けたことを特徴とする請求項1記載の自己修復型配線。
[請求項3]
前記電気配線の表面を、前記導電性粒子の表面と同極に帯電させ、前記クラックの部分で前記流動体に接する前記第1基材の表面を、前記導電性粒子の表面と異極に帯電させることを特徴とする請求項1記載の自己修復型配線。
[請求項4]
前記導電性粒子が、前記クラックの部分で前記電気配線よりも先に熱で融解するものであることを特徴とする請求項1~3の何れか一つに記載の自己修復型配線。
[請求項5]
前記導電性粒子が金属粒子であることを特徴とする請求項1~4のいずれか一つに記載の自己修復型配線。
[請求項6]
第1基材に電気配線を配設し、前記電気配線に生じるクラックの修復部として、金属イオンを溶解した流動体で前記電気配線を覆う構造を備えたことを特徴とする自己修復型配線。
[請求項7]
前記電気配線への電圧印加を可能にし、前記クラックの部分にのみ電界を生じさせる端子部を、前記電気配線に設けたことを特徴とする請求項6記載の自己修復型配線。
[請求項8]
前記クラックの部分で前記流動体に接する前記第1基材の表面にのみ、無電解メッキにより前記金属イオンから固体金属を析出させる構成としたことを特徴とする請求項6記載の自己修復型配線。
[請求項9]
前記金属イオンから析出される固体金属が、前記クラックの部分で前記電気配線よりも先に熱で融解するものであることを特徴とする請求項6~8の何れか一つに記載の自己修復型配線。
[請求項10]
前記第1基材が伸縮可能であることを特徴とする請求項1~9のいずれか一つに記載の自己修復型配線。
[請求項11]
前記電気配線が金属配線であることを特徴とする請求項1~10のいずれか一つに記載の自己修復型配線。
[請求項12]
前記電気配線の所定の場所でクラックが発生するように、前記電気配線または前記第1基材の少なくとも一方が構成されていることを特徴とする請求項1~11のいずれか一つに記載の自己修復型配線。
[請求項13]
前記第1基材と、当該第1基材よりも剛性の高い第2基材とにより基板を構成し、前記第2基材にのみ電気素子を実装したことを特徴とする請求項1~12のいずれか一つに記載の自己修復型配線を備えた伸縮デバイス。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • WASEDA UNIVERSITY
  • Inventor
  • IWASE EIJI
  • KOSHI TOMOYA
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close