Top > Search of International Patents > BILIARY DRAINAGE TUBE

BILIARY DRAINAGE TUBE

Foreign code F150008618
File No. (S2014-0422-N0)
Posted date Dec 16, 2015
Country WIPO
International application number 2015JP055194
International publication number WO 2015133333
Date of international filing Feb 24, 2015
Date of international publication Sep 11, 2015
Priority data
  • P2014-040139 (Mar 3, 2014) JP
Title BILIARY DRAINAGE TUBE
Abstract The purpose of the present invention is to provide a biliary drainage tube that makes it possible to arrange an external tube and an internal tube by using a single endoscopic procedure. The present invention is a tube to be used to drain the biliary tract, wherein the tube is provided with a long external tube (2) and an internal tube (3) detachably provided at the distal end of the external tube (2). Both the external tube (2) and internal tube (3) can also be positioned at the bile duct (Cd). Thus, because the internal tube (3) alone can be left in the bile duct by removing the external tube (2), surgery by endoscopy (E) need not be repeated when switching from the external tube (2) to the internal tube (3), and therefore the burden on the patient can be reduced.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
胆道をドレナージするために使用されるチューブであって、
長尺な外瘻チューブと、
該外瘻チューブの先端に該外瘻チューブから分離可能に設けられた内瘻チューブと、を備えて
いる
ことを特徴とする胆道ドレナージチューブ。
[請求項2]
前記内瘻チューブは、
前記外瘻チューブの先端に挿入された状態で前記外瘻チューブに取り付けられている
ことを特徴とする請求項1記載の胆道ドレナージチューブ。
[請求項3]
前記外瘻チューブは、
本体部と、該本体部の先端部に設けられた細径部を備えており、
該細径部は、
本体部の外径および前記内瘻チューブの内径よりも外径が細くなるように形成されており、
前記内瘻チューブは、
前記外瘻チューブの細径部が該内瘻チューブ内に挿入された状態で前記外瘻チューブに取り付けられている
ことを特徴とする請求項2記載の胆道ドレナージチューブ。
[請求項4]
前記内瘻チューブの脱落を防止する脱落防止部を備えている
ことを特徴とする請求項1、2または3記載の胆道ドレナージチューブ。
[請求項5]
前記脱落防止部は、
前記内瘻チューブと前記外瘻チューブを連結するものであり、体内で溶ける素材によって形成されている
ことを特徴とする請求項4記載の胆道ドレナージチューブ。
[請求項6]
前記脱落防止部が、
前記内瘻チューブと前記外瘻チューブを連結する糸および/またはテープおよび/または接着剤である
ことを特徴とする請求項5記載の胆道ドレナージチューブ。
[請求項7]
前記外瘻チューブの細径部は、
その軸方向の長さが前記内瘻チューブの長さよりも長くなっており、
前記内瘻チューブの脱落を防止する脱落防止部を備えており、
該脱落防止部は、
前記外瘻チューブの細径部に設けられた、前記内瘻チューブの内径よりも径が太くなった部分であり、
前記内瘻チューブを取り付けた状態において、前記内瘻チューブの先端から突出した位置に設けられており、
外部からの刺激により径を収縮し得る構造を有している
ことを特徴とする請求項3記載の胆道ドレナージチューブ。
[請求項8]
前記脱落防止部は、
前記外瘻チューブの細径部を変形させて形成されたものであり、ガイドワイヤーよりも剛性の低い素材によって形成されている
ことを特徴とする請求項7記載の胆道ドレナージチューブ。
[請求項9]
前記脱落防止部は、
前記外瘻チューブの細径部を螺旋状に形成したものである
ことを特徴とする請求項7または8記載の胆道ドレナージチューブ。
[請求項10]
前記内瘻チューブと前記外瘻チューブを連結する連結部が設けられており、
該連結部は、
超音波刺激によって前記内瘻チューブと前記外瘻チューブの連結が分離し得るように構成されている
ことを特徴とする請求項1記載の胆道ドレナージチューブ。
[請求項11]
前記内瘻チューブと前記外瘻チューブが連続した一本のチューブから形成されている
ことを特徴とする請求項10記載の胆道ドレナージチューブ。
[請求項12]
胆道をドレナージするために使用されるチューブであって、
本体部と、
該本体部の先端に設けられた細径部と、を備えており、
該細径部は、
前記本体部の外径および内瘻チューブの内径よりも外径が細いものである
ことを特徴とする胆道ドレナージチューブ。
[請求項13]
前記細径部に、前記内瘻チューブの脱落を防止する脱落防止部が形成されている
ことを特徴とする請求項12記載の胆道ドレナージチューブ。
[請求項14]
前記細径部は、
その軸方向の長さが前記内瘻チューブの長さよりも長くなっており、
前記脱落防止部は、
前記内瘻チューブの内径よりも径が太くなった部分であり、
前記内瘻チューブを取り付けたときに、前記内瘻チューブの先端から突出する位置に設けられており、
外部からの刺激により径を収縮し得る構造を有している
ことを特徴とする請求項13記載の胆道ドレナージチューブ。
[請求項15]
前記脱落防止部は、
前記外瘻チューブの細径部を変形させて形成されたものであり、ガイドワイヤーよりも剛性の低い素材によって形成されている
ことを特徴とする請求項13記載の胆道ドレナージチューブ。
[請求項16]
前記脱落防止部は、
前記外瘻チューブの細径部を螺旋状に形成したものである
ことを特徴とする請求項14または15記載の胆道ドレナージチューブ。
[請求項17]
前記内瘻チューブは、
その一端に、その一端から軸方向に延びる切欠きおよび/または切れ目が形成されている
ことを特徴とする請求項1乃至11のいずれかに記載の胆道ドレナージチューブ。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION KAGAWA UNIVERSITY
  • Inventor
  • KAMADA HIDEKI
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close