Top > Search of International Patents > METHOD FOR PREPARING CRYSTALLOGRAPHY SAMPLE AND METHOD FOR DETERMINING MOLECULAR STRUCTURE OF METABOLITE

METHOD FOR PREPARING CRYSTALLOGRAPHY SAMPLE AND METHOD FOR DETERMINING MOLECULAR STRUCTURE OF METABOLITE

Foreign code F150008626
File No. (AF11P026)
Posted date Dec 16, 2015
Country WIPO
International application number 2014JP067233
International publication number WO 2015098152
Date of international filing Jun 27, 2014
Date of international publication Jul 2, 2015
Priority data
  • P2013-273547 (Dec 27, 2013) JP
Title METHOD FOR PREPARING CRYSTALLOGRAPHY SAMPLE AND METHOD FOR DETERMINING MOLECULAR STRUCTURE OF METABOLITE
Abstract The present invention is a method that is for preparing a crystallography sample for determining the molecular structure of a metabolite and that is characterized by having a step in which, by means of contacting, to a solvent solution containing the metabolite, a monocrystal of a porous compound having a 3D skeleton, which is configured from one or more molecular chains or one or more molecular chains and a skeleton forming compound, and pores and/or cavities formed by being partitioned by the 3D skeleton and arranged in a regular manner three-dimensionally, a crystallography sample is prepared in which the molecules of the metabolite are regularly arranged within the pores and/or cavities of the monocrystal.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
代謝物の分子構造を決定するための結晶構造解析用試料の作製方法であって、
1若しくは2以上の分子鎖、又は、1若しくは2以上の分子鎖及び骨格形成性化合物によって構成された三次元骨格と、該三次元骨格によって仕切られて形成された、三次元的に規則正しく整列した、細孔及び/又は中空とを有する、多孔性化合物の単結晶を、前記代謝物を含む溶媒溶液と接触させることにより、
前記代謝物の分子が、前記単結晶の細孔及び/又は中空内に、規則的に配列されてなる結晶構造解析用試料を作製する工程を有すること
を特徴とする結晶構造解析用試料の作製方法。
[請求項2]
前記代謝物が、薬剤活性成分の代謝物、農薬活性成分の代謝物及び食品の代謝物からなる群から選ばれるいずれかである、請求項1に記載の結晶構造解析用試料の作製方法。
[請求項3]
前記代謝物を含む溶媒溶液中の代謝物の含有量が5mg以下である、請求項1または2に記載の結晶構造解析用試料の作製方法。
[請求項4]
前記代謝物を含む溶媒溶液が、生体から採取した生体試料液、培地から得られる溶液、又は、前記生体試料液又は培地を精製して得られた精製処理液である、請求項1~3のいずれかに記載の結晶構造解析用試料の作製方法。
[請求項5]
前記多孔性化合物が、配位性部位を2つ以上有する配位子及び中心金属としての金属イオンとを含む多核金属錯体である、請求項1~4のいずれかに記載の結晶構造解析用試料の作製方法。
[請求項6]
前記多孔性化合物が、配位性部位を2つ以上有する配位子の複数、及び中心金属としての金属イオンの複数から、自己組織的に形成された多核金属錯体である、請求項5に記載の結晶構造解析用試料の作製方法。
[請求項7]
前記配位性部位を2つ以上有する配位子が、下記式(1)
[化1]
(式中、Arは、置換基を有していてもよい3価の芳香族基を表す。X1~X3は、それぞれ独立に、2価の有機基、またはArとY1~Y3とを直接結ぶ単結合を表す。Y1~Y3は、それぞれ独立に、配位性部位を有する1価の有機基を表す。)
で示される三座配位子である、請求項5または6に記載の結晶構造解析用試料の作製方法。
[請求項8]
前記中心金属としての金属イオンが、周期表第8~12族の金属のイオンであることを特徴とする、請求項5~7のいずれかに記載の結晶構造解析用試料の作製方法。
[請求項9]
前記単結晶を、前記代謝物を含む溶媒溶液と接触させる手段が、前記単結晶を、前記溶媒溶液に浸漬させるものである、請求項1~8のいずれかに記載の結晶構造解析用試料の作製方法。
[請求項10]
代謝物の分子構造決定方法であって、請求項1~9のいずれかに記載の方法により得られた結晶構造解析用試料を用いて、結晶構造解析法により、代謝物の分子構造を決定するステップを含むことを特徴とする代謝物の分子構造決定方法。
[請求項11]
代謝物の分子構造決定方法であって、請求項1~9のいずれかに記載の方法により得られた結晶構造解析用試料についての結晶構造解析データと、前記代謝物の親化合物の分子が、前記単結晶と同一の単結晶の細孔及び/又は中空内に、規則的に配列されてなる結晶構造解析用試料についての結晶構造解析データと、を比較するステップを含むことを特徴とする代謝物の分子構造決定方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • JAPAN SCIENCE AND TECHNOLOGY AGENCY
  • Inventor
  • FUJITA MAKOTO
  • INOKUMA YASUHIDE
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG
Reference ( R and D project ) CREST Development of the Foundation for Nano-Interface Technology AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close