Top > Search of International Patents > STRETCHABLE CONDUCTOR, METHOD FOR MANUFACTURING SAME, AND PASTE FOR FORMING STRETCHABLE CONDUCTOR

STRETCHABLE CONDUCTOR, METHOD FOR MANUFACTURING SAME, AND PASTE FOR FORMING STRETCHABLE CONDUCTOR meetings

Foreign code F150008628
File No. (E114P14)
Posted date Dec 17, 2015
Country WIPO
International application number 2015JP053298
International publication number WO 2015119217
Date of international filing Feb 5, 2015
Date of international publication Aug 13, 2015
Priority data
  • P2014-020830 (Feb 5, 2014) JP
Title STRETCHABLE CONDUCTOR, METHOD FOR MANUFACTURING SAME, AND PASTE FOR FORMING STRETCHABLE CONDUCTOR meetings
Abstract This stretchable conductor is characterized in comprising a mixture comprising an elastomeric stretchable part and at least one type of electroconductive particles dispersed in the stretchable part, a conducting part in which the electroconductive particles are collected at a higher density than that in the interior of the mixture being formed at one or more locations on an interface of the mixture.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
エラストマーからなる伸縮部と、この伸縮部に分散された少なくとも1種類の導電粒子とからなる混合物から構成され、前記混合物が有する界面の1つもしくは複数の位置に、前記混合物の内部側よりも前記導電粒子を密に集合させた導通部が形成されたことを特徴とする伸縮性導電体。
[請求項2]
前記導電粒子が前記エラストマーの質量に対し、400%以下含有されてなる請求項1に記載の伸縮性導電体。
[請求項3]
前記伸縮性導体が、前記エラストマーを溶解する少なくとも1つの第1溶媒と、前記第1溶媒に10%以上溶解しない第2溶媒と、少なくとも1種類の導電粒子とからなる混合液を乾燥して得られたことを特徴とする請求項1に記載の伸縮性導電体。
[請求項4]
前記第2溶媒が水または水を主成分とする溶媒であり、更に水に溶解する界面活性剤を含んでいることを特徴とする請求項3に記載の伸縮性導電体。
[請求項5]
前記エラストマーが架橋されていることを特徴とする請求項1に記載の伸縮性導電体。
[請求項6]
前記エラストマーがフッ素ゴムであることを特徴とする請求項1に記載の伸縮性導電体。
[請求項7]
エラストマーを溶解する少なくとも一つの第1溶媒と、該第1溶媒に溶解されたエラストマーと、前記第1溶媒に対し10%以上溶解しない第2溶媒と、少なくとも1種類の導電粒子を具備してなる伸縮性導電体成形用ペースト。
[請求項8]
前記導電粒子が前記エラストマーに対し400質量%以下含有されたことを特徴とする請求項7に記載の伸縮性導電体形成用ペースト。
[請求項9]
前記第2溶媒が水または水を主成分とする溶媒であり、更に水に溶解する界面活性剤が含まれてなることを特徴とする請求項7に記載の伸縮性導電体成形用ペースト。
[請求項10]
前記エラストマーがフッ素ゴムであることを特徴とする請求項7に記載の伸縮性導電体形成用ペースト。
[請求項11]
エラストマーからなる伸縮部と、この伸縮部に分散された少なくとも1種類の導電粒子とからなる混合物から構成され、前記混合物が有する界面の1つもしくは複数の位置に、前記混合物の内部側よりも前記導電粒子を密に集合させた導通部が設けられた伸縮性導電体を製造するに際し、
第1溶媒にエラストマーを溶解し、第2溶媒および前記導電粒子を混合した後、導体状に印刷することを特徴とする伸縮性導電体の製造方法。
[請求項12]
前記第1溶媒と前記第2溶媒を相分離させるとともに前記溶媒を乾燥させることにより前記導通部を生成することを特徴とする請求項11に記載の伸縮性導電体の製造方法。
[請求項13]
前記導電粒子を前記エラストマーに対し400質量%以下含有させることを特徴とする請求項11に記載の伸縮性導電体の製造方法。
[請求項14]
前記エラストマーとしてフッ素ゴムを用いることを特徴とする請求項11に記載の伸縮性導電体の製造方法。
[請求項15]
前記第2溶媒として水または水を主成分とする溶媒を用い、更に水に溶解する界面活性剤を含ませることを特徴とする請求項11に記載の伸縮性導電体の製造方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • JAPAN SCIENCE AND TECHNOLOGY AGENCY
  • Inventor
  • SEKITANI TSUYOSHI
  • SOMEYA TAKAO
  • MATSUHISA NAOJI
IPC(International Patent Classification)
Reference ( R and D project ) ERATO SOMEYA Bio-Harmonized Electronics AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close