Top > Search of International Patents > ELECTRODE ARRAY AND BIOLOGICAL SENSOR

ELECTRODE ARRAY AND BIOLOGICAL SENSOR

Foreign code F150008630
File No. (E114P18)
Posted date Dec 17, 2015
Country WIPO
International application number 2015JP053280
International publication number WO 2015119208
Date of international filing Feb 5, 2015
Date of international publication Aug 13, 2015
Priority data
  • P2014-021489 (Feb 6, 2014) JP
Title ELECTRODE ARRAY AND BIOLOGICAL SENSOR
Abstract This electrode array (10) is provided, on a substrate (1) in the given order, with a plurality of electrodes (2) disposed on the same plane, and a biological buffer layer (3). An insulating partition (4) disposed in a manner so as to encircle the electrodes (2) is provided in the biological buffer layer (3).
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
基材上に、同一平面上に配置された複数の電極と、生体バッファ層とが順に積層され、
前記生体バッファ層内に、前記電極を囲むように配置された絶縁性の隔壁を備えることを特徴とする電極アレイ。
[請求項2]
前記生体バッファ層が高含水ゲルからなることを特徴とする請求項1に記載の電極アレイ。
[請求項3]
前記隔壁が生体適合性材料からなり、
前記生体バッファ層の厚みと、前記隔壁の高さがほぼ同じであることを特徴とする請求項1に記載の電極アレイ。
[請求項4]
前記隔壁全体が、前記生体バッファ層によって覆われていることを特徴とする請求項1に記載の電極アレイ。
[請求項5]
前記隔壁内部または下部に、アース配線を備えていることを特徴とする請求項1に記載の電極アレイ。
[請求項6]
前記基材の厚みが、前記生体バッファ層の厚みより薄いことを特徴とする請求項1に記載の電極アレイ。
[請求項7]
前記生体バッファ層のヤング率が、1kPa~100kPaであることを特徴とする請求項1に記載の電極アレイ。
[請求項8]
前記生体バッファ層のヤング率と前記隔壁のヤング率と前記基材のヤング率とが、
前記生体バッファ層のヤング率<前記隔壁のヤング率<前記基材のヤング率の関係にあることを特徴とする請求項1に記載の電極アレイ。
[請求項9]
請求項1~8のいずれか一項に記載の電極アレイと、前記電極アレイの各電極に接続された増幅回路と、前記増幅回路に接続されたトランジスタとを備える生体センサー。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • JAPAN SCIENCE AND TECHNOLOGY AGENCY
  • Inventor
  • KURIBARA KAZUNORI
  • SOMEYA TAKAO
  • SEKITANI TSUYOSHI
IPC(International Patent Classification)
Reference ( R and D project ) ERATO SOMEYA Bio-Harmonized Electronics AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close