Top > Search of International Patents > RESIN COMPOSITION FOR TEMPERATURE SENSOR, ELEMENT FOR TEMPERATURE SENSOR, TEMPERATURE SENSOR, AND METHOD FOR PRODUCING ELEMENT FOR TEMPERATURE SENSOR

RESIN COMPOSITION FOR TEMPERATURE SENSOR, ELEMENT FOR TEMPERATURE SENSOR, TEMPERATURE SENSOR, AND METHOD FOR PRODUCING ELEMENT FOR TEMPERATURE SENSOR meetings

Foreign code F150008631
File No. (E114P16)
Posted date Dec 17, 2015
Country WIPO
International application number 2015JP053272
International publication number WO 2015119205
Date of international filing Feb 5, 2015
Date of international publication Aug 13, 2015
Priority data
  • P2014-021767 (Feb 6, 2014) JP
Title RESIN COMPOSITION FOR TEMPERATURE SENSOR, ELEMENT FOR TEMPERATURE SENSOR, TEMPERATURE SENSOR, AND METHOD FOR PRODUCING ELEMENT FOR TEMPERATURE SENSOR meetings
Abstract In order to provide a resin composition for a temperature sensor that comprises a polymer and has high flexibility, higher sensitivity, and high repeated reproducibility, an element for a temperature sensor, a temperature sensor, and a method for producing the temperature sensor, the resin composition (10) for a temperature sensor is configured to have conductive particles (2) dispersed in an acrylic polymer (1) in which a first acrylic monomer represented by general formula CH2CHCOOX1 and a second acrylic monomer represented by general formula CH2CHCOOX2 have been copolymerized.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
一般式CH2CHCOOX1で示される第1のアクリルモノマーと、一般式CH2CHCOOX2で示される第2のアクリルモノマーと、を共重合体させたアクリルポリマーに、導電性粒子が分散された温度センサー用樹脂組成物。
[請求項2]
前記第1のアクリルモノマーのX1が-(CH2nCH3で表されるアルキル基であり、
前記第2のアクリルモノマーのX2が-(CH2mCH3で表されるアルキル基であり、
nが13~21の整数であり、かつmが1~7の整数であることを特徴とする請求項1に記載の温度センサー用樹脂組成物。
[請求項3]
前記第1のアクリルモノマーおよび前記第2のアクリルモノマーが、形状記憶樹脂に用いられるモノマーであることを特徴とする請求項1に記載の温度センサー用樹脂組成物。
[請求項4]
前記アクリルポリマー中の、前記第1のアクリルモノマーの質量比が、前記第2のアクリルモノマーの質量比よりも大きいことを特徴とする請求項1に記載の温度センサー用樹脂組成物。
[請求項5]
二枚の電極と、二枚の電極に挟まれるように配置された請求項1に記載の温度センサー用樹脂組成物と、を備えることを特徴とする温度センサー用素子。
[請求項6]
二枚の電極が同一平面上にあり、二枚の電極が請求項1に記載の温度センサー用樹脂組成物によって橋渡しされていることを特徴とする温度センサー用素子。
[請求項7]
前記温度センサー用樹脂組成物の、前記電極と反対側の面上に、補助電極を有することを特徴とする請求項6に記載の温度センサー用素子。
[請求項8]
前記二枚の電極の間に、前記温度センサー用樹脂組成物の他に、
前記第1のアクリルモノマーと前記第2のアクリルモノマーの配合比が前記温度センサー用樹脂組成物と異なる第2の温度センサー用樹脂組成物を備えることを特徴とする請求項5に記載の温度センサー用素子。
[請求項9]
前記二枚の電極の間に、前記温度センサー用樹脂組成物の他に、
前記第1のアクリルモノマーと前記第2のアクリルモノマーの配合比が前記温度センサー用樹脂組成物と異なる第2の温度センサー用樹脂組成物を備えることを特徴とする請求項6に記載の温度センサー用素子。
[請求項10]
請求項5~9の温度センサー用素子と、前記温度センサー用素子のいずれか一方の電極と接続されたトランジスタとを備える温度センサー。
[請求項11]
第1のアクリルモノマーと第2のアクリルモノマーを共重合させてアクリルポリマーを作製する第1の工程と、
前記アクリルポリマーに導電性粒子を加えた材料を、溶融もしくは溶媒希釈して流動性を付与し、撹拌と脱泡を同時に行うことで、前記アクリルポリマー中に導電性粒子を均一に分散させたペースト状混合物を作製する第2の工程と、
前記ペースト状混合物を、二つの電極間に塗布または印刷する第3の工程と、を有することを特徴とする温度センサー用素子の製造方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • JAPAN SCIENCE AND TECHNOLOGY AGENCY
  • Inventor
  • SEKITANI TSUYOSHI
  • TERAKAWA YUKI
  • YOKOTA TOMOYUKI
  • SOMEYA TAKAO
  • REEDER JONATHAN T
IPC(International Patent Classification)
Reference ( R and D project ) ERATO SOMEYA Bio-Harmonized Electronics AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close