Top > Search of International Patents > METHOD FOR DETECTING OXIDATION/REDUCTION REACTION IN VIVO

METHOD FOR DETECTING OXIDATION/REDUCTION REACTION IN VIVO

Foreign code F160008634
File No. (S2013-1054-N0)
Posted date Jan 27, 2016
Country WIPO
International application number 2014JP064341
International publication number WO 2014192894
Date of international filing May 29, 2014
Date of international publication Dec 4, 2014
Priority data
  • 61/828,442P (May 29, 2013) US
Title METHOD FOR DETECTING OXIDATION/REDUCTION REACTION IN VIVO
Abstract [Problem] To provide a method for detecting an oxidation/reduction reaction of a molecule in a lipophilic portion and visualizing the reaction. [Solution] A method for detecting an oxidation/reduction reaction of a molecule which undergoes a free-radical reaction in a lipid environment, the method including: a step in which a magnetic resonance method is applied to a living body or sample to be examined and a proton image of the molecule which undergoes a free-radical reaction in a lipid environment is thereby obtained; and a step in which the proton image is examined for image intensity of the living body or sample.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
脂質環境下でラジカル反応を行う分子の酸化還元反応を検出する方法であって、
測定対象となる生体またはサンプルに磁気共鳴法を適用して、前記脂質環境下でラジカル反応を行う分子のプロトン画像を得る工程と、
前記プロトン画像における前記生体またはサンプルの画像強度を測定する工程と
を有する方法。
[請求項2]
請求項1記載の方法において、前記プロトン画像を得る工程は、2若しくはそれ以上のプロトン画像を経時的に得るものであり、
この方法は、さらに、前記プロトン画像における前記生体またはサンプルの画像強度の経時的変化を比較する工程を有するものである、方法。
[請求項3]
請求項1記載の方法において、前記磁気共鳴法はオーバーハウザーMRIであり、前記プロトン画像を得る工程は、前記脂質環境下でラジカル反応を行う分子の電子スピンが励起されたプロトン画像を得るものである、方法。
[請求項4]
請求項3記載の方法であって、さらに、
前記脂質環境下でラジカル反応を行う分子の電子スピンが励起されていないプロトン画像を得る工程と、
前記脂質環境下でラジカル反応を行う分子の電子スピンが励起されたプロトン画像と、前記脂質環境下でラジカル反応を行う分子の電子スピンが励起されていないプロトン画像とを比較し、当該2枚の画像における前記生体またはサンプルの画像強度の差分または割合を算出する工程と
を有する、方法。
[請求項5]
請求項1記載の方法において、前記脂質環境下でラジカル反応を行う分子はキノン骨格を有する分子である、方法。
[請求項6]
請求項5記載の方法において、前記キノン骨格を有する分子は、ユビキノン(CoQ10)、リボフラビン、ビタミンK1、ビタミンK2、ビタミンK3、1,4-ベンゾキノン(p-キノン)、2,6-ジクロロ-p-キノン、1,4-ナフトキノン、及びセラトロダストから成る群から選択されるものである、方法。
[請求項7]
請求項1記載の方法において、前記プロトン画像を得る工程は、2若しくはそれ以上の前記脂質環境下でラジカル反応を行う分子のプロトン画像を得るものである、方法。
[請求項8]
請求項1記載の方法であって、さらに、水性環境下でラジカル反応を行う分子のプロトン画像を得る工程を有する、方法。
[請求項9]
請求項1記載の方法において、前記生体またはサンプルは酸化還元物質が予め投与されているものである、方法。
[請求項10]
請求項9記載の方法において、前記生体またはサンプルは前記脂質環境下でラジカル反応を行う分子が予め投与されているものである、方法。
[請求項11]
請求項9記載の方法において、前記酸化還元物質はNaOH、NADH、KO2、及びこれらの組み合わせから成る群から選択されるものである、方法。
[請求項12]
請求項1記載の方法において、前記脂質環境下でラジカル反応を行う分子はエタノール、メタノール、DMSO、アセトン、ヘキサン、クロロホルム、アルカリ溶液、及びこれらの組み合わせから成る群から選択される溶媒に溶解しているものである、方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • KYUSHU UNIVERSITY
  • Inventor
  • UTSUMI HIDEO
  • HYODO FUMINORI
  • ITO SHINJI
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close