Top > Search of International Patents > LACTOBACILLUS PROLIFERATION PROMOTER, REGULATORY T CELL PROLIFERATION AGENT, LACTOBACILLUS PROLIFERATION PROMOTING METHOD, METHOD FOR PROLIFERATION OF REGULATORY T CELLS, METHOD FOR EVALUATING EFFECTIVENESS OF REGULATORY T CELL PROLIFERATION, AND METHOD FOR EVALUATING EFFECTIVENESS OF LACTOBACILLUS PROLIFERATION PROMOTION

LACTOBACILLUS PROLIFERATION PROMOTER, REGULATORY T CELL PROLIFERATION AGENT, LACTOBACILLUS PROLIFERATION PROMOTING METHOD, METHOD FOR PROLIFERATION OF REGULATORY T CELLS, METHOD FOR EVALUATING EFFECTIVENESS OF REGULATORY T CELL PROLIFERATION, AND METHOD FOR EVALUATING EFFECTIVENESS OF LACTOBACILLUS PROLIFERATION PROMOTION

Foreign code F160008635
File No. (S2013-0784-N0)
Posted date Jan 27, 2016
Country WIPO
International application number 2014JP056220
International publication number WO 2014136982
Date of international filing Mar 10, 2014
Date of international publication Sep 12, 2014
Priority data
  • 61/775,309P (Mar 8, 2013) US
Title LACTOBACILLUS PROLIFERATION PROMOTER, REGULATORY T CELL PROLIFERATION AGENT, LACTOBACILLUS PROLIFERATION PROMOTING METHOD, METHOD FOR PROLIFERATION OF REGULATORY T CELLS, METHOD FOR EVALUATING EFFECTIVENESS OF REGULATORY T CELL PROLIFERATION, AND METHOD FOR EVALUATING EFFECTIVENESS OF LACTOBACILLUS PROLIFERATION PROMOTION
Abstract Provided is a proliferation promoter for Lactobacillus murinus , Lactobacillus salivarius , or lactobacilli having 90% or greater 16S rDNA homology with Lactobacillus murinus or Lactobacillus salivarius , the proliferation promoter containing β-glucans with molecular weights from 0.2K to 50K. Also provided are a regulatory T cell proliferation agent, a lactobacillus proliferation promoting method, a method for the proliferation of regulatory T cells, a method for evaluating the effectiveness of regulatory T cell proliferation, and a method for evaluating the effectiveness of lactobacillus proliferation promotion.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
分子量0.2K~50Kのβグルカンを含有する、ラクトバチルス・ムリヌス(Lactobacillus murinus)、ラクトバチルス・サリバリウス(Lactobacillus salivarius)、またはラクトバチルス属に属しラクトバチルス・ムリヌス(Lactobacillus murinus)もしくはラクトバチルス・サリバリウス(Lactobacillus salivarius)との間での16S rDNAのホモロジーが90%以上である細菌の増殖促進剤。
[請求項2]
前記βグルカンが、分子量1K~10Kのβグルカンである、請求項1に記載のラクトバチルス・ムリヌス、ラクトバチルス・サリバリウス、またはラクトバチルス属に属しラクトバチルス・ムリヌスもしくはラクトバチルス・サリバリウスとの間での16S rDNAのホモロジーが90%以上である細菌の増殖促進剤。
[請求項3]
前記βグルカンが、β(1→3)グルカンである、請求項1または請求項2に記載のラクトバチルス・ムリヌス、ラクトバチルス・サリバリウス、またはラクトバチルス属に属しラクトバチルス・ムリヌスもしくはラクトバチルス・サリバリウスとの間での16S rDNAのホモロジーが90%以上である細菌の増殖促進剤。
[請求項4]
請求項1~請求項3のいずれか1項に記載のラクトバチルス・ムリヌス、ラクトバチルス・サリバリウス、またはラクトバチルス属に属しラクトバチルス・ムリヌスもしくはラクトバチルス・サリバリウスとの間での16S rDNAのホモロジーが90%以上である細菌の増殖促進剤を含有する、制御性T細胞増加剤。
[請求項5]
分子量0.2K~50Kのβグルカンを含有するラクトバチルス・ムリヌス、ラクトバチルス・サリバリウス、またはラクトバチルス属に属しラクトバチルス・ムリヌスもしくはラクトバチルス・サリバリウスとの間での16S rDNAのホモロジーが90%以上である細菌の増殖促進剤を対象に投与すること、を含むラクトバチルス・ムリヌス、ラクトバチルス・サリバリウス、またはラクトバチルス属に属しラクトバチルス・ムリヌスもしくはラクトバチルス・サリバリウスとの間での16S rDNAのホモロジーが90%以上である細菌の増殖促進方法。
[請求項6]
前記βグルカンが、分子量1K~10Kのβグルカンである、請求項5に記載のラクトバチルス・ムリヌス、ラクトバチルス・サリバリウス、またはラクトバチルス属に属しラクトバチルス・ムリヌスもしくはラクトバチルス・サリバリウスとの間での16S rDNAのホモロジーが90%以上である細菌の増殖促進方法。
[請求項7]
前記βグルカンが、β(1→3)グルカンである請求項5または請求項6に記載のラクトバチルス・ムリヌス、ラクトバチルス・サリバリウス、またはラクトバチルス属に属しラクトバチルス・ムリヌスもしくはラクトバチルス・サリバリウスとの間での16S rDNAのホモロジーが90%以上である細菌の増殖促進方法。
[請求項8]
請求項1~請求項3のいずれか1項に記載のラクトバチルス・ムリヌス、ラクトバチルス・サリバリウス、またはラクトバチルス属に属しラクトバチルス・ムリヌスもしくはラクトバチルス・サリバリウスとの間での16S rDNAのホモロジーが90%以上である細菌の増殖促進剤を対象に投与すること、を含む制御性T細胞の増加方法。
[請求項9]
請求項1~請求項3のいずれか1項に記載のラクトバチルス・ムリヌス、ラクトバチルス・サリバリウス、またはラクトバチルス属に属しラクトバチルス・ムリヌスもしくはラクトバチルス・サリバリウスとの間での16S rDNAのホモロジーが90%以上である細菌の増殖促進剤を投与された対象から採取した試料の微生物叢を解析すること、および、全細菌に対するラクトバチルス・ムリヌス、ラクトバチルス・サリバリウス、またはラクトバチルス属に属しラクトバチルス・ムリヌスもしくはラクトバチルス・サリバリウスとの間での16S rDNAのホモロジーが90%以上である細菌の割合を算出すること、を含むラクトバチルス・ムリヌス、ラクトバチルス・サリバリウス、またはラクトバチルス属に属しラクトバチルス・ムリヌスもしくはラクトバチルス・サリバリウスとの間での16S rDNAのホモロジーが90%以上である細菌の増殖促進効果の評価方法。
[請求項10]
請求項9に記載の乳酸菌増殖促進効果の評価方法であって、(1)請求項1~請求項3のいずれか1項に記載のラクトバチルス・ムリヌス、ラクトバチルス・サリバリウス、またはラクトバチルス属に属しラクトバチルス・ムリヌスもしくはラクトバチルス・サリバリウスとの間での16S rDNAのホモロジーが90%以上である細菌の増殖促進剤を投与される前の対象から採取した試料の微生物叢を解析し、全細菌に対するラクトバチルス・ムリヌス、ラクトバチルス・サリバリウス、またはラクトバチルス属に属しラクトバチルス・ムリヌスもしくはラクトバチルス・サリバリウスとの間での16S rDNAのホモロジーが90%以上である細菌の割合を算出すること、および、(2)請求項1~請求項3のいずれか1項に記載のラクトバチルス・ムリヌス、ラクトバチルス・サリバリウス、またはラクトバチルス属に属しラクトバチルス・ムリヌスもしくはラクトバチルス・サリバリウスとの間での16S rDNAのホモロジーが90%以上である細菌の増殖促進剤を投与された後の対象から採取した試料の微生物叢を解析し、全細菌に対するラクトバチルス・ムリヌス、ラクトバチルス・サリバリウス、またはラクトバチルス属に属しラクトバチルス・ムリヌスもしくはラクトバチルス・サリバリウスとの間での16S rDNAのホモロジーが90%以上である細菌の割合を算出すること、とを含むラクトバチルス・ムリヌス、ラクトバチルス・サリバリウス、またはラクトバチルス属に属しラクトバチルス・ムリヌスもしくはラクトバチルス・サリバリウスとの間での16S rDNAのホモロジーが90%以上である細菌の増殖促進効果の評価方法。
[請求項11]
請求項1~請求項3のいずれか1項に記載のラクトバチルス・ムリヌス、ラクトバチルス・サリバリウス、またはラクトバチルス属に属しラクトバチルス・ムリヌスもしくはラクトバチルス・サリバリウスとの間での16S rDNAのホモロジーが90%以上である細菌の増殖促進剤を投与された対象から採取した試料中における制御性T細胞数を測定すること、を含むラクトバチルス・ムリヌス、ラクトバチルス・サリバリウス、またはラクトバチルス属に属しラクトバチルス・ムリヌスもしくはラクトバチルス・サリバリウスとの間での16S rDNAのホモロジーが90%以上である細菌の増殖促進効果の評価方法。
[請求項12]
請求項11に記載のラクトバチルス・ムリヌス、ラクトバチルス・サリバリウス、またはラクトバチルス属に属しラクトバチルス・ムリヌスもしくはラクトバチルス・サリバリウスとの間での16S rDNAのホモロジーが90%以上である細菌の増殖促進効果の評価方法であって、(1)請求項1~請求項3のいずれか1項に記載のラクトバチルス・ムリヌス、ラクトバチルス・サリバリウス、またはラクトバチルス属に属しラクトバチルス・ムリヌスもしくはラクトバチルス・サリバリウスとの間での16S rDNAのホモロジーが90%以上である細菌の増殖促進剤を投与される前の対象から採取した試料中における制御性T細胞数を測定すること、および、(2)請求項1~請求項3のいずれか1項に記載のラクトバチルス・ムリヌス、ラクトバチルス・サリバリウス、またはラクトバチルス属に属しラクトバチルス・ムリヌスもしくはラクトバチルス・サリバリウスとの間での16S rDNAのホモロジーが90%以上である細菌の増殖促進剤を投与された後の対象から採取した試料中における制御性T細胞数を測定すること、とを含むラクトバチルス・ムリヌス、ラクトバチルス・サリバリウス、またはラクトバチルス属に属しラクトバチルス・ムリヌスもしくはラクトバチルス・サリバリウスとの間での16S rDNAのホモロジーが90%以上である細菌の増殖促進効果の評価方法。
[請求項13]
請求項4に記載の制御性T細胞増加剤を投与された対象から採取した試料の微生物叢を解析すること、および、全細菌に対するラクトバチルス・ムリヌス、ラクトバチルス・サリバリウス、またはラクトバチルス属に属しラクトバチルス・ムリヌスもしくはラクトバチルス・サリバリウスとの間での16S rDNAのホモロジーが90%以上である細菌の割合を算出すること、を含む制御性T細胞増加効果の評価方法。
[請求項14]
請求項13に記載の制御性T細胞増加効果の評価方法であって、(1)請求項4に記載の制御性T細胞増加剤を投与される前の対象から採取した試料の微生物叢を解析し、全細菌に対するラクトバチルス・ムリヌス、ラクトバチルス・サリバリウス、またはラクトバチルス属に属しラクトバチルス・ムリヌスもしくはラクトバチルス・サリバリウスとの間の16S rDNAのホモロジーが90%以上である細菌の割合を算出すること、および、(2)請求項4に記載の制御性T細胞増加剤を投与された後の対象から採取した試料の微生物叢を解析し、全細菌に対するラクトバチルス・ムリヌス、ラクトバチルス・サリバリウス、またはラクトバチルス属に属しラクトバチルス・ムリヌスもしくはラクトバチルス・サリバリウスとの間の16S rDNAのホモロジーが90%以上である細菌の割合を算出すること、とを含む制御性T細胞増加効果の評価方法。
[請求項15]
ラクトバチルス・ムリヌス、ラクトバチルス・サリバリウス、またはラクトバチルス属に属しラクトバチルス・ムリヌスもしくはラクトバチルス・サリバリウスとの間の16S rDNAのホモロジーが90%以上である細菌を含む、制御性T細胞増加剤。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • TOKYO UNIVERSITY OF SCIENCE FOUNDATION
  • Inventor
  • IWAKURA YOICHIRO
  • TANG CE
  • OHNO NAOHITO
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close