Top > Search of International Patents > ACTIVATOR FOR MESENCHYMAL STEM CELLS, ACTIVATED MESENCHYMAL STEM CELLS, AND METHOD FOR PRODUCING SAME

ACTIVATOR FOR MESENCHYMAL STEM CELLS, ACTIVATED MESENCHYMAL STEM CELLS, AND METHOD FOR PRODUCING SAME meetings

Foreign code F160008643
File No. (S2014-0609-N0)
Posted date Jan 28, 2016
Country WIPO
International application number 2015JP057217
International publication number WO 2015137419
Date of international filing Mar 11, 2015
Date of international publication Sep 17, 2015
Priority data
  • P2014-048202 (Mar 11, 2014) JP
Title ACTIVATOR FOR MESENCHYMAL STEM CELLS, ACTIVATED MESENCHYMAL STEM CELLS, AND METHOD FOR PRODUCING SAME meetings
Abstract [Problem] The purpose of the present invention is to activate abnormal mesenchymal stem cells that have experienced a loss or reduction in therapeutic efficacy, or that have a disease-exacerbating effect, and restore the cells to a condition suitable for cell transplant therapy. [Solution] The present invention pertains to an activator for mesenchymal stem cells, mesenchymal stem cells activated by this activator and a method for producing the same, and a drug containing activated mesenchymal stem cells.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
哺乳動物の胎児付属物からの抽出物を有効成分として含有する、異常な間葉系幹細胞の賦活化剤。
[請求項2]
胎児付属物が臍帯組織、胎盤組織または卵膜である、請求項1に記載の賦活化剤。
[請求項3]
前記抽出物が、前記哺乳動物由来の増殖能を有する細胞を含まない、請求項1または2に記載の賦活化剤。
[請求項4]
前記異常な間葉系幹細胞が骨髄由来の間葉系幹細胞である、請求項1から請求項3のいずれか一項に記載の賦活化剤。
[請求項5]
前記異常な間葉系幹細胞が、疾患を有する対象から分離されたものである、請求項1から請求項4のいずれか一項に記載の賦活化剤。
[請求項6]
前記疾患が、糖尿病、自己免疫疾患、慢性炎症性疾患、アレルギー性疾患または骨粗鬆症である、請求項5に記載の賦活化剤。
[請求項7]
前記疾患が糖尿病または関節リウマチである、請求項5に記載の賦活化剤。
[請求項8]
対象から分離された異常な間葉系幹細胞を、哺乳動物の胎児付属物からの抽出物を有効成分として含有する賦活化剤で処理する工程を含む、賦活化された間葉系幹細胞の製造方法。
[請求項9]
前記異常な間葉系幹細胞が骨髄由来の間葉系幹細胞である、請求項8に記載の間葉系幹細胞の製造方法。
[請求項10]
前記対象が疾患を有する対象である、請求項8または請求項9に記載の間葉系幹細胞の製造方法。
[請求項11]
前記疾患が、糖尿病、自己免疫疾患、慢性炎症性疾患、アレルギー性疾患または骨粗鬆症である、請求項10に記載の間葉系幹細胞の製造方法。
[請求項12]
前記疾患が糖尿病または関節リウマチである、請求項10に記載の間葉系幹細胞の製造方法。
[請求項13]
請求項8から請求項12のいずれか一項に記載の方法により製造された、疾患治療および/または予防用の間葉系幹細胞。
[請求項14]
前記疾患が糖尿病もしくはその合併症、自己免疫疾患、慢性炎症性疾患、アレルギー性疾患または骨粗鬆症である、請求項13に記載の間葉系幹細胞。
[請求項15]
前記疾患が糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症、糖尿病性神経障害または関節リウマチである、請求項13に記載の間葉系幹細胞。
[請求項16]
請求項13から請求項15のいずれか一項に記載の間葉系幹細胞および/またはその培養物を含む、疾患治療および/または予防用の医薬。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • SAPPORO MEDICAL UNIVERSITY
  • Inventor
  • FUJIMIYA MINEKO
  • NAGAISHI KANNA
  • MIZUE YUKA
  • CHIKENJI TAKAKO
IPC(International Patent Classification)

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close