Top > Search of International Patents > GENETIC POLYMORPHISM USEFUL FOR PREDICTING TREATMENT EFFECTS OF CANCER IMMUNOTHERAPIES

GENETIC POLYMORPHISM USEFUL FOR PREDICTING TREATMENT EFFECTS OF CANCER IMMUNOTHERAPIES

Foreign code F160008651
File No. (S2014-0857-N0)
Posted date Jan 28, 2016
Country WIPO
International application number 2015JP062595
International publication number WO 2015163462
Date of international filing Apr 24, 2015
Date of international publication Oct 29, 2015
Priority data
  • P2014-091677 (Apr 25, 2014) JP
Title GENETIC POLYMORPHISM USEFUL FOR PREDICTING TREATMENT EFFECTS OF CANCER IMMUNOTHERAPIES
Abstract Provided is a composition, or a kit, for predicting the treatment effect of cancer immunotherapies, including a polynucleotide capable of detecting genetic polymorphism of an IL-6 receptor gene (IL-6R gene). Also provided is a method for predicting the treatment effects of cancer immunotherapies, that includes the detection of genetic polymorphism of the IL-6R gene.
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
1 Fourth leading cause of death of the malignant tumor can be at Japanese occupies about 33 million people die each year. In addition, each year about 600 million people in the world died in cancer. Current, cancer treatment methods include surgical resection, the anti-cancer agent, radiation therapy and the like are performed, none of these treatments is often decreases QOL. In addition, resistant to none of these treatments, other recurrence when the papermaking machine because there is no effective treatment, a cancer vaccine therapy as a therapy for cancer immunotherapy first are deficiencies of 4. However, cancer immunotherapy, there is no way to predict the effect of such treatment in advance, a patient can be expected to have a therapeutic effect selected in the situation there is no way. Heretofore, IL-6 receptor gene (hereinafter, also referred to as IL-6R gene) for the genetic polymorphism of genetic polymorphisms IL-6, (1) esophageal cancer patient (after surgery) correlates with the prognosis of, a genetic polymorphism of the receptor IL-6 IL-6R>C 48892A do not correlate with prognosis in patients with brain tumors ; (2) IL-6 correlates with prognosis of genetic polymorphisms of, IL-6 IL-6R>C 48892A receptor gene polymorphism may not correlate to the prognosis, and have been reported (non-patent document 1 and 2).
Scope of claims (In Japanese)請求の範囲 [請求項1]
ヒトIL-6R遺伝子の48892番目の遺伝子多型(Reference SNP ID:rs8192284)を検出することができるポリヌクレオチドを含む、がん免疫療法の治療効果の予測用組成物またはキット。

[請求項2]
 ポリヌクレオチドが、ヒトIL-6R遺伝子の48892番目の遺伝子多型(Reference SNP ID:rs8192284)を含む、10~200塩基のヒトIL-6R遺伝子配列の部分配列またはその相補鎖配列からなるポリヌクレオチドである、請求項1に記載の組成物またはキット。

[請求項3]
 ポリヌクレオチドが、ヒトIL-6R遺伝子の48892番目の遺伝子多型(Reference SNP ID:rs8192284)を含む10~200塩基の塩基配列またはその相補鎖配列からなるヒトIL-6R遺伝子断片と特異的にハイブリダイズするプローブ、および/または該遺伝子断片を増幅できるプライマーである、請求項1または請求項2に記載の組成物またはキット。

[請求項4]
 ヒトIL-6R遺伝子の48892番目の遺伝子型C/C、A/Cおよび/またはA/Aを検出する、請求項1-3のいずれかに記載の組成物またはキット。

[請求項5]
 ヒト血液中のIL-6、IP-10(interferon gamma-induced protein 10)および/またはBAFF(B-cell activating factor)の蛋白質量を測定するための抗体を含む、がん免疫療法の治療効果の予測用組成物またはキット。

[請求項6]
 ヒト血液中のIL-6、IP-10(interferon gamma-induced protein 10)および/またはBAFF(B-cell activating factor)の蛋白質量を測定するための抗体をさらに含む、請求項1-4のいずれかに記載のキット。

[請求項7]
 請求項1-6のいずれかに記載の組成物またはキットを含み、さらに、がん免疫療法用組成物を含む、がん治療用キット。

[請求項8]
 がん免疫療法が、ペプチドワクチン免疫療法である、請求項1-7のいずれかに記載の組成物またはキット。

[請求項9]
 ペプチドワクチン免疫療法で投与したペプチドに対する抗体価を測定するための試薬をさらに含む、請求項8に記載の組成物またはキット。

[請求項10]
 がんが大腸がんである、請求項1-9のいずれかに記載の組成物またはキット。

[請求項11]
 被験者由来の試料から、ヒトIL-6R遺伝子の48892番目の遺伝子多型(Reference SNP ID:rs8192284)を検出する工程を含む、がん免疫療法の治療効果の予測方法。

[請求項12]
 ヒトIL-6R遺伝子の48892番目の遺伝子型C/C、A/Cおよび/またはA/Aを検出する、請求項11に記載の方法。

[請求項13]
 被験者由来の試料が、がん免疫療法治療前の被験者由来の試料である、請求項11または請求項12に記載の方法。

[請求項14]
 検出されたヒトIL-6R遺伝子の48892番目の遺伝子型がC/Cまたは
A/Cであるとき、被験者が、がん免疫療法が有効な被験者であると予測する、請求項11-13のいずれかに記載の方法。

[請求項15]
 検出されたヒトIL-6R遺伝子の48892番目の遺伝子型がA/Aであるとき、被験者が、がん免疫療法が有効でない被験者であると予測する、請求項11-13のいずれかに記載の方法。

[請求項16]
 がん免疫療法治療前の被験者の血中のIL-6、IP-10および/またはBAFFの蛋白質量を測定する工程を含む、がん免疫療法の治療効果の予測方法。

[請求項17]
 がん免疫療法治療前の被験者の血中のIL-6、IP-10および/またはBAFFの蛋白質量を測定することをさらに含む、請求項11-15のいずれかに記載の方法。

[請求項18]
 がん免疫療法治療前の被験者の血中において、
(i)IL-6蛋白質量が高い;
(ii)IP-10蛋白質量が高い;および/または
(iii)BAFF蛋白質量が低いとき、被験者が、がん免疫療法が有効でない被験者であると予測する、請求項16または請求項17に記載の方法。

[請求項19]
 がん免疫療法治療前の被験者の血中において、
(i)IL-6蛋白質量が低い;
(ii)IP-10蛋白質量が低い;および/または
(iii)BAFF蛋白質量が高いとき、被験者が、がん免疫療法が有効である被験者であると予測する、請求項16または請求項17に記載の方法。

[請求項20]
 がん免疫療法が、ペプチドワクチン免疫療法である、請求項11-19のいずれかに記載の方法。

[請求項21]
 がんが、大腸がんである、請求項11-20のいずれかに記載の方法。

[請求項22]
 がんペプチドワクチン投与前および投与後の被験者由来の血中の該ペプチド特異的IgGの量を測定することをさらに含む、請求項11-21のいずれかに記載の方法。

[請求項23]
 がんペプチドワクチン投与後の被験者由来の血中の該ペプチド特異的IgGの量が、投与前に比較し増加したとき、被験者が、がん免疫療法が有効な被験者であると予測する、請求項22に記載の方法。

[請求項24]
 がん免疫療法治療前の被験者の血中においてIL-6蛋白質量が高い患者に投与される、IL-6阻害剤を含む、がん免疫療法増強剤。

[請求項25]
 IL-6阻害剤が、ヒト化抗IL-6Rモノクローナル抗体である、請求項24に記載のがん免疫療法増強剤。

[請求項26]
 がん免疫療法が、ペプチドワクチン免疫療法である、請求項24または請求項25に記載の免疫療法増強剤。

[請求項27]
 請求項1-10のいずれかに記載の組成物またはキット、および請求項24-26のいずれかに記載の免疫療法増強剤を含む、がん治療用キット。

[請求項28]
 がんが大腸がんである、請求項24-26のいずれかに記載の免疫療法増強剤または請求項27に記載のキット。

  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • KURUME UNIVERSITY
  • NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION AKITA UNIVERSITY
  • LSIP, LLC
  • Inventor
  • SASADA, Tetsuro
  • ITOH, Kyogo
  • MOTOYAMA, Satoru
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN ST TD TG
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close